2018年1月25日 (木)

リミッターを外せ!

長らくホメオパスをやっていると経験値がたまります。
このくらいの症状だと、これくらいの時間は必要だろうな、
同じ症状の方が起こした好転反応は免れないだろうな、

という経験に基づく私なりの経過予想。
もちろんクライアントさん一人一人が違う体、違う精神、違う生活環境にあるため、まったく同じ経過を辿るわけではありません。
ホメオパシー療法が初めての方は、さまざまな療法を試すもよくならず、やっとたどり着いた療法であることが多いです。
そのためホメオパシーに対する期待が高く、まるで魔法か、ミラクルのようにお考えの方がたまにいらっしゃいます。
そのような方に、鎮痛剤をとるような即効性を期待されても、お応えすることができない可能性があります。
もちろん急性症状にレメディーがヒットすれば、驚くような即効性を発揮したケースもあります。
しかしできる限り正確に、真摯にこの療法を説明しようとすると、薬剤で痛みをブロックして感じなくなるよう対処するのではなく、痛みの原因を追究し、根本改善に導く療法のため、『時間がかかる療法である』とついつい言ってしまっていました。
実はこの時間がかかった、好転反応があった、という経験が、ホメオパスにある種の限界を感じさせていたことに気づきました。
短期間での改善は稀であり、好転反応なしに改善はないという思い込みが、越えられない壁のように存在していることに気づかずにいました。
またこの病は難しいという思い込みや、経験がない症状に対する壁も存在しました。

私は医療者・治療者でも、セラピストでもありません。
なのになぜ限界を感じる必要があるのでしょう。
これまで通り真摯に、謙虚に、しかしリミッターは外していきたいと考えています。

|

2018年1月23日 (火)

こみ☆まぐ(子どもの未来を守るグループ)決起集会

1
都内は一面の雪景色、こんな日は鍋に限りますね~。
写真は先日行われたホメオパス新年会でいただいた、溶岩で作られた土鍋でつくるあさり鍋。
体の芯から温まりました。

Photo
さて、昨日は私も参加する新医学研究会主催の「こみ☆まぐ」決起集会が行われました。
子どもたちのために、どんな未来を残せるのか。
それは私たち大人の決断と行動にかかっています。
人生100年時代といわれますが、子どもたちに負の遺産を残すことがないよう、100年先まで見据えた考えを持たねばなりません。
ネイティブ・アメリカンの人々は7代子孫のことまで考えるといわれているので、100年位じゃ短すぎますね(笑)。

登壇された船瀬俊介氏からは、「新キッズ宣言」として、10の提言がありました。

1)「通信簿」をなくしてください。

――「共通一次試験」もやめてください。

 

2)学校で鉛筆を削らせてください。

――手先の器用さは、刃物を扱うことから培われます。

 

3)音楽で童謡を歌わせてください。

――伝統唱歌は、瑞々しく美しい日本語の宝庫です。

 

4)国語で落語を聴かせてください。

――会話コミュニケーション能力を高めます。

 

5)名作映画の感動を子どもたちへ!

――例えば日本の文化遺産『七人の侍』等必見。

 

6)英語は耳から学ばせてください。

――わざと日本は世界一英語下手にされてきた。

 

7)給食の牛乳・パンを止めてください。

――豆乳、味噌汁、玄米、菜食、和食にシフト。

 

8)クニによる教科書押付けはやめてください。

――独創力、発表力、行動力を培い、挑戦精神を養う。

 

9)好きな事に徹底させ、能力を伸ばさせてください。

――好きな勉強、絵画、楽器、創作、遊びに熱中させる。

 

10)健康力を高める食育、体育、養生法を実践。

――ヨガ、呼吸法、筋トレ、ファスティング、乾布まさつ等。

また我らが豊受クリニックの内科・小児科医である高野弘之先生からは、薬に頼り過ぎる生活を改善するための知恵についてのお話しがあり、お子さん連れの方々が大きくうなずく場面が見られました。

