2008年11月19日 (水)

宝石のレメディー

有楽町の阪急百貨店「MY LOHAS SHOP」で、一番人気だった宝石のレメディーセット●●(※日本ホメオパシー医学協会より、ホメオパスが特定のレメディー販売会社の商品名を掲載することは避けるようにとの指導がありましたので、商品名は削除いたしました。気になる方はお近くのホメオパスにご相談ください)。商品についてや使い方の問い合わせが多いので、ご紹介したいと思います。だた、チャクラなどの解説も必要だろうな~と考えると、得意分野ではないため、腰が重いというのが本音です(笑)。

チャクラとは、ヒンドゥー教のヨーガ(ここで言うヨーガは私たちが考える呼吸法やスポーツ・ストレッチの類ではなく、古代インド発祥の修行法であり、呼吸法のみならず坐法や三昧[瞑想]などによる精神統一や智慧を得る、また絶対者[神]への結合を実現するための実践法)では、人体の頭部・胸部・腹部で輪または回転する車輪のように光っているように感じる箇所のことです。人体内には大きな6または7つ(説によってはそれ以上)、のチャクラがあり、それらを目覚めさせ、体内の脊推にそって上昇させると悟りが開けると言われているようです。実際は己の覚醒に過ぎず、修行の入り口に立っただけとも言われており、ヨーガの実践だけでなく世俗にもまれる中、人格や霊格を向上させねばならないらしいです。日本では喩伽(ユガ)と呼ばれ、唐帰りの空海が伝えたとも言われています。

このヨーガの伝播と共にチャクラの概念も西洋に伝わり、7箇所の内臓の各部に充てられるようになりました。そしてチャクラは脊柱に関連する生命体にあるエネルギー・センターで、肉体の7つの内分泌腺などの肉体の調節と活性化を司り、意識の中枢と各身体の中継点としての役割を果たしていると考えれるようになりました。現在のヒーリングなどの分野では、チャクラを直に見ることは出来ないため、各チャクラに対応する体表上のツボのことを便宜上チャクラとしており、そこを気の出入り口としている場合もあります。一般的には、チャクラや各チャクラのルートが浄化されることが心身の健康と覚醒には重要であると考えられているようです。

簡単にサクっと解説いたしましたが、ご理解いただけたでしょうか? 詳しくお知りになりたいかたは各自お調べ頂くか、下記に紹介するとらこ先生のセミナーにご参加ください。で、このチャクラの概念から肉体部分に対応するレメディーが作られたわけです。どちらかというとレメディーとしては、肉体というより精神に強く作用すると認識しています。

とり方に絶対的なルールはありませんが、意識の拡大を図るためには、下位のチャクラ(肉体の下位にあたるベースチャクラ・第一チャクラ)から順に覚醒させると言われているので、①オブシディアン(黒曜石)から始め→②→③→④→⑤の順に数日とるのがスタンダードと呼べるかもしれません。もちろん気分や状態に変化があれば、キットからレメディーをとってもOKです。

また下記の簡易マテリア・メディカを読んで、自分に必要と感じるものから試されるのもよいでしょうし、何か問題が起こった際にとるのもよいでしょう。たとえば、④ターコイズ(トルコ石)は喉のチャクラのレメディーであり、「言いたいことが思うように言えずにストレスを感じる時」や「今日こそ本音で膝を突き合わせて語り合おうと決心した時」、などに随時とることもできます。セット名通り、あなたの心の扉を開く助けになると思います。もし感情の起伏が激しくなったり、キットでの対応が難しいと思った場合は、お近くのホメオパスにご相談ください。

【●●宝石のレメディー】

Obsidianオブシディアン     ・・・ベースチャクラと太陽神経叢のチャクラ。地に足をつけ、あなたの人生の目的に気づく。

Emeraldエメラルド      ・・・ハートチャクラ。あなたの心を開き、硬さを和らげる。コミュニケーションを促進する。

Rosequoiseローズクオーツ・・・ハートチャクラ。閉じてしまっている心。感情的な苦痛や苦悩の開放。

Turqoiseターコイズ     ・・・喉のチャクラ。大いなる安定。内なる恐怖を開放し、真実を表現する。

Rainbow虹          ・・・全てのチャクラ。光の架け橋。平和と調和。長年の行き詰まりからの脱却。人生のきらめきを導く。

|

2008年3月28日 (金)

【怒り】

病気とはバイタルフォースの停滞であり、症状はバイタルフォースのバランスの崩れからもたらされる結果に過ぎず、症状は病気ではない・・・とお話したのはかれこれ2年前のことになりますね(光陰矢の如しでビックリ!)。ではバイタルフォースの停滞はなぜ起こるのでしょう?

