2007年6月30日 (土)

◆Staphysagriaスタッフサグリア◆Sulphurソーファー

久しぶりのマテリア・メディカは、36基本(ベーシック)キット最後となるStaphysaguriaスタッフサグリアとSulphurソーファーです。

Staphysaguriaスタッフサグリアは屈辱や暴力・虐待を受けたり、プライドを傷つけられても、その怒りを表現せず(できず)、その感情を抑えつけてしまいます。強い権力や腕力を受け入れ、一見穏やかそうに見えますが、深く傷つき、怒りを心の奥底に溜め込んでいます。その不満が中毒傾向として性への強い興味やアルコール・タバコ依存として現れます。現代では、パソコンやゲーム・携帯中毒の人の中にも抑圧した感情に気づかず、何かに没頭することで過去の出来事を忘れようとしているスタッフサグリアな人がいるかもしれませんね。

Sulphurソーファーは、想像力豊かで哲学的なことを話す知的な人です。自己評価が高く、自説は曲げない、誇張や自慢をし、規則に従わない自己中心的な人でもあります。考えを実現する前に次々と新しい考えが浮かび、結局実現できないことで乱雑・怠惰になっていきます。頭がいっぱいの人ですから、身奇麗にしようとは思わないどころか、独自の価値観で妙な服装をしたり、コレクションに夢中になります。研究に没頭する科学者や思想家を想像しがちですが、皮膚疾患を持つやんちゃな子供の根本レメディーでもあります。

◆Staphysaguriaスタッフサグリア/ヒエンソウ

屈辱や暴力・しらみ・泌尿生殖器の問題

精神:屈辱や怒りといった感情を抑え込んで、トラブルを避けようと考える。温厚で従順、臆病な人だが、蓄積した不満から、突然物を投げつけたりすることもある。他人の無礼な言動や態度を敏感に感じるタイプ。

身体:学校で理不尽な扱いを受けた、上司に叱責された、夫に些細なことで殴られたなど、心と体が傷つき、その場で怒りを表現できなかった時に有効。精神以外でも、手荒に扱われたと感じる治療や手術後・帝王切開や会陰切開後・手術後や怒りの後の腹痛と膀胱炎・頭痛・しらみにも。日中はあくびばかりでて、夜間は眠れない不眠や夜間に遊ぶ子供にもよい。

悪化:強い感情(怒り・苛立ち・悲しみ)・接触・昼寝・タバコ

好転:朝食・暖かさ・怒りを表現する

◆Sulphurソーファー/硫黄

皮膚症状・早朝の下痢・起床後爽快でない

精神:独創的でポジティブな面と、自己中心的で怠惰な面を併せ持つ。体が温かく、閉め切った部屋や暖かい寝床を嫌う。時間の無駄と考えているためか、皮膚症状のためなのか風呂嫌いで猫好きの傾向がある。

身体:湿疹・発疹・おむつかぶれ・肛門の痒みなどの皮膚症状全般に有効。便やオナラが不快な悪臭を伴なう場合や早朝の下痢にもよい。朝爽快感がなく、起床後の頭痛や眼の炎症と痒み・更年期障害・不眠にも使用。

悪化:入浴・暖かく閉め切った部屋・汗や発疹を薬で抑圧すること

好転:外気・発汗・動作

|

2007年4月 4日 (水)

◆Sanicula-aquaサニキュラアクア◆Sepiaシイピア

Sepiaシイピアは女性ホルモンの崩れや停滞状態に大変有効なレメディーです。月経痛・PMS(月経前症候群)・情緒不安定・冷え性・血行不良・妊娠中の問題・更年期障害など、思春期から女性の一生を通じて役立つ強い味方です。Sepiaシイピアの人が激しい運動やダンスを好むのは、循環の悪さが動くことで改善されることを無意識に知っているからかもしれません。また刺激を好む傾向があり、酸っぱい物や雷が好きです。古い邦画で台風の中、女子中学生が校庭でずぶ濡れではしゃぐシーンを見た記憶がありますが、思春期の情緒不安定と激しい動きがまさにSepiaシイピアの精神状態といえるでしょう。他にもバリバリ働くキャリアウーマンで、休日もジム通いするのに、生理中だけはぐったりする人や子沢山で1日中座る暇もないお母さんが、夜には疲労で放心状態になり、誰とも話したくなくなる場合です。この状態が続くとあらゆることに対して無関心となり、不満は夫や子供に向けられるようになります。性交や異性への嫌悪はSepiaシイピアの大きな特徴のひとつであり、さらには自らの性を否定したり、育児を拒否するようになります。これは女性ホルモンの低下による母性の欠如であり、こうなる前にレメディーで気づきを与える必要があります。母親の元気な姿や安定した精神状態は家族の幸せの大前提だと思います。日々の生活に疲れているな、家族が疎ましいな、ひとりになりたいな、と感じた時は是非試してみてください。