私もお世話になっている、免疫栄養研究家・高沼道子先生からは、遺伝子組み換え食品の危険性と食の重要性が語られました。
高沼先生は、10代でアトピー性皮膚炎を発症し、その後拒食症、過食症、糖尿病、乳がんに罹り、術後も治療で服用した薬の副作用に苦しみ、米国でゲルソン療法の病院に入院した経験をお持ちです。
以降、毎年のように欧米の代替医療機関などを訪ねて、代替療法の実践的研究を深めていらっしゃいます。
昨日は、御茶ノ水クリニック院長・国際自然医学会会長の森下敬一先生との共著「なぜ、アロエベラで育った子どもは奇跡を起こすのか?」とアロエベラジュースをプレゼントしていただきました。
現在は、病を乗り越え、休む暇なく、驚くほど元気に活躍されている姿を毎月拝見しています。
これからも代替医療の素晴らしさを広めていただきたいと思います。

次回「こみ☆まぐ」の講演会は、高野医師による「(仮)クスリが子どもをダメにする」が、3/26(月)日本橋にて開催されます。
今回はなかった授乳室完備です。
どうぞお楽しみに!!

|

2017年12月20日 (水)

パンデミック映画「コンテイジョン」(ネタバレあり)

昔は映画女子でしたが、子育てに追われるようになってからは映画館離れ、更にレンタルビデオの返却も面倒に感じるようになったため、長らく映画鑑賞の趣味が失われていました。
しかし最近は、アマゾンプライムやネットフィリックスなどで、映画や海外ドラマが観放題!という素晴らしいシステムにより、趣味が復活しました。

最近はドキュメンタリーを観ることが多かったのですが、先日は、まるでドキュメンタリーのような映画「コンテイジョン」を観ました。
致死率の高い新型感染症によるパニック映画なのですが、キャストが豪華。
マット・デイモン、マリオン・コティヤール、ローレンス・フィッシュバーン、シュード・ロウ、グウィネス・パルトロー、ケイト・ウィンスレット、監督は「オーシャンズ11」のスティーブン・ソダーバーグ。
期待しちゃいますよねー。

しかし残念ながら、マット・デイモンがジェイソン・ボーンやローレンス・フィッシュバーンがモーフィアスばりの活躍をすることもなく、パンデミックが起こったらこうなるだろうな~という想定の範囲内のお話しな上、感染源がコウモリ→豚→香港の料理長という普通の流れに、ワクチンが開発されてパニックが終息するという何の起伏もありませんでした。

ただ1点だけ、気に入ったのは、特効薬もワクチンも開発されていない状況で、政府が現状を報道する際、「有効な手立てとして、ホメオパシー療法も検討している」というセリフがある点。
現在、ホメオパシー療法による感染症予防を取り入れる国もあります。
是非、パンデミックが起こる前に、ホメオパシー予防が有効であるかどうかの研究をしていただきたいと思います。

|

2017年10月30日 (月)

小児科医・たぬき先生死去

雑誌「ちいさい・おおきい・よわい・つよい」などの編集代表も務められた、小児科医の毛利子来(もうり たねき)先生が26日、慢性心不全のため87歳で死去されました。

「基準」や「平均」にとらわれた画一的な育児に一石を投じ、型にはめない自由な子育てを提唱した先生の著書に元気づけられたことを思い出しました。
これまでの医療に依存し、予防接種をすすめられるままに受けるのではなく、問題意識を持って予防法や治療法を自ら選択するという考え方を確立できたのは、先生の存在も大きく影響したと思います。

私が卒業したホメオパシー学校でも講演され、その際もご自身の主張を曲げずに、正しいと思われることを率直におっしゃる姿がとてもカッコよかったです。
新米ママさんの悩みに、もっともっと答えていただきたかったですが、先生のご遺志はきっと多くのママさんたちに遺され、今後も伝えられていくのだと思います。
どうぞ、ゆっくり休まれてください。

|

2017年10月20日 (金)

醗酵バターにだまされた!