以前バイタルティッシュソルト(生命組織塩)についての説明の際、ウィルヘルム・シュスラーによって考え出された12種類の無機化合物等が人体を司り、この過不足により病が生じ、それを補うことで病を治すことができると考えていたと書きました。またホメオパシーでは、全ての人が病気を生み出す大元の土壌であるマヤズムを持って生まれてきているとの考えもあります。

東洋医学では病気の原因として、気候の変化に体が対応できなくなることによって病が引き起こされると考える外因や感情が過度に変化することによって病が引き起こされると考える内因、そのどちらにも該当しない不摂生な習慣や食事・過労・外傷などを原因とする不内外因という考えがあります。これら後天的な要因以外にも、先天的な要因を先天の気といい、要因のひとつとされています。

外因・内因・不内外因は、ホメオパシーではマテリア・メディカの基調の部分に相当すると考えられますが、これらに抑圧(症状や感情を)することをも加え、その1つの要因だけというより、突出した要因もしくは複数の要因が複雑に絡んでバイタルフォースを停滞させ、その結果症状となって肉体や精神の危機を教えてくれているのではないでしょうか。

なかなか改善できない習慣や回避できない外傷などはさて置き、とりあえずその日の過度の感情はレメディーで流し、翌日まで持ち越さないことが症状を出さない秘訣と言えます。ちなみに先程紹介した内因では、喜・怒・思・憂・悲・恐・驚を七情といい、怒りは肝臓を傷つけると言われています。怒りがある時には下記のレメディーと一緒にサポートK-T(肝臓をサポートするコンビネーション・レメディー)も必要かもしれませんね。

【怒り】

Apisエイピス       ・・・・・疑い深く、パートナーに対する嫉妬から生じる時。

Chamomillaカモミラ   ・・・・・痛みからくる怒りや子供のかんしゃくに。

Ignatiaイグネシア    ・・・・・悲しみやショックからのヒステリーに。

Lachesisラカシス    ・・・・・自己中心的で復讐心をともなう時。

Nux-vomicaナックスボミカ・・・思い通りにならないことからイライラし、音・光・においに過敏な時に。

Pulsatillaポースティーラ・・・・・親離れや思春期に。子供同士の間の嫉妬から生じる時。

Staphysagriaスタッフサグリア・他人の無礼さ、プライドを傷つけられる、言葉や肉体への暴力から生じる怒りに。怒りを抑える傾向の人にも。

他に36キッズ・キット中のCausticumコースティカム(社会の不正や同情心からの怒り)、Cinaシーナ(手に負えない子供のかんしゃく)、Hyoscyamusハイオサイマス(嫉妬や失恋からの感情の爆発)もよい。

|

2007年5月17日 (木)

【恐怖・ショック・不安】

3/29「被災者の方に無料レメディー配布」の回にも書いた通り、地震などの天災にあった人はすばやく恐怖に対応するレメディーをとる必要があります。精神的なショックは、直後に感じられなくても、数日、数年経ってから突然フラッシュバックとなって戻ってくることもあります。そのようなトラウマにしないためにも、少しでも動揺し、そこに恐ろしい・ショックだという気持ちがあるなら下記のレメディーを積極的に摂りましょう。原因は天災だけではありません。火事や事故・別離・失恋・失望・屈辱のショックなどもあるでしょう。以前、海外講師の講義で「癌にまつわる悪魔」について話が及んだことがあります。この悪魔とは、「あなたの余命は何年です」という宣告のことです。悪魔は治ろうとする気持ちを挫き、精神にも肉体にもよい影響を与えません。これが自ら望み、覚悟の上ならいざ知らず、もし検診のつもりでいたならどうでしょう。きっと多くの人がショックを受けると思います。昨日の読売新聞にもHIV(エイズウイルス)検査に関して同様の記事が掲載されていました。妊婦は妊娠中にHIV検査を受けますが、通常検査は「スクリーニング(ふるいわけ)検査」と「確認検査」の2段階で行なわれます。スクリーニング検査はあくまで安価で簡易な検査であり、ここで陽性とされても、9割以上の人が偽陽性となります。しかし陰性と判明するまでの妊婦のショックや混乱・悲しみ・不安は計り知れません。一時的とはいえ陽性と言われることで、夫婦間にヒビが入る例もあるといいます。またショックで流産するという可能性も考えられます。このような不幸なことにならないよう行政や医療関係者に告知の際の対応を考えていただくのはもちろんですが、不本意にも知ってしまった、検査の結果待ちをしている間はレメディーに助けてもらい、急性の恐怖やショックを乗り越えましょう。また長期に続く恐怖やショック・不安は、ホメオパスに相談されることをお勧めします。