◆Sanicula-aquaサニキュラアクア/サニキュラ鉱泉水

栄養や消化吸収不足・症状も気分も変わりやすい・悪臭の分泌物

精神:Chamomillaカモミラのように不機嫌で短気な状態が慢性化している。子供は叱るとのけ反ったりする。何がしたいのか分らず、苛立ちを抱えている。背後に誰かいないか振り返る小心なタイプ。

身体:牛乳・母乳・卵・ベーコンなどを欲求するが、それらを消化吸収できず、飲食直後に嘔吐・下痢をする。分泌物は魚やチーズのような悪臭がする。他に重度の便秘・汗の刺激で皮膚がただれる場合や体臭・口臭などに有効。

悪化:下方への動作・背中に手を回す・頭部への冷たい風

好転:頭を後に倒す・裸になる・寒冷

◆Sepiaシイピア/イカの墨

女性ホルモン変化に関する問題・過労・便秘や吐き気

精神:仕事や家事で疲れ果てた女性で、すぐイラついたり落ち込んだりするタイプ。過労のためあらゆることに愛情が持てない時に。

身体:ホルモンが変化する思春期・月経や妊娠中・更年期などに活躍するレメディー。月経痛・月経不順・PMS(月経前症候群)・マタニティーブルー・更年期障害・女性器の乾燥や痒みの他に、頭痛・便秘・吐き気などが特に生理や妊娠中に悪化する場合に。乳白色の分泌物が特徴。

悪化:冷たい外気・生理中・妊娠・過度の性交・左側

好転:激しく体を動かす・忙しい時・食べる

|

2007年2月16日 (金)

◆Rhus-tox.ラストックス◆Rutaルータ

本日のマテリア・メディカは、大変実用的なレメディーです。Rhus-tox.ラストックスは筋肉の凝りや痛み、赤いブツブツの発疹で痒みや痛みがある場合に使用します。Rhus-tox.ラストックスは、絶えず動いているほうが心身ともに調子がよいためか、夢の中でも泳いでいたり、野原をさまよったりします。きっと頑張ろうとする勢いが筋肉を硬くするのかもしれませんね。

Rutaルータは、捻挫と酷使することが原因となる眼精疲労や腱鞘炎に有効なレメディーです。パソコンや読書、針仕事などで目の疲れを感じたり、頭痛を起こした時に使うとよいでしょう。

◆Rhus-tox.ラストックス/ツタ漆

筋肉の凝りや強ばり・蕁麻疹やヘルペス

精神:責任感が強く、何事も一生懸命で、やらねばならないことが出来なくなることを心配するタイプ。感情を抑える傾向が強く、体も心もリラックスさせることが苦手な人に向く。

身体:捻挫や筋違い、肩こりなどに有効。特徴的なのは、動き始めが痛み、動き続けることで痛みが和らぐこと。また常に体を伸ばしたい、動かしたい欲求があり、落ち着きがない。寝違え・むち打ち・重いものを持ち上げたことによる腰痛や背部痛の他、皮膚疾患であるかぶれ・アトピー・蕁麻疹・ヘルペスや麻疹・水ぼうそう・インフルエンザなど幅広く使える。

