2008年11月19日 (水)

宝石のレメディー

有楽町の阪急百貨店「MY LOHAS SHOP」で、一番人気だった宝石のレメディーセット●●(※日本ホメオパシー医学協会より、ホメオパスが特定のレメディー販売会社の商品名を掲載することは避けるようにとの指導がありましたので、商品名は削除いたしました。気になる方はお近くのホメオパスにご相談ください)。商品についてや使い方の問い合わせが多いので、ご紹介したいと思います。だた、チャクラなどの解説も必要だろうな~と考えると、得意分野ではないため、腰が重いというのが本音です(笑)。

チャクラとは、ヒンドゥー教のヨーガ(ここで言うヨーガは私たちが考える呼吸法やスポーツ・ストレッチの類ではなく、古代インド発祥の修行法であり、呼吸法のみならず坐法や三昧[瞑想]などによる精神統一や智慧を得る、また絶対者[神]への結合を実現するための実践法)では、人体の頭部・胸部・腹部で輪または回転する車輪のように光っているように感じる箇所のことです。人体内には大きな6または7つ(説によってはそれ以上)、のチャクラがあり、それらを目覚めさせ、体内の脊推にそって上昇させると悟りが開けると言われているようです。実際は己の覚醒に過ぎず、修行の入り口に立っただけとも言われており、ヨーガの実践だけでなく世俗にもまれる中、人格や霊格を向上させねばならないらしいです。日本では喩伽(ユガ)と呼ばれ、唐帰りの空海が伝えたとも言われています。

このヨーガの伝播と共にチャクラの概念も西洋に伝わり、7箇所の内臓の各部に充てられるようになりました。そしてチャクラは脊柱に関連する生命体にあるエネルギー・センターで、肉体の7つの内分泌腺などの肉体の調節と活性化を司り、意識の中枢と各身体の中継点としての役割を果たしていると考えれるようになりました。現在のヒーリングなどの分野では、チャクラを直に見ることは出来ないため、各チャクラに対応する体表上のツボのことを便宜上チャクラとしており、そこを気の出入り口としている場合もあります。一般的には、チャクラや各チャクラのルートが浄化されることが心身の健康と覚醒には重要であると考えられているようです。

簡単にサクっと解説いたしましたが、ご理解いただけたでしょうか? 詳しくお知りになりたいかたは各自お調べ頂くか、下記に紹介するとらこ先生のセミナーにご参加ください。で、このチャクラの概念から肉体部分に対応するレメディーが作られたわけです。どちらかというとレメディーとしては、肉体というより精神に強く作用すると認識しています。

とり方に絶対的なルールはありませんが、意識の拡大を図るためには、下位のチャクラ(肉体の下位にあたるベースチャクラ・第一チャクラ)から順に覚醒させると言われているので、①オブシディアン(黒曜石)から始め→②→③→④→⑤の順に数日とるのがスタンダードと呼べるかもしれません。もちろん気分や状態に変化があれば、キットからレメディーをとってもOKです。

また下記の簡易マテリア・メディカを読んで、自分に必要と感じるものから試されるのもよいでしょうし、何か問題が起こった際にとるのもよいでしょう。たとえば、④ターコイズ(トルコ石)は喉のチャクラのレメディーであり、「言いたいことが思うように言えずにストレスを感じる時」や「今日こそ本音で膝を突き合わせて語り合おうと決心した時」、などに随時とることもできます。セット名通り、あなたの心の扉を開く助けになると思います。もし感情の起伏が激しくなったり、キットでの対応が難しいと思った場合は、お近くのホメオパスにご相談ください。

【●●宝石のレメディー】

Obsidianオブシディアン     ・・・ベースチャクラと太陽神経叢のチャクラ。地に足をつけ、あなたの人生の目的に気づく。

Emeraldエメラルド      ・・・ハートチャクラ。あなたの心を開き、硬さを和らげる。コミュニケーションを促進する。

Rosequoiseローズクオーツ・・・ハートチャクラ。閉じてしまっている心。感情的な苦痛や苦悩の開放。

Turqoiseターコイズ     ・・・喉のチャクラ。大いなる安定。内なる恐怖を開放し、真実を表現する。

Rainbow虹          ・・・全てのチャクラ。光の架け橋。平和と調和。長年の行き詰まりからの脱却。人生のきらめきを導く。

|

2008年3月19日 (水)