都内に出かけた際、店先に大きなポスターを貼りだしたパン屋さんがありました。
そこには「発酵バターの塩パン」の文字とともに、なんとも美味しそうなパンの香りが漂っており、ついフラフラと誘われて店内へ。
最近は小麦の摂取を控えようと思い、パンを焼かなくなったのですが、ちょうど空腹だったこともあり、雑穀の発酵バター塩パンを購入。
店を出る際、ポスターの前を再度通ると、「発酵バターの塩パン」の大きな文字の下に、小さな文字で、「発酵バター入りマーガリンがたっぷり」と書いてありました。

発酵バターだけじゃない、それどころかアメリカでは2年前に全面禁止になったあのトランス脂肪酸(マーガリン)、狂った油とも呼ばれるあのトランス脂肪酸、動脈硬化、心臓疾患、ガン、認知症、不妊、アレルギーなどの悪影響が懸念されているあのトランス脂肪酸がたっぷりだなんて・・・
WHO(世界保健機関)の報告によると、トランス脂肪酸が悪玉コレステロールを増やし、心臓突然死のリスクを高めると指摘しているにもかかわらず、日本では規制どころか表示義務すらないのです。

ならばマーガリンがたっぷりと表記しているこのパン屋さんは、良心的といえるのかな??

|

2017年10月16日 (月)

シルク製のおやすみふんどし

女性用ふんどし「フンディフンディ(ひもタイプ)」肌側シルク(ふんどしパンツふんどしショーツレディース日本製)

以前にもご紹介したふんどしですが、ふんどしといっても長い布が垂れ下がった越中ふんどしではなく、もっこふんどしと呼ばれる形のものです。
想像よりもずっとおしゃれなデザインですよね。
柄もリバティー調のかわいい花柄プリント(写真はイエロー、他にパープルあり)です。

おしゃれでかわいいだけでなく、カラダによいことが満載です。
天然素材100%の肌触りのよさ、通気性が高いのでムレによる肌トラブルなし、ウエスト・鼠けい部にゴム不使用で締め付けがなくストレスフリーです。
肌側のシルクと表側コットン100%の二重仕立てで、冷えとりをされる方にもお勧めです。

数年前からふんどしを愛用していますが、初めての方はまずは就寝時から始めると抵抗が少ないと思います。
日中は紐のリボン結びが面倒という方もいらっしゃるでしょう。
現在は、楽天ショップの「女性のココロとカラダの研究所。cocokara」で購入可能です。
ご興味のある方はぜひ、お立ち寄りください。


|

2017年10月10日 (火)

視覚の問題・光の点が落下する

友人のホメオパスから視覚の問題で問い合わせがありました。
もともとあった飛蚊症が悪化し、突然光の点が上から下にすごい勢いで落ちるのが視覚の端に見えるとのこと。
そんなレメディーがあるのかしら、と探したところ、「キラキラ輝く点が落下する」との一文をマテリア・メディカに見つけました!!
取り急ぎ、2つのレメディーをコンビネーションでとるように連絡しました。

過度のストレスと疲れもあったようで、その状態にも対応するレメディーなので、これでよくなってくれればと思います。
ホメオパスだって体調不良や加齢による症状、精神的問題を抱えることがあります。
そんな時に頼りにしてもらえることは、ホメオパス冥利に尽きます。

寒暖差の激しいこの数日、最近流行りの睡眠負債などが重なると、思わぬ症状を引き起こします。
日頃からできるだけストレスや睡眠不足、運動不足に気を配りながら、季節の変わり目を乗り切りましょう!!

|

2017年9月19日 (火)

ネパールでもホメオパシー!