悪化:最初の動作・冷たい湿気・寒冷・休息・夜

好転:連続した動作・姿勢を変える・温かい飲み物

◆Rutaルータ/ヘンルータ

捻挫・腱の損傷・眼精疲労

精神:被害者意識があり、意に反したことを言ってしまう自分にも他人にも不満があるタイプ。わずかな接触にもビックリする人。

身体:手首・足首・関節などの損傷、アキレス腱の痛みや腫れを緩和する。Rhus-tox.ラストックスは大きな関節や筋肉に、Rutaルータは手首や足首など小さな関節や筋肉に適応する。また酷使することで起きる捻挫・腱鞘炎・脱臼・テニス肘・目の疲れやかすみ・頭痛の他、ガングリオンにもよい。

悪化:酷使すること・湿気のある寒い天候・座る

好転:仰向けに横たわる・暖かさ・動作

|

2006年12月18日 (月)

◆Phosphorusフォスフォラス◆Pulsatillaポースティーラ

Phosphorusフォスフォラスは元素の燐で、生体エネルギーの源DNAやATP(アデノシン三燐酸:生物の運動・物質代謝・合成などに広く関与)を構成するひとつです。主にリン酸カルシウムとして鉱物界や動植物の体内に含まれており、身近なところではマッチや農薬・燐化合物の製造に使用されています。燐は50度で発火するため、マッチの先は摩擦によって容易に炎を上げますが、あっと言う間に燃え尽きてしまいます。Phosphorusフォスフォラスはこの燐の特性そのままに、元気なときは周りを照らすほどに輝き、優しさゆえに誰からも愛される存在です。しかし周囲の空気を読み取りすぎて、他人の意見に流されやすく、また他人との境界線がないために他人の問題を自分自身のことのように抱えて疲れ果ててしまいがちです。美しいものや神秘的なことにも興味を示し、あれこれと手を広げて地に足がつかないタイプです。彼らは楽しいことや美しいものだけに囲まれていたいと考えており、現実を認識していません。人生は長い道のりです。一瞬で燃え尽きるマッチではなく、薄暗くとも息の長い行灯(あんどん)ぐらいがよいのではないでしょうか。

Pulsatillaポースティーラは植物のオキナグサです。このレメディーのテーマは自立であり、生まれたときから自立した人間はいないので、全ての人が必要とするレメディーといえます。生まれて初めて自立を経験するのはいつなのでしょう?初めて親以外の人に抱っこされるとき、公園デビューで他人の中で遊ぶとき、また多くの子供は親から離れる幼稚園入園のときかもしれません。子供は親から離れようとせずメソメソ、場合によっては大声で泣くでしょう。そればかりか幼稚園に入った途端に風邪をひきやすくなったり、中耳炎になったりします。他にも子供特有の病気、はしかや水ぼうそうなどに次々と罹ることもあるでしょう。しかし子供特有の病気は、身体が病気を乗り越えることで抗体形成を学び、子供は自信を増し、身体の自立へと繋がるのです。そして精神については、Pulsatillaポースティーラでいつかはひとりで人生を歩むことに気づかねばなりません。これは誰もが通過しなくてはならない試練であり、避けたり、先延ばしにしても必ず目の前に立ちふさがるものです。ですから熱や中耳炎だといって自己治癒力を発動させることなく薬で症状を抑えてしまっては、子供は薬に依存するだけで、せっかくの自立を学ぶ機会を失ってしまいます。Pulsatilaポースティーラが心身ともに気づきを与え、自立へと手助けしてくれます。

Phosphorusフォスフォラスは、5月の◆Calc-carb.カルカーブの回で触れた代表的な子供の根本レメディーでもあります。またPulsatillaポースティーラを根本レメディーに加える海外ホメオパスもいます。好奇心が強く、知らない人ともすぐ友達になれたり、身体的には細身で背の高い、出血傾向や消化・呼吸器に問題のでやすい子供はPhosphorusフォスフォラス、コロコロと気分が変わりやすく、泣き虫で親離れができない、または気を引いて仲間を欲しがるタイプで、身体的には脂っこい食事を苦手とし、黄色の分泌物を出す傾向の子供はPulsatillaポースティーラを根本体質としていると考えられます。

◆Phosphorusフォスフォラス/燐

神経過敏・呼吸器の問題・出血傾向

精神:性格は優しく社交的だが、開放的過ぎるため影響されやすい。また心配性で過敏、恐怖心も強く、雷・暗闇・幽霊を怖がる。思いやりがあり、多くの人から好かれるタイプ。

