2007年1月18日 (木)

【耳の痛み・耳だれ】

子供が中耳炎になりやすいのは、鼻と耳をつなぐ耳管が、大人は細くて長く、子供は太くて短く、しかもほぼ水平なため鼻水が耳に流れ込みやすいからです。風邪をひくと、体は細菌やウイルスを鼻水と一緒に排出しようとしますが、これが中耳に入ると急性中耳炎を起こし、耳の痛みや耳だれなどの症状を引き起こします。治療には抗生物質を数日間飲むのが一般的ですが、現在は抗生物質に抵抗力を持つ耐性菌が増え、中耳炎が治りにくくなっています。これは風邪や中耳炎などに安易に抗生物質が処方されてきた結果と言えます。治り難いからといって、抗生物質の量を増やしたり、長期間飲み続けることは、さらに耐性菌を増やすことになります。昨年、こうした状況に対処すべく、日本耳科学会が小児急性中耳炎の診療ガイドラインを作りました。この指針では、症状の程度を、軽度~重度の3段階に分け、軽度の場合は3日間は抗生物質を使わずに経過をみるとされています。耳の異常を感じたらすぐ摂ることができるホメオパシーのレメディーなら、この3日間にも症状に対応できる上、耐性菌を増やす心配もありません。レメディーは急性の症状に素早く作用し、繰り返し症状を起こすこともありません。36基本(ベーシック)キットの中から、症状に合うレメディーを見つけ、ファースト・エイドとしてお役立てください。ただし、耳の痛みに発熱・吐き気・難聴・耳の周りの腫れなどを伴なう場合は、早めにかかりつけのホメオパスに相談しましょう。また慢性的な耳の問題を持つ人は、そのような症状を出す傾向の体質である、または抗生物質などで症状を抑え込んだだけで完治していないとも考えられます。これから入園・入学で集団生活になると、子供たちは感染症にかかる機会がますます増えます。保育園児の耐性菌保有率は、それ以外の子より高いと言われており、かかりやすい上に治りにくいです。そうなる前にホメオパシーによる体質改善で元気な春を迎えましょう。

【耳の痛み・耳だれ】

Aconiteアコナイト     ・・・・・突然発症する耳痛や風邪のひき始めの耳痛。ショックや冷たい風にさらされたことで発症した時にも。

Belladonnaベラドーナ   ・・・・・ズキズキ脈打つ痛みで、耳や顔が赤く熱を持つ。発熱伴なう時にもよい。

Chamomillaカモミラ    ・・・・・痛みで機嫌が非常に悪く、泣き叫んだり、乱暴になる時。

Hep-sulphヘパソーファー・・・・・鋭い痛みが鼻や喉にも広がる耳痛。黄色い耳だれが流れる。

Pulsatillaポースティーラ ・・・・・風邪やインフルエンザから起こる耳炎で、特に子供の耳炎に有効。黄色い濃厚な耳だれが特徴。

Mercuriusマーキュリー ・・・・・薬害・歯の治療から起こる耳炎。飛行機の上昇・下降時の耳痛にもよい。

この他に、36キッズ・キット中のPyrogenパイロジェン(悪臭のある膿が出る時)、36バイタル・キット中の Ferr-Phosファーランフォス(炎症の初期に)、 Kali-murケーライミュア(白っぽい粘質の固まる耳だれに)などもよい。

本日、カテゴリーにレパトリーの■耳の問題を追加しました。必要に応じてお使いいただければ幸いです。

|