2006年11月 1日 (水)

【鼻水・鼻炎・花粉症】

私はスギ花粉症なので、春に鼻水で悩まされるのですが、ホメオパシーによる体質改善のおかげで年々症状が軽くなってきました。花粉症のためのコンビネーション・レメディーがとても私に合い、症状が辛い時には今でも使用しています。数年かけて徐々に花粉症が軽くなったことに気づいた花粉症仲間が、大変不思議がり、購入を依頼されるきっかけにもなりました。しかし花粉症は、毎年繰り返す慢性病ですから、このレメディーやキットだけで完治させることは出来ません。また来春の対策は、今、この秋に始めることが必要です。来春からはさわやかな春を迎えたい!と願う方は、是非お近くのホメオパスにご相談ください。

【鼻水・鼻炎・花粉症】

Aipsエイピス        ・・・・・アレルギー性鼻炎で、暖かい部屋で症状が悪化する時に。

Arsenicumアーセニカム ・・・・・水っぽい鼻水で、鼻の下や唇がヒリヒリ焼けるように痛む。くしゃみや喘息を伴う場合や花粉症によい。

Hep-sulph.ヘパソーファー・・・チーズが腐ったような臭いの粘着質の黄色い鼻汁。悪寒や頭痛を伴うことがあり、寒さによって悪化する時に。

Kali-bick.ケーライビック・・・・・副鼻腔炎に最も有効で、鼻根や目の下などの圧迫感・頭痛・鼻づまり・絶え間ない黄色または黄緑色の鼻汁・臭覚の低下を伴う場合にもよい。

Mercuriusマーキュリー  ・・・・・喉の渇きがあり、口臭を伴う鼻炎。黄色の鼻水で、痛みが鼻から耳・目の上・頭へと広がる。

Nat-mur.ネイチュミュア ・・・・・卵白のような水様性で、塩辛い味がする。大量の鼻水で、くしゃみや涙もでる。詰まることもあり、味覚が失われる時に。

Pulsatilaポースティーラ  ・・・・・濃い黄色の鼻水。夜に鼻が詰まり、耳炎を起こしやすい。匂いや味が分らず、喉の渇きがない時に。

Sepiaシーピア        ・・・・・乳白色や濃い緑色の鼻水が朝と夜にでる。何度も繰り返す鼻炎によい。

上記以外ではティッシュソルト・キット中のFerr-phosファーランフォス(突然、鼻水が出始めたときに)やこども用キット中のEuphrasiaユーファラジア(水様性の鼻水と目が赤くなる刺激性の涙に)もよい。

本日、カテゴリーにレパトリーの■鼻の問題を追加しました。症状がでたときは思い出してご利用いただければ幸いです。

※日本ホメオパシー医学協会より、ホメオパスが特定のレメディー販売会社の商品名を掲載することは避けるようにとの指導がありましたので、商品名は削除いたしました。

|