身体:一般的に体が冷たいのに、冷たい飲物やアイスクリームを欲求する。症状は主に消化・呼吸器に現れ、胃痛・胃腸炎・下痢・吐き気や風邪による咽頭炎・失声・空咳・気管支炎の他、鼻血などの出血で、特に鮮血の血が止まりにくい時によい。

悪化:感情や接触などの些細なこと・温かい食べ物・左を下に横たわる

好転:食べる・冷たい飲物・睡眠

◆Pulsatillaポースティーラ/オキナグサ

移り気で泣き虫・黄色の分泌物・月経不順

精神:温厚で従順、感情的で涙もろい。親や他人を喜ばせたい、気に入られたいという気持ちが強く物事を断れず優柔不断。自分は可愛そうだと考える節があり、他人の注意を引きたがるタイプ。閉所や人混みを嫌う。

身体:症状は変わりやすく、移動する。子供・思春期・更年期の女性によくあう。特徴的なのは、暑さに不耐と喉の渇きがないこと。また多量で濃厚な黄色の分泌物が出る傾向。症状としては、風邪・鼻炎・中耳炎・目の炎症・膀胱炎の他、月経不順・月経前症候群・月経困難症・妊娠や出産時の不調・更年期の問題、水ぼうそう・おたふく風邪、脂っこい食事からの下痢・消化不良・嘔吐にもよい。

悪化:暖かさ・足が濡れる・夕方・脂っこい食事

好転:寒さ・新鮮な空気・冷たい飲食物

|

2006年11月10日 (金)

◆Nat-murネイチュミア◆Nux-vomicaナックスボミカ

Nat-murネイチュミュアは過去の深い悲しみに傷つきながら、それを誰にも話せず、泣くことすらできません。拒絶されることを恐れるあまり、過去の思い出の中で生きる孤独な人です。他人の同情を好まず、わざわざ苦難の人生を選んでいるように見えます。また両親の不仲や離婚に遭遇し、屈託のない子供らしさを失ったり、その悲しみから症状を発症した場合にはNat-murネイチュミュアです。自己憐憫に陥っていることに気づき、人生は悲しみや苦しみだけではないと知ることが必要です。Nat-murネイチュミュアで深い悲しみを開放しましょう。

悲しみに捉えられたのがNat-murネイチュミュアなら、物欲に捉えられているのはNux-vomicaナックスボミカです。Nux-vomicaナックスボミカはお金や地位を欲する競争心の強い野心家です。自分の思い通りにならないとイライラとして、時に暴力的になることもあります。食べ過ぎる程食べ、酒を飲み、タバコやコーヒー・香辛料・ミントなどの刺激物を好みます。彼らはお金や物よりも大切なものがあるということに気づいていません。それは根底にお金を失う恐怖があるからかもしれません。ある経済アナリストが「裕福な人ほど現状に満足しない」と言っていました。失ったときのショックがより大きいため、貯められるだけ貯め込みたいとの心理が働くようです。ほどほどを知り、のんびり豊かな人生にしたいものですね。

◆Nat-murネイチュミュア/岩塩

深い悲しみからの問題・鼻炎・唇の亀裂

精神:過去の深い悲しみからの情緒不安や体の不調がある人。思いやりが深く、他人の世話をする反面自分のことはないがしろにするタイプ。決して同情を求めず、人前で泣かない、閉鎖的で孤独な人。

身体:目からは出ない涙の代わりに、卵白のような透明の鼻水を出す。他に鼻炎・涙目・熱や風邪からの発疹・唇の乾燥・ヘルペス・口角炎・ニキビ・蕁麻疹・むくみ・頭痛などによい。強い喉の渇きと塩気を好む傾向。

悪化:熱(特に太陽の)・周期的・同情されること

好転:外気・海辺・発汗

◆Nux-vomicaナックスボミカ/マチンシ

二日酔い・消化不良・便秘

精神:何事も一生懸命で、責任感が強い。反面他人にも厳しく、ミスが許せないタイプ。毎日の仕事に追われ、多くのストレスを抱えるWorkahoric(仕事中毒の人)に向く。

