2007年10月29日 (月)

【こむらがえり】

出産前後、こむらがえりが酷く、決まって夜にふくらはぎあたりの激痛に苦しんだ覚えがあります。人によっては足の裏や指だったりしますが、来る、来ると分っていても止めることが出来ませんよね。また一度なってしまうと、数日間繰り返したりもします。チョコレート好きの私としては、チョコによってMag-phosマグフォス(リン酸マグネシウム)が失われた結果?などと考えて、バイタル・キットのMag-phosマグフォスをとったりします。頻繁に、また繰り返しこむらがえりを起こす人は不足やカルシウムとのバランスを考慮し、ティッシュソルトのMag-phosマグフォスを毎日1粒とり、さらに下記のレメディーを就寝前にとるとよいと思います。こむらがえりが起こってしまったら、下記のレメディーから自分に、また状況に合うものをお試しください。ただし下記にごく簡単に解説してあることがそのレメディーの全てではありませんので、少し違っていても最初から除外せずに試してみましょう。

【こむらがえり】

Chamomillaカモミラ     ・・・・・激しい筋肉のひきつり。怒りが伴なう。

Mag-phosマグフォス     ・・・・・突然始まる痙攣性の痛み。温めたり、圧迫で緩和される場合に。

Nux-vomicaナックスボミカ・・・・・運動後や妊娠中の疲労を伴なうこむらがえりに。

36キッズ・キット中のCoffeaコフィア(神経の高ぶりと不眠を伴なう場合)、 Cuprumキュープロム(特に激しいふくらはぎの痙攣が夜間にある場合)もよい。

※カテゴリーの■怪我・痛みの問題と■出産の問題に収録しますのでご活用ください。

|

2006年10月10日 (火)

【吐き気・嘔吐・つわり・二日酔い】

妊娠中もまったくつわりがなく、日常でも吐くという経験が少ない方だと思うのですが、子育てをしていると吐きやすい体質をいうものがあるとはっきりわかります。もちろん乳幼児の場合、胃腸が大人のようにしっかり形成されていないため吐きやすいのですが、咳といっしょに嘔吐、車酔い、つわりがひどいという傾向を持つ人がいるのは確かでしょう。これ以外にも、アルコールや脂っぽい食事による吐き気など様々な原因があり、ホメオパシーにはそれぞれに対応できるレメディーが揃っています。特徴をよく比べて選択してみてください。また毎朝の吐き気といった慢性的な症状や下記に挙げる基本キット中に適合するレメディーが見つけられない場合は、ホメオパスに相談しましょう。

【吐き気・嘔吐・つわり・二日酔い】

Ant-tart.アントタート    ・・・・・粘液がゴロゴロ鳴るような咳とともに嘔吐する場合に。

Arsenicumアーセニカム   ・・・・・水っぽい下痢と同時に起こる吐き気に。

Bryoniaブライオニア    ・・・・・食後すぐに起こる吐き気で、飲物を飲むと和らぐ時に。

Ipecacイペカック      ・・・・・嘔吐してもおさまらない吐き気やむかつきに。咳や頭痛を伴う場合やつわりにもよい。

Lycopodiumライコポディアム・・・食事がきちんと取れない時や不安から起きる吐き気に。外気で症状が楽になる。

Nux-vomicaナックスボミカ・・・・・食べ過ぎ・二日酔いによる吐き気に。イライラとしやすく、頭痛を伴う場合やつわり、乗り物酔いにもよい。

Pulsatilaポースティーラ  ・・・・・脂っこい食事によって起こり、口は渇くが喉が渇かない時に。

Phosphorusフォスフォラス・・・・・温かい飲食物による吐き気。冷たい飲物で楽になる。

Sepiaシーピア       ・・・・・断続的な吐き気で、食事により一時的に症状が治まる時に。つわりにもよい。

追記:他にも、36キッズキット中のVeratrumバレイチュラム(激しい苦痛を伴う下痢と嘔吐が同時に起こる時や酸味のある果物で悪化に)もよい。

追記:吐き気が乗り物酔いによるものなら、レメディー3本が入った「乗り物セット」がお勧めです。乗り物に乗る前に飲んでおけば、旅行を快適に過ごせるでしょう。外気で気分がよくなる場合はTabacumタバカム、気分が悪くなるならCocculusコキュラスが合うでしょう。またCocculusコキュラスは旅先での睡眠不足などにも使用できます。

|

2006年5月27日 (土)

【乳腺炎・母乳の問題】

知人から乳腺炎についての質問があったので、突然ですが乳腺炎のレパートリーを紹介したいと思います。乳腺炎とは、産後1ケ月以内におこりやすく、乳首や乳房が赤く腫れたり、しこりや痛み、発熱が初期症状です。原因は、細菌が乳房に入って炎症をおこすだけでなく、お乳が出きらないためにおこることもあります。初産の場合、乳管の開きが悪いので、マッサージをしてお乳を出し切るようにしましょう。また乳頭を清潔にすることも大切です。水にCalendulaカレンデュラを1粒溶かした液体に脱脂綿を浸したもので、授乳の前後は乳房全体を消毒します。[※追記:新発売!HJマザーチンクチャーのカレンデュラは液体なので使いやすくおススメです。]レメディーは、BelladonnaベラドーナとBryoniaブライオニアがよいでしょう。

【乳腺炎・母乳の問題】

Belladonnaベラドーナ  ・・・・・ズキズキと熱を持ち、赤く腫れ、横になることで悪化する場合。

Bryoniaブライオニア    ・・・・・石のように硬く、動くと裂けるような痛み。痛みのある側を下にして横たわると好転。

Chinaチャイナ        ・・・・・授乳による体液喪失からの悪化、体力の消耗・衰弱。

Calc-carb.カル・カーブ ・・・・・水っぽくよく出るが、乳児が母乳を飲まない場合。母乳の質を向上。

Chamomillaカモミラ      ・・・・・乳首が裂け、痛みで敏感になっている人に。

※本日より、カテゴリーに■出産の問題を追加しました。

追記:他にも、18バースキット中のPhytolaccaファイトラカ(石のように硬く、授乳中に痛みが強い時や乳首が割れる時に)、36キッズキット中のBoraxボーラックス(授乳中・後の乳房の痛みや乳児が母乳を嫌がる時に)もよい。

|