ペットのためのホメオパシック商品・口臭

自分自身の症状の質問以外で、子供・夫に次いで多いのがペットの症状についてです。基本的に人間と同じでよいのすが、深刻な場合はアニマル・ホメオパスをお薦めしています。急性の症状なら、家庭用キットやペットのためのチンクチャーが役に立ちます。またとらのこ会会報「オアシス」に連載されている「ペットと私」もペット独特の症状や問題行動などのホメオパシー的対処法の記事になっており、飼い主さんの強い味方になっていることでしょう。人間ではポピュラーとは言えない食糞にはVarat.バレイチュラム、部屋中をウンチまみれにしてしまう時にはPodo.ポドファイラムなど、知っていたら便利ですよね~。

そういえば先日聞いた話ですが、犬の歯肉炎と口臭にチンクチャPlantagoプランターゴに、チンクチャーカレンデュラJを飲み水に混ぜて与えたところ、嫌がることもなく、数日で効果があったとのことでした。飲むのを嫌がるなら、浸して絞ったタオルで口の中を拭う方法でもよいと思います。もちろん介護の現場でも使えますね。うがいが出来るなら、防腐剤不使用でフェンネルの香りが清々しいスパジリック・マウスウォッシュもいいですよ。

|

2007年12月26日 (水)

液体カレンデュラ

R0010773 カレンデュラというと、どうしても消毒・傷の癒しと考えがちで、用途が限られていると思っている方でも、「そんな風にも使えたのか!」と感じるのではないかと思い、下記にまとめました。

★液体カレンデュラの使用手引き★

ご使用の目安は、100ccのお水に10滴たらして薄めてお使い下さい。

・お父さんの晩酌のお酒に(多少苦味がありますので量はお好みで)

・足湯・フットマッサージに

・キャップ3杯をお風呂に入れて贅沢な入浴剤に

・キッチン・トイレのお掃除に

・ペットもキレイに

・オムツ替え後のおしりふきに

ご使用の方の中にはアトピーで風呂のお湯が沁みるので、カレンデュラを入れたところ沁みる感覚が軽減したとのお話を聞いたりします。ただしこれは個人差もありますし、この方にあっていたということだと思います。他にも、怪我による傷がある時、痔が痛む時、皮膚が過敏でお湯が刺さるように感じる場合もよいと思います。もちろん傷や火傷の際も大活躍してくれます。

※日本ホメオパシー医学協会より、ホメオパスが特定のレメディー販売会社の商品名を掲載することは避けるようにとの指導がありましたので、商品名は削除いたしました。

|

2007年5月29日 (火)

鉛~ローマ帝国を滅亡させた金属

先週、JPHMAのホメオパス認定二次試験(口頭試験)が無事に終わりました。次に目指すはHMA(英国ホメオパシー医学協会)の認定試験です。次回はあがらずに、全力を尽くせるようがんばりたいと思います。

さて最近、海外で生産された土鍋や歯磨き粉から鉛が検出されたというニュースに、大変驚いたのは私だけではないと思います。鉛は、紀元前から陶器の釉薬として使用された他、軟らかい金属で加工しやすかったため、ローマ帝国では上下水道のパイプや壺・食器・化粧品などに広く使用されていました。このため貴族社会では、流産や死産が多く、遺骨からも高濃度の鉛が検出されていることから、鉛中毒がローマ帝国滅亡の原因という説もあります。

鉛による急性中毒としては、嘔吐・下痢・血圧下降があり、慢性中毒では疲労・痙攣・便秘などの症状があります。また乳幼児の血中鉛濃度が増すと、知能低下の恐れがあります。このような毒性の高い金属ですが、その有用性から以前はガソリンのノッキング防止の添加剤(日本では1976年に、排気ガスによる環境と人体への影響からレギュラーガソリンへの添加禁止となり、1987年にはプレミアムガソリンも無鉛化、1991年からはエーテル類の含酸素化合物が多く使用されている)として使用されていました。現在でも放射線遮断材・バッテリー・ハンダ・塗料・合金製品などにも使われていますが、その有害性から多くの用途での使用は減少しています。海外でも鉛を含む塗料を子供が舐めたことによる中毒が報告されており、危険性は十分知られているはずなのに・・・。