身体:食べ過ぎ・二日酔い・乗り物酔い・タバコの吸いすぎ・コーヒーの飲みすぎ・睡眠不足による不調など、度を越えた行いにより生じる症状に。頭痛・消化不良・吐き気・胸焼け・出そうで出ない便秘・痔・生理不順・つわりにもよい。

悪化:早朝・冷たい外気・コーヒー・酒

好転:排泄すること・湿気

|

2006年10月16日 (月)

◆Mag-phos.マグフォス◆Mercuriusマーキュリー

Mag-phos.マグフォスは、後日説明するPhosphorusフォスフォラス/燐とMagnesiumマグネシウム/マグネシウムの化合物、燐酸マグネシウムです。痙攣するような激しい痛みを和らげる優れたレメディーです。ホメオパシー版アスピリンと考えるとわかりやすいでしょうか。痛みは突然現れ、鋭くズキズキとし、患部を温めたり擦ると楽になります。これを覚えておくだけで、急な腹痛や歯痛・頭痛・神経痛などのファーストエイドとして役立つと思います。痛みのある間は思慮深く考える余裕がないものです。取り急ぎMag-phos.マグフォスを摂って、あまり改善がみられない場合は再度レメディーを検討しましょう。

Mercuriusマーキュリーは、上記の軽金属で生体に有用なマグネシウムとは異なり、毒性の強い重金属、水銀です。ご存知の通り、水俣病はこの塩化メチル水銀が原因となった病で、症状は歩行失調や言語障害・震え・視野が狭くなり、末期には錯乱状態なるといわれています。一方この水銀の毒は医薬品としても使用されていました。私が小学生の頃、怪我をすると保健室で塗られた消毒薬の赤チンは、赤い色素に水銀を結合させたものです。もちろん赤チンは現在使用禁止となっています。ホメオパシーで使用するレメディーは、しばしばこのような毒性の強い物質から作られますが、これは『同種の法則』(詳しくは2006年3月13日「ホメオパシーとは・・・」と3月14日「同種療法はどのように発見されたのか?」をお読みください)により、症状を起こさせる水銀は、水銀を取った時のような症状を取り去るものになるからです。もちろん『超微量の法則』(詳しくは2006年3月15日「超微量の法則」をお読みください)に則り、高度に希釈震盪することで水銀の1分子も検出できないほど薄めてありますから、毒性や副作用は全くありません。またMercuriusマーキュリーは水銀中毒のためだけのレメディーではありません。身体的には、口腔内のトラブル(口内炎・歯茎や喉の炎症など)や多くのアレルギー、精神としては水銀の持つ金属なのに液体状という物質的性質を反映して、不安定で捉え所がない人、本心を言わない、多くの不満を持った保守的なタイプに合います。

◆Mag-phos.マグフォス/燐酸マグネシウム

激しい痙攣性の痛み・腹痛/耳炎/歯痛・こむらがえり

精神:痛みに弱く、神経質で繊細。人間関係やこの国がいつも平和であることを願いつつ、現実がそうでないことに悩む。平和な日常のために、いい人でいようとするため、怒りを心の奥底に閉じ込め、その結果イライラしやすく、いつもどこかが痛むと訴える人。

身体:神経や筋肉、腹部などの激しく鋭い痙攣性の痛み。筋肉のこわばりやこむらがえり・成長痛、突然広がり突然消える神経痛・頭痛・耳炎・腹痛・月経痛などで、どちらかというと右側または痛みがあちこちに移動する場合によい。

悪化:冷気・夜・疲労・触られること

好転:暖かさ・熱い風呂・体を二つに折り曲げて圧迫すること

◆Mercuriusマーキュリー/水銀

口腔内のトラブル・金属の味と口臭・黄色い悪臭の分泌物

精神:頭の回転が速く、常に急いでいるが行動は遅い。情報を操り、都合よく解釈し、立場が悪くなると言い訳や嘘を平気でつく人。「他人は全て敵」との考えを持ち、極端に閉鎖的。変化に対して柔軟に対応できず、苛立ちやすいタイプで、早熟な子供やキレやすい傾向の人に向く。