「OKバジ」の画像検索結果

1993年から20年以上もの間、単身ネパールに移り住み、支援活動をされているバジさん(垣見一雅氏/バジはネパール語でおじいちゃんの意味)が、雨季の時期に日本に戻り、支援状況の報告会を埼玉で行うと聞き、会いに伺いました。
バジさんの著書を読み、医療に関する素朴な疑問を質問したかったのです。
またインドと隣接するネパールでのホメオパシー療法の現状についても伺いたいと考えていました。

柔和なお顔と、優しい語り口、しかし時に支援を一度きりのものとせず、就労につなげる努力を語られる時の厳しい表情も、すべてが肉親のおじいちゃんのような温かさに溢れていました。

ホメオパシーについてもご存じで、ポピュラーとは言えないまでも、使う方がいるとのお話しでした。
現代医学の薬剤より安価で、扱いやすく、副作用もないことを考えると、もっと広く知られればよいのにと思わずにはいられませんでした。
しかしバジさん自身もあまり詳しくはご存じないようで、
「ホメオパシーは中国の古い療法ですね」
と言われた時は、よしもと新喜劇さながら、前のめりにコケました(笑)。

日本の自宅も売り払い、ネパールの村人が作ってくれた家に住むバジさんは、すっかりネパールの方のように見受けられました。
いつまでも日本とネパールの架け橋として、お元気で活躍されることを願っています。

|

2017年8月15日 (火)

大好評!ふんどしショーツ

63_ラベンダー92_クリーム

先日行われたオーガニックライフスタイルEXPOでも好評だった女性用ふんどし「おやすみふんどし」が、通販サイト・ハルメクさんから販売開始されました。

下着による過度な締めつけは、血流を悪化させ、冷えにつながる」
「中でも足の付け根部分は、太いリンパと血管が通る『カラダの交差点』。日中はガードルや補正下着をはかざるをえないこともありますが、就寝中だけでもカラダを締めつけない習慣を取り入れてください」
と、女性専門外来「私のクリニック目白」の平田雅子院長もおっしゃっています。

おやすみショーツは、ふんどしから着想し、脚口にゴムを使用せず、締めつけゼロで、鼠蹊部へのストレスがありません。
ハルメクさんの商品は、ウエストが紐仕様ではなく、最小限のゴム使用となっていて、初めてふんどしにトライする方や高齢者の方にも脱ぎはきがラクです。
全体が伸びる素材であっても、カラダを圧迫する感覚が嫌で、つかず離れずのはき心地が、個人的には大変気に入っています。

また肌にやさしいコットン100%で、使い込むほどにやわらかな風合いに育ち、肌になじみます。
価格もお手頃で、2枚セット購入なら更にお得になります。

ご興味のある方は通販サイトのハルメク「脚口を締めつけない・おやすみショーツ」から購入できます!

|

2017年7月23日 (日)

落語の力

本日は、立川らく朝師匠の独演会にお邪魔しました。

らく朝師匠は46歳で医師から落語家に転身した方で、古典落語のほか、健康落語を得意としています。
会終了後の打ち上げにお誘いを受けたので、その際に、なぜ医師の仕事を捨てて、弟子入りしたのかを質問してみました。

すると、やりたいことが出来る最後の年齢だと感じ、思い切って飛び込んだそうです。
もともと学生時代から落研に所属し、落語好きだったそうですが、大変大きな決断だったと思います。

その同じ席に、立川談四楼師匠のお弟子さんで、前座の立川だん子さんもいらっしゃいました。
だん子さんも以前は一流メーカーにお勤めだったので、同じ質問をしてみました。
すると、ご親族の介護をお母様としていた時に、排尿などのコントロールができない状態が、3か月間、落語を聞かせただけでトイレに行かれるようになったという話をしてくださいました。
落語が人に与えるのは笑いだけではなく、脳を活性化したり、生活のクオリティーを上げることができると実感し、人を笑顔に、健康にできる落語家という仕事に転職したといいます。

笑いがいかに人生に必要なもので、どれほど免疫を活性化したりするのかについては、ノーマン・カズンズの「笑いと治癒力」などで知ってはいました。
しかし実際にたった3か月、落語を聞かせることが、肉体にこのような変化をもたらすとは驚きです。

このところ忙しさから、眉間にしわを寄せていることが多かったので、日常に笑いが足りていないと感じていました。
これからは定期的におふたりの応援団として落語会に伺わせていただき、日々足りていない笑いを補充しようと思います。

みなさん、笑いは足りていますか?

|

より以前の記事一覧