2018年9月10日 (月)

本日、高橋一生さんご来店♪

Image

埼玉県東川口で行っているホメオパシー健康相談ですが、あらたに練馬区の上石神井駅から3分にある「ユメミライカフェ」さんでも行うことになりました。

こちらはオーガニックや無農薬野菜にこだわったカフェで、メニュー開発のお手伝いもさせていただいています。

お勧めランチは、酵素玄米のデリプレート!

現在、新しい100%植物性オーガニックのスイーツを試作しています。
白砂糖、乳製品、卵も不使用ですので、どうぞお楽しみに!

そんなユメミライカフェさんに、本日は旬の俳優である、高橋一生さんがご来店!
「カルテット」の印象が強烈で、とても素敵な俳優さんですが、やはりオーラが半端なかったです。
いただいたサイン色紙は、これから店内に飾る予定です。

今後とも、東川口センター同様、上石神井センターもよろしくお願いいたします!!

|

2018年9月 6日 (木)

「かみさまとのやくそく」上映&酵素玄米オーガニックランチの会

「かみさまとのやくそく」の画像検索結果
話題の映画「かみさまとのやくそく」の上映と酵素玄米オーガニックランチの会(デザートプレート付き)を、9/29(土)、上石神井の「ユメミライカフェ」にて開催します!
すでに午後の部は完売となりましたが、午前の部(11:00~ランチ/12:30~上映会)はお席がご用意できます。
この映画を観て、私が母を選び、息子も私を選んで生まれてきたのかと思うと、ふたりへの心からの感謝の気持ちで涙が止まりませんでした。
なぜ生まれ、何をするべきなのかと悩んでいる方、子育てが上手くいかない、しんどいと感じているお母さんに是非観ていただきたいと思います。
この映画によって、子どもや親に対する虐待などが減るのではないかと希望を感じています。
ご希望の方は、ユメミライカフェ(☎03-6279-7545)まで!

思い出してください、人生はあなたが描いた冒険物語だということを。


16万部突破!
「かみさまは小学5年生」(サンマーク出版)の羽生すみれさん出演。
すみれさんが語る「生まれる前の世界」、そして「ほんとうの幸せ」とは?

胎内記憶研究の第一人者である、池川明医学博士や過去生記憶研究に詳しい大門正幸 中部大学教授を はじめとする複数の専門家や、胎内記憶を持つ子どもたちへの、ていねいな取材を 積み重ねて作られた、ドキュメンタリー映画です。
あなたが主人公の映画です。
答えはあなたの中にあるのです。
「かみさまとのやくそく」には、あなたご自身の輝きを見つけるためのヒントが満載です。
「かみさまとのやくそく」をご覧になって、他の誰も持っていない、あなただけの歓喜と輝きの扉を開けてください。

《解説》
胎内記憶をテーマにしたドキュメンタリー映画です。
胎内記憶とは お母さんのお腹の中にいたとき の記憶や、その前の記憶のこと。 2~4才の子どもたちが話すと言われています。
胎内記憶を考えることで、私たちの人生の目的が見えてきます。
この映画には 音楽もナレーションもありません。
胎内記憶研究の第一人者、池川明医師。
生まれ変わり研究の世界的権威、中部大学の大門正幸教授。
幼児教育の専門家である飛谷ユミ子さん、かがみ知加子さん。
胎内記憶の聞き取り調査や前世記憶研究において、子どもと向き合うスペシャリストたちの現場をカメラは丁寧に見つめていきます。

【胎内記憶(intrauterine memory)】
2~3歳の子どもに聞くと、胎内のことや出産時のことを語ることがあり、これを胎内記憶と呼ぶ。胎内記憶を研究している池川明医師によると、精子だった記憶や、前世記憶、中間生記憶(受精する前の記憶)を語る場合もあるという。~「現代用語の基礎知識2013」(自由国民社)~より

監督メッセージ
すべての人に思い出してほしいのです。あなたは皆に愛され、祝福されて生まれてきたのだということを。そして、あなたにしか経験できないことを通して、あなた自身が輝く冒険物語を味わうために、わたしたちは生まれてきたのだということを。赤ちゃんたち、こどもたちの声に耳を傾けると、幸せへの近道が見えてきます。自分はひとりぼっちだと思っているあなたの中にも、実は純真な子どもが住んでいます。だからあなたにも心躍らせて映画の中の子どもたちと共鳴してほしいのです。子どもたちのように自分を好きになって、ずっと幸せであり続けるために。
荻久保則男(監督)

日時 : 2018年9月29日(土)
     11:00~ランチ/12:30~上映会(終了14:00)
会場 : ユメミライカフェ
     西武新宿線 上石神井駅南口より徒歩3分
     練馬区上石神井1-1-13
チケット:3500円(映画鑑賞・ランチ・ワンドリンク・デザートプレート付き)
     ※秘密のお土産もあります♪
     ※ご予約いただいたチケットの払い戻しはできかねます
お申込み先:☎03-6279-7545 

|

2018年7月 6日 (金)

薬を使わない薬剤師さん

Photo

写真は、薬を使わないことで有名な薬剤師・宇田川久美子先生です。
「こどもの未来を守るグループ」や「統合医学健康増進会」などでご一緒させていただいており、この日は「薬の真実」という動画撮影に立ち合いました。
こういう薬剤師さんが町に1人はいていただきたいですねー。