身体:暑さにも寒さにも敏感に反応する水銀温度計のような人で、大量の汗をかく。口内炎・歯茎炎・喉の炎症などで口臭が強く、金属の味や血が混じる黄色の分泌物を出す。他に、鼻炎・風邪・耳炎・悪臭の下痢・頭痛に適合。水ぼうそうやおたふくかぜにもよい。

悪化:夜・発汗・気温の変化・隙間風

好転:穏やかな気温・休息

※多くのアレルギー、たとえば食物や金属に対する症状にもよいレメディーですが、アレルギーは複合的な要因によって引き起こされており、また過去の問題が未解決であることも考えられます。慢性病の治療に、応急キットだけで対応することはできません。是非、ホメオパスに相談することをお勧めします。

|

2006年9月15日 (金)

◆Ledumリーダム◆Lycopodiumライコポディアム

Ledumリーダムは使用頻度こそ高くありませんが、大変実用的なレメディーです。お尻に打った注射痕が硬いしこりになっているという知人に、このLedumリーダムを出したところすぐに効果がありました。精神的にいじけたところがあるので、外から加えられた危害(注射・殴打・動物の噛み傷など)が細胞レベルで許せないため、すねて治ろうとせず、紫や青黒いアザとなります。Lycopodiumライコポディアムは前述のArg-nitアージニットに似て、心配性で自信欠如がみられます。また腹部がゴロゴロ鳴る胃腸障害もよく似ています。しかしArg-nitアージニットは、不安(それが単なる空想でも)から症状を起こし、慌てふためいてパニック状態になります。症状の多くは左側に現れ(Lycopodiumライコポディアムは右側)、共に甘い物好きですが、Arg-nitアージニットは甘い物で症状が悪化し、Lycopodiumライコポディアムは悪化しません。選択に迷ったら、上記のことを思い出してください。

◆Ledumリーダム/野生ローズマリー

打撲による青黒いアザ・刺し傷・噛み傷

精神:他人への恐怖心があり、人嫌い。痛みで気難しく、体が冷たいのに外部の熱に耐えられない人。

身体:刺し傷や打撲に有効で、Hypericumハイペリカムと似ているが、Ledumリーダムは黒や紫色のアザが特徴。目の周りのアザ・注射によるアザやしこり・虫刺され・動物の噛み傷のほか、冷やすことで痛みが和らぐリウマチや痛風にもよい。

悪化:暖かさ・夜・動作・強いアルコール

好転:冷たい物・休息

◆Lycopodiumライコポディアム/苔杉

自信の欠如・消化器/肝臓/腎臓の問題・夜尿症

精神:人前での講演や発表会前に不安に陥り、消化器系の不調を訴えるインテリタイプ。自分の力を信じることが出来ず、それを露呈したくない。権力に弱く、地位を欲するため努力もするが、手に入れると傲慢になりやすい。内弁慶。

身体:ガスが溜まりやすく、腹部の膨満感やゴロゴロ鳴る鼓腸に有効。症状はガスを発生させる食物(パン・キャベツ・豆類など)で悪化し、胸焼けやゲップが上がる。下痢や胃腸障害以外にも頻尿・夜尿症・尿に沈殿物がある場合などの泌尿器問題や乾燥する皮膚疾患にもよい。

悪化:衣服の圧迫・熱気・人前や責任・16~20時

好転:温かい飲物・ゲップ・排尿

|

2006年8月18日 (金)

◆Kali-bickケーライビック◆Lachesisラカシス

Kali-bickケーライビックは保守的で了見が狭く、自分のことばかり考えている人です。責任感や義務感が強く、頼りになる反面、「こうあるべき」との考えに固執するあまり独断的になりがちです。他人との交流に関心がなく、家族といることを好む一方、家族を支配したがるため疎まれるお父さんに合います。頑固で融通が利かない、子供にクドクドお説教してしまう、ビール好き、副鼻腔炎(蓄膿症)を繰り返す・・・これらが思い当たる人にピッタリのレメディーです。

以前、私も副鼻腔炎を患ったことがあるのですが、膿んだような黄緑色の粘着質の鼻水がこれでもか!というほど出ました。また、こめかみや眉間、小鼻の両脇の小さな範囲の重い痛みを経験しましたが、これはKali-bickケーライビック独特の痛みといえます。このような症状のときに、是非思い出してください。

