2006年10月10日 (火)

【吐き気・嘔吐・つわり・二日酔い】

妊娠中もまったくつわりがなく、日常でも吐くという経験が少ない方だと思うのですが、子育てをしていると吐きやすい体質をいうものがあるとはっきりわかります。もちろん乳幼児の場合、胃腸が大人のようにしっかり形成されていないため吐きやすいのですが、咳といっしょに嘔吐、車酔い、つわりがひどいという傾向を持つ人がいるのは確かでしょう。これ以外にも、アルコールや脂っぽい食事による吐き気など様々な原因があり、ホメオパシーにはそれぞれに対応できるレメディーが揃っています。特徴をよく比べて選択してみてください。また毎朝の吐き気といった慢性的な症状や下記に挙げる基本キット中に適合するレメディーが見つけられない場合は、ホメオパスに相談しましょう。

【吐き気・嘔吐・つわり・二日酔い】

Ant-tart.アントタート    ・・・・・粘液がゴロゴロ鳴るような咳とともに嘔吐する場合に。

Arsenicumアーセニカム   ・・・・・水っぽい下痢と同時に起こる吐き気に。

Bryoniaブライオニア    ・・・・・食後すぐに起こる吐き気で、飲物を飲むと和らぐ時に。

Ipecacイペカック      ・・・・・嘔吐してもおさまらない吐き気やむかつきに。咳や頭痛を伴う場合やつわりにもよい。

Lycopodiumライコポディアム・・・食事がきちんと取れない時や不安から起きる吐き気に。外気で症状が楽になる。

Nux-vomicaナックスボミカ・・・・・食べ過ぎ・二日酔いによる吐き気に。イライラとしやすく、頭痛を伴う場合やつわり、乗り物酔いにもよい。

Pulsatilaポースティーラ  ・・・・・脂っこい食事によって起こり、口は渇くが喉が渇かない時に。

Phosphorusフォスフォラス・・・・・温かい飲食物による吐き気。冷たい飲物で楽になる。

Sepiaシーピア       ・・・・・断続的な吐き気で、食事により一時的に症状が治まる時に。つわりにもよい。

追記:他にも、36キッズキット中のVeratrumバレイチュラム(激しい苦痛を伴う下痢と嘔吐が同時に起こる時や酸味のある果物で悪化に)もよい。

追記:吐き気が乗り物酔いによるものなら、レメディー3本が入った「乗り物セット」がお勧めです。乗り物に乗る前に飲んでおけば、旅行を快適に過ごせるでしょう。外気で気分がよくなる場合はTabacumタバカム、気分が悪くなるならCocculusコキュラスが合うでしょう。またCocculusコキュラスは旅先での睡眠不足などにも使用できます。

|