もちろん鉛が混入していることを知っていて購入した人はいないと思います。しかし私たちは知らず知らずに、有害な物質を摂取している可能性があるのです。以前にも市販されている歯磨き粉に使用されている添加物に発ガン性やアレルギーを起こすものが含まれること(昨年4/13の記事を参照ください)、トランス脂肪酸の問題(1/5付)、予防接種に含まれる重金属のアルミニウムや水銀の問題(3/13付)を取り上げてきました。そういった危険な物質を日常から排除するには、どんな物質が健康を害し、どんな食品や製品に含まれているのかを知る必要があります。今後も、折に触れ記事にしたいと考えています。

しかし過去にどれ程摂取しているかを知ることは難しいです。そこで、鉛・アルミニウム・水銀・ニッケル・カドミウムなどの有害物質をデトックスできるデトックスセット(DXセット)はいかがでしょう。オリジナル・レメディー・セットの紹介(2/27付)の時にも触れた商品ですが、朝昼にサポート・レメディーを毎日1粒、夜は1番から7番までのレメディーを日替わりで1粒づつ7日摂ります。朝昼のみ1瓶が終わるまで継続して摂ります。試した知人は途中で頭痛がして、夜の7日間を飲み切ることが出来なかったそうです。それでもサポートのみ継続し、頭痛が治まってから夜の分を飲み始めたところ、慢性の偏頭痛の回数が減ったそうです。もちろんこのセットは、頭痛のためのものではありませんし、知人も頭痛の改善のために購入したわけではありません。知らず知らずに蓄積した物質が悪さをしている場合もあるということです。

|

2006年11月21日 (火)

踵のひび割れに裏ワザ発見♪

寒さが厳しくなってきましたが、この季節に困るのが踵のひび割れです。この数年悩まされていたのですが、最近は夏でもカサカサになり、まるで乾燥しきったお正月過ぎのおもちのような状態になっていました。冬はストッキングが伝線しやすく、入浴の際はこのひび割れが沁みて痛むので悩んでいたところ急に思いついたのです。唇のひび割れに効くのだから、スパジリック・ビー・リップもよいのではないかと。使ってみると私のひび割れには合うようで、見る見る深い亀裂が改善し、今はお湯がまったく沁みなくなりました(亀裂のようなひび割れがなくなったわけではありません)。踵のひび割れや痛みでお困りの方は応急として是非お試しあれ~♪ (※個人差があり、G・Tuがよいという方ももちろんいらっしゃいます)

(追記)この裏ワザは旅行先にGクリームを持参し忘れた際に思いついたものですが、ひび割れ対策のスタンダードもご紹介しておきますね。

お風呂上がりになるべく時間をあけず、Gクリームをたっぷり塗ります。すりこみ油があればGの上からこれまたたっぷり塗ります。踵をラップで覆い、靴下を二重に履いて就寝まで過ごします。週に1回は角質ケアなども行うとひび割れが気にならなくなると思いますよ。

Gクリームは痔のGだと考えている方が多いようですが、踵や唇にも使用できます。学生さんからご質問を受けたので、一般の方はもっとご存じないかもと思い追記しました。

|

2006年5月13日 (土)

ティッシュソルト(生命組織塩)

以前、ティッシュソルトのセットを例に「レメディーはいつ摂るのか?」(カテゴリー:Q&A、2006年3月29日)で触れたティッシュソルトについてお話したいと思います。