Kali-bickケーライビックがお父さんなら、Lachesisラカシスはお母さんでしょうか(もちろん、どちらも男女に使えます)。自分(お母さん)に都合のよい聞き分けのいい子を、他の兄弟よりひいきしてしまうことはありませんか?自分の子供なのに、兄弟で好き嫌いがありませんか?これらは兄弟間で嫉妬心を芽生えさせることになります。また、自分が子供の頃に我慢できたことが、なぜこの子には我慢ができないのかと悩んだり、他の子と比べたりしてしまうことはありませんか?差別・比較・羨望の感情が沸き起こったら、、Lachesisラカシスが必要です。但し上記のように、お母さんが子供に嫉妬する(自分の幼少期に満たされなかったインナーチャイルドが自分の子供に嫉妬している)ような時は、1人で解決するのは困難でしょう。子供は、見たくない自分自身を映す鏡のような存在です。ゆえに、時として腹立たしく感じることもあるでしょう。しかし子供から気づきを与えられることは、子育て中によくあることであり、これは実にありがたいことです。自身のインナーチャイルドと決別するよい機会だと考え、是非ホメオパスにご相談ください。※インナーチャイルドとは内なる子供、つまり子供時代の心の傷やトラウマが癒えないまま潜在意識に留まり、現在の自分の考えや行動に深く影響を及ぼすことです。

◆Kali-bickケーライビック/重クロム酸カリウム

黄緑色のネバネバした鼻水・偏頭痛・首や背中の凝り

精神:規則正しく、几帳面で習慣を崩さないタイプ。有言実行の人なので管理職に向く。行き過ぎると支配的になることもある。

身体:風邪をひきやすく、風邪の後に黄緑色の鼻水が出るときに有効。鼻以外にも、喉や胃の炎症によい。また鼻の炎症による偏頭痛・喉に毛がある感覚・空咳・咽頭や扁桃痛・痛みが移動する関節痛・セメントや新建材の害にも使われる。

悪化:湿気のある寒さ・朝

好転:熱・動作

◆Lachesisラカシス/南米の毒蛇ブッシュマスター

左側の症状・月経/更年期障害・嫉妬

精神:勤勉で上昇志向が強く、頭の回転が速い。反面、疑い深く、毒舌、復讐心が強くなることあり。極端に走ったり、熱狂的になる傾向があり、占いや宗教を信じやすいタイプ。きつい服(特に首)を嫌う。

身体:月経前症候群による情緒不安定や更年期の動悸・高血圧・偏頭痛・ほてり・躁鬱症に効果的。循環器系の問題があり、特に左側、生理中に症状が楽になる人に向く。左の喉の痛み・鼻血にもよい。

悪化:起床後・暑さ・更年期・アルコール

好転:外気・冷たい飲物・生理中

|

2006年7月29日 (土)

◆Ignatiaイグネシア◆Ipecacイペカック

Ignatiaイグネシアは失恋の代表的なレメディーですが、その本質は「世の中には手に入らぬものがあることを知ること」です。手に入らぬものへの執着は心に矛盾や葛藤を生みます。手に入らぬものがあるという現実を受け入れ、苦しみを乗り越えることで人は成長します。案外、手に入らないものは必要のないものなのかもしれません。お茶のCMではありませんが、「苦い濃い(恋)より、甘い濃い(恋)」。辛い恋は忘れて、次いきましょう!

Ignatiaイグネシアは別離の苦しみにもよいレメディーです。離婚や死別は大きな苦しみですが、「手放さねばならないものがある」ということも知らねばならないのが人生です。思い描いた理想とは違っても、私たちは歩み続けなければなりません。「なんと人生とは過酷なものなんだ!」と嘆くなかれ。それを取り去るために、自然の中にはレメディーとなる物質が数多く用意されているのですから。

◆Ignatiaイグネシア/イグネチア豆

突然の深い悲しみ・ヒステリー・顎関節症

精神:失恋、離婚、死別などに直面し、深い悲しみから感情のコントロールができなくなっている人。泣きながら笑ったり、急にヒステリックになったり、感情がコロコロと変化する時にも。感受性が豊かでロマンチストだが、慰めらると心にもない言動をする人に向く。