【恐怖・ショック・不安】

Aconiteアコナイト      ・・・・・急性の命にかかわると思うほどのショック直後。恐怖のファーストエイド。

Arg-nit.アージニット     ・・・・・飛行機・高所恐怖。時間に間に合わないとパニックになる時。

Arnicaアーニカ        ・・・・・怪我や事故のショックある時。歯に治療の前後にも。

Arsenicumアーセニカム  ・・・・・自分は死に至る病ではないかと恐怖する時に。

Gelsemiumジェルセミウム ・・・・・慣れない行動・人前に出ることへの恐怖で足がすくむ時。

Ignatiaイグネシア           ・・・・・突然の死別・離婚・失恋・失望による悲しみやショックに。

Lycopodiumライコポディウム・・・自信の欠如で新しいことに対して不安を感じる。

Phosphorusフォスフォラス・・・・・過敏で神経質、落ち着かない人で、暗闇や幽霊・孤独に対する不安がある時に。

Pulsatilaポースティーラ  ・・・・・一人になることや閉所に対する恐怖を感じ、見捨てられると不安になる時。

Staphsagriaスタッフサグリア・・・プライドを傷つけられたショック。ショックから怒りがこみ上げる時にも。

上記以外にも、36キッズキット中の下記レメディーもよい。

Anacardiumアナカーディアム・・勉強のしすぎによる疲労感と試験恐怖。

Boraxボーラックス    ・・・・・下降する動きへの恐怖とそれによって症状が悪化する時に。

Opiumオピウム      ・・・・・身も凍るような恐怖が昼夜を問わずある場合。暴力や虐待によるショックにも。

Stramoniumストロモニウム・・・激しい恐怖体験、特に暗闇に対して恐怖がある場合に。

|

2007年3月 5日 (月)

【不眠】

「昼寝をすると夜中に眠れない」と歌った曲がありましたが、この場合原因がハッキリしているので、昼寝をしなければよいわけです。しかし原因が思い当たらず、何日も眠れないと言うのは辛いことだと思います。習慣的な不眠はホメオパスに相談が必要ですが、突然起こった不眠は、原因にあわせたレメディーで解決することができます。まずは原因と合致するレメディーを試してみましょう。

【不眠】

Aconiteアコナイト    ・・・・・突然の不安や恐怖により神経過敏から眠れない時に。

Arnicaアーニカ      ・・・・・疲労感があり、恐ろしい夢で目覚めてしまう時に。

Chamomillaカモミラ   ・・・・・イライラと不機嫌な子供や睡眠中に泣く場合に。怒りやコーヒーの悪影響。

Ignatiaイグネシア    ・・・・・深い悲しみから眠れない時に。

Nux-vomicaナックスボミカ・・・アルコール・コーヒーの悪影響や眠るのにアルコールが必要な場合に。仕事によるストレスがある時にも。

Staphysagriaスタッフサグリア・・日中眠く、夜は眠れない時に。夜間遊びたがる子供にもよい。

この他に、36キッズキット中のBoraxボーラックス(夜中暑くて眠れない、落ちることへの恐怖がある場合)、Coffiaコフィア(刺激的な出来事や楽しい予定の前日などで興奮から眠れない時に。1つの考えが繰り返される時の浅い眠りにも)、Opiumオピウム(夜は眠れず、日中強い眠気に襲われる)、Stramoniumストロモニウム(恐怖や暴力体験からの不眠。暗い部屋で眠れない人や叫び声をあげる小児に)などもよい。

本日、カテゴリー■精神的な問題を追加しました。活用いただければ幸いです。

|