バイタルティッシュソルト(生命組織塩)とは、ドイツ人医師ホメオパス、ウィルヘルム・シュスラー(1821~1898年)によって考え出されたレメディーです。彼は、10種類の元素(カルシウム・カリウム・鉄・マグネシウム・ナトリウム・フッ素・ケイ素・リン・硫黄・塩素)から構成される12種類の無機化合物等(Calc-flourフッ化カルシウム・Calc-phosリン酸カルシウム・Calc-sulph硫酸カルシウム・Ferrum-phosリン化鉄・Kali-mur塩化カリウム・Kali-phosリン酸カリウム・Kali-sulph硫酸カリウム・Silicaケイ素)が人体を司り、この過不足により疾患が生じ、それを補うことで病を治すことが出来ると考えました。ここで使われるポーテンシー*は、12X以下の低ポーテンシーであり、市販のサプリメントのように物質的にカルシウムやカリウムを補うわけではありません。ごく簡単に言ってしまうと、バイタルティッシュソルトは必要なミネラルの過不足を身体に気づかせ、身体本来の機能である吸収を高めたり、過剰分を排泄したりすることで、崩れたミネラルバランスを整える働きをすると言えます。

最近はこれらがコンビネーションされたレメディーが多数販売されており、レメディー選びに自信がない、忙しくて選ぶ余裕がない、または健康維持のためにサプリメント的に使用したいという方にも手軽にお選びいただけると思います。

|

2006年4月29日 (土)

ホメオパシック クリーム

R0010161 前回、「怪我にはCクリームを併用すると良い」と記述しましたが、ホメオパシック クリーム類の説明がまだでしたね。前後してしまい、申し訳ありません!

左の写真(上)ミント不使用の歯磨き粉・スパジリック トゥースペイスト(大)150g・¥1500、(下左)スパジリック ビーC(大)45g・¥3150、(下右)スパジリック ビー リップ 10g・¥980です。

ホメオパシーのレメディーは服用のみならず、その理論を応用開発した外用クリームも数種類あります。前回お話したCクリームとは、写真下左のスパジリック ビーCのことですが、現在ほとんどの人がこの正式名称を使わず、Cクリームと呼んでいます。それが当たり前になっており、日本ホメオパシーセンターのホメオパスも、ファーマシーでもCクリームで通じます。このCは、消毒のレメディーであるCalendulaカランデュラが配合されていることを意味しています。もちろん、歯磨き粉同様、合成化学物質や防腐剤は一切不使用。厳選された天然成分のみで製造されていますので、赤ちゃんや敏感肌の方にも安心して使用いただけます。成分は、天然ツバキ油、みつろう(正式名称のビーはこの蜜蝋:ビーワックスのこと)、植物由来の天然ビタミンE、天然香料です。

Cクリーム(傷の消毒・あかぎれ用)以外にも、Tuクリーム(皮膚の乾燥・痒み用)・Rクリーム(蕁麻疹・筋肉のコリ用)・Gクリーム(痔用)・リップクリームなどがあります。薬局の塗り薬と違う点は、用途の広さ(蕁麻疹と筋肉のコリが1つのクリームでOKなんて普通ないですよね!)と何がその人に合うかは使ってみないと分らないこともあるということ。たとえばアトピーと言っても、その患部はカサカサだったり、ジュクジュクのこともあります。その場合、Tu、Rのどちらがその人にあうか試してみなければなりません。知人から、口角炎がよくでき、大きく口を開ける度に切れて出血するのでCクリームを使ってみたが良くならず、リップクリークを塗ったらすぐに良くなった、という話を聞いたことがあります。傷・出血といえば、誰でもまず試すのはCクリームだと思います。しかし、リップの方が彼女には合ったようです。これは配合されているレメディーのどれかが彼女にヒット(当たった)したものと考えられます。残念ながら、クリーム配合のレメディーについては、企業秘密にあたるため、学生でも全てを知るわけではありません。ですが、長期に使用した感想としては、たとえヒットしなくても、悪化することはなかったですし、本当に傷の治りが早いということです。友人の子供が棘を指に深く刺した時も、抜くことができなかったので、Cクリームを塗っておいたら、ほんの数分後、棘が少しづつ出てきたと言うのです。嘘のような、本当の話です!また、異物を排出する能力ぐらい元々あるというご意見もあるでしょうが、ほんの数分の出来事でした。何はともあれ、使っていただかなくてはこの良さはご理解いただけないかと思います。昔は、消毒の薬品に硝酸銀を使用していました。金属の入った液体を傷口に付けるのと、配合されているの原物質を含まないホメオパシックな天然クリーム。あなたなら、どちらを選びますか?