身体:悲観や失望などの心的ストレスから頭痛や痙攣(顔面の引きつりなど)・不眠・拒食や過食傾向・物が喉につかえるなどによい。生理前のイライラや生理痛にも有効。

悪化:突然の不幸・慰め・タバコ

好転:大量の排尿・痛む側を下に横たわる

◆Ipecacイペカック/吐根

激しい吐き気・空咳・真っ赤な出血

精神:疲れのため機嫌が悪く、何をしてあげても満足しない人。顔は青白く、うんざりした表情。他人に近づいて欲しくないと考える。

身体:吐いても吐き気がおさまらない、喉が締め付けられるような強烈な吐き気に適応。嘔吐を伴う下痢・風邪・頭痛・鼻血によい。特に呼吸が苦しくなるほど咳がでて、最後には吐いてしまう時に有効。他に、つわり・出血の多い月経・生理痛にも。唾液分泌が多いことと、舌がキレイなことが特徴。

悪化:湿気のある暖かさ・食べ過ぎ・脂っこい食物

好転:外気

|

2006年7月13日 (木)

◆Hep-sulphヘパソーファー◆Hypericumハイペリカム

Hep-sulphヘパソーファーは化膿に対して有効なレメディーです。膿を作りやすい体質に人は、精神的に憎しみの感情が強く、怒りっぽく、極端な破壊衝動があるといわれています。私も思春期に化膿するニキビに悩まされていました。今考えると、イライラと怒りっぽく、考えの浅い衝動的な部分がありました。あの持て余した負のエネルギーを集めてプラスに転じさせ、何か社会的貢献とは言わないまでも、自己の成長に役立てられればよかったなー、などと今更ながら思います。

憎しみや怒りの感情は何も生み生み出しません。このような負の感情に囚われた時の言動は、冷静なときとは違い、後悔をすることになりかねません。レメディーは、囚われてしまう前に、負の感情を流す助けとなるでしょう。Hep-sulphヘパソーファー以外にも、36基本(ベーシック)キットの中には、Chamomillaカモミラ(痛みにより不平不満が多い時や子供のかんしゃくに)、Lachesisラカシス(ホルモンバランスの変化から感情抑制ができず嫉妬深くなる時に)、Nux-vomicaナックスボミカ(他人のミスに厳しく物事がスムーズに進まない時や音・匂いなどにイライラする時に)、Sulphurソーファー(自己中心的で傲慢、他人への思いやりがなくなる時に)、Staphysagriaスタッフサグリア(普段抑圧した怒りが爆発した時に)などがあります。状態にあわせて試してみてください。

◆Hep-sulphヘパソーファー/硫化カルシウム

化膿・神経過敏・寒がり

精神:人間嫌いで触られることを嫌がり、音や寒さに耐えられない。冷気・隙間風にさえ過敏なように、些細な他人の言動に怒りを感じるタイプ。時に口汚く、暴力的になったり、火をつけたいという衝動に駆られる。

身体:蚊に刺されただけで化膿する人だけでなく、一般にニキビ・肌荒れ・あかぎれ・黄色い膿の出る発疹・ものもらいなどに有効。チーズのような分泌物が出る鼻炎・耳炎・歯茎の腫れ・喉の腫れや腺(首・脇の下)の腫れにも用いられる。物が飲み込めないほど痛む時にも。

悪化:冷たさ(外気・冬・隙間風)・接触

好転:熱いもの・湿気のある気候

◆Hypericumハイペリカム/オトギリ草

神経に達する怪我・刺し傷・破傷風予防

精神:難産で生まれた人、事故・怪我をしやすい人、事故・怪我以来の誤字脱字、憂鬱な気分の人。身体のトラウマにより、生命力の半分しか活かせず、性格すら変わってしまった人。

身体:手足の指・目・頭・尾骨など神経が集中する敏感なところの怪我。ドアに指を挟む・爪がはがれる・突き指・くぎやトゲが刺さる・尾骨や頭部の殴打・手術・抜歯などにArnicaアーニカといっしょに摂る。他に神経痛・腰痛・動物による噛み傷や野外でも怪我にも破傷風予防として用いる。

悪化:振動・冷気・霧

好転:静かに横たわる

|