|

2006年4月13日 (木)

ホメオパシックトゥースペイスト(歯磨き粉)について

P1000098 以前、レメディー服用中は、ミント・メントール類やミントの含まれる歯磨き粉等を避けましょう、と書きました。では、日常にホメオパシーを取り入れている人は、何で歯を磨くのか?それは、ミントや添加物不使用のホメオパシックトゥースペイスト(ホメオパシックファーマシーやホメオパシージャパンのサイトでもお買い物できます)です。100%天然素材で作られており、発泡剤(界面活性剤等)・乳化剤・甘味料(サッカリン等)・着色剤・合成化学香料・防腐剤(パラベン等)・フッ化物(フッ化ナトリウム)・アルミニウム化物は一切不使用です!!

使っている感想は、界面活性剤が入っていないため泡立ちがないので、泡に邪魔されることなく、隅々まで時間をかけて磨くことができます。味は、ミントなどに慣れた人には、フェンネルやオオバコの香りが青臭いと感じる人もいるようですが、私自身は慣れきってしまったせいか、まったく気になりません。むしろ、市販のミント入りの歯磨き粉を使うと、刺激の強さに驚くことがあります。ホメオパシックトゥースペイストが手放せない理由として、歯の茶色い染色が減ったことと、歯石が付着しにくくなったことが挙げられます。お茶好きのため、茶渋のようなものが付着するのか、染色しやすく、長年通院している歯科医院の衛生士さんにもよく指摘されていたのですが、染色と歯石が確実に減っていると言われました。今では、ホメオパシーを知らない衛生士さんもホメオパシックトゥースペイストを使用しています。

では、せっかく添加物の話が出たので、もう少し詳しくお話しましょう。上記に挙げた添加物は、保存性を高め、歯を白くし、味や香りを良くするために、化学合成されたものが便利さゆえに多用されています。その中には、発がん性が疑われるもの(トリエタノールアミン・二酸化ケイ素・サッカリン)、アレルギーを起こすもの(デヒドロ酢酸・過ホウ酸塩・塩化リゾチーム)、体内の各器官に障害を起こすもの(パラベン・安息香酸・ジプロピレングリコール)、水質の劣化や環境を汚染するもの(研磨剤のアルミノシリケート・ゼオライト)が数多くあります。事前に行われる毒性試験では確認できず、販売後に毒性が確認できた例や多くの人には無害でも、体質や疾病などによって有毒になることもあります。こうした安全でない化学物質の氾濫は、環境ホルモンや化学物質化過敏症といった形で、現代社会にその危険性を示しています。添加物は国が認め、現代生活に不可欠なものとなっている以上、一切口に入れない、触れないということはできないでしょう。しかし2001年4月から薬事法改正により、化粧品などは配合している全ての成分を表示する全成分表示が義務づけられ、以前までの指定成分表示(より危険なものだけを表示)から漏れていた危険な添加物を知ることができるようになりました。私たちは、添加物の被害を防ぐために、添加物の危険性を知り、購入の際は添加物使用商品(歯磨き粉だけのことではありません)を選別できる、賢い消費者にならねばなりません。表示がされているということは、たとえ消費者がそれを読んだり、理解していなくても、購入したことで、添加物を認めた行動、つまりは自己責任となるのです。「危険なものを避ける」というのは、ホメオパシー以前の基本的健康法であるといえます。

全成分表示義務を受けて、自社製品で使用した添加物について、ホームページで情報公開をしたり、お客様窓口を設ける企業もありますが、全ての企業ではありません。また、左上写真(毎度、ボケた写真で申し訳ないです!)の「食品・化粧品危険度チェックブック」体験を伝える会・添加物110番編など添加物のことが詳しく分る書籍が多数出版されています。この機会に、添加物への関心を持っていただけることを切に願います。

|