撮影時、キリンの血圧がなぜ高いのか、というお話しがありました。
キリンの身長は5mほどあり、地上から3mの位置にある心臓は、さらに2m上部にある脳に大量の血液を押し上げるために、高い血圧が必要とのこと。
血圧が高いということには理由があり、それを無理に下げれば、脳に十分な血液がいかないため、痴呆のような症状がでるとのことでした。
降圧剤を安易に使うことには、弊害があることも知らねばなりませんね。

キリンが長身で高血圧なのは当たり前!とのご意見もあるでしょう。
確かに、キリンの血圧が260、象は240、牛は160、人間が120です。
しかしキリンより身長の低い七面鳥は300以上、そして人より小さい猫が170なのです。
鳥類は、羽を動かすためか、血圧が高い傾向があるようですが、残念ながら七面鳥の高血圧の理由は解明されていないそうです。

そもそも同じ種というだけでひとくくりにするのではなく、それぞれが違うカラダを持っているので、個々にベストな血圧があってしかるべきだと思います。
高いから下げる、低いから上げるという方法だけでなく、ホメオパシーのように、バランスの崩れに気づきを与えることで中庸に戻すという方法もあると知っていただけたら嬉しいです。

|

2018年6月30日 (土)

講演会「健やかな成長のために知っておきたいこと」

NPO法人統合医学健康増進会が主催する講演会「健やかな成長のために知っておきたいこと」のお知らせです。
未来を担う子供たちの健康を願って、胎内記憶で知られる池川明先生や代替医療やガン治療で知られる白川太郎先生、薬を使わない薬剤師の宇田川久美子先生が登壇されます。

お母さんと子どもの心の繋がり、そして栄養と健やかな成長について、家族の食事を任されることの多いお母さんに知っていただくことから、家族全員の健康増進に繋がってもらえるような内容となっています。
お母さんだけでなく、お父さん、おばあちゃん、ご近所のご友人をお誘いあわせの上、ぜひ足をお運びください!

「健やかな成長のために知っておきたいこと」

講演①
池川クリニック 院長
池川 明(いけがわ あきら)先生
「子供の病気について」
 胎内記憶、子供と母親の関係性や愛情ほか
講演②
ナチュラルアート クリニック 院長
御川 安仁(みかわ やすひと)先生
「子供の健康はお母さんの栄養状態で決まる」
  ー 栄養バランスとデトックスの必要性 ー
 栄養バランスで頭が良くなる!?など
講演③
アカサカフロイデクリニック 院長
白川太郎先生
  健康増進と子供をテーマに短めの講演を予定しています。
講演の間にリフレッシュとなるエクササイズを教えていただきます。
ベジタサイズ&ハッピーウォーク
国際感食協会 代表理事
宇多川久美子先生(薬剤士・栄養学博士)
7/8 公開講演会のタイムスケジュールは以下の予定となっております

13:20  開場・受付 開始
14:00  講演会 開催
14:15~15:35 講演1.池川 明 先生
16:00~17:25 講演2.御川 安仁 先生
17:30~17:50 講演3.白川 太郎 先生
17:55 閉会
閉会後 ナチュアラルアートクリニックのスタッフさんが御川先生の代わりに個別の質問に答えて頂けます。
18:45 退出

※ 講演の間には休憩時間をはさんでおりますので講演ごとに出入りができます
「子供連れの場合はお子様無料」

講演者のプロフィール
御川 安仁 先生 ナチュアラルアートクリニック 院長
http://naturalartclinic.com/
https://www.facebook.com/yasuhito.mikawa
池川 明 先生 池川クリニック 院長
http://ikegawaakira.com
http://ikegawaclinic.net
白川 太郎 先生 NPO法人統合医学健康増進会 理事長
アカサカフロイデクリニック 院長
宇多川 久美子 先生 NPO法人統合医学健康増進会 理事
一般社団法人 国際感食協会 代表理事
★★お申込みはこちら↓↓↓まで★★★

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01865wzhw2k5.html#detail

|

2018年4月29日 (日)

ホメオパシーカフェ@福岡

Photo
福岡在住の友人(ホメオパス)から、春のホメオパシーカフェを行うと連絡がありました。
カフェやカリグラフィースタジオにて、初級向けのホメオパシー3回講座を開催するそうです。
講座の内容に沿っていることと、幅広い話題を取り上げているという理由で、私の書籍「薬に頼らない、食事・お手当て・ホメオパシー」をテクストに使っていただけるという、大変ありがたいお話しでした。

症状が出てから慌ててレメディーをとるのではなく、日ごろから食事等に気を配り、カラダの声に耳を傾け、症状に至る前に体調コントロールができたらいいですね。
ホメオパシーってなんだろう?
と思ったあたな、今が学び時かもしれませんよ!
のんびり屋さんですが、博識の三井ホメオパスの講座に是非、ご参加くださいませ。

開催場所は、福岡天神のスタジオポンテと糸島市にあるアミスカフェ(古民家手焙煎カフェ)で、5月~毎月1回開催されます。
詳細は、こちらをご覧ください。

|

2018年3月17日 (土)

ビクトリア・ベッカムの花粉症が治った!

Photo

デイビッド・ベッカムがホメオパシーのレメディー愛用者だということはよく知られています。
その夫人、ビクトリアが花粉症だったことを、本日、初めて知りました。
彼女は、2年前からビーポーレン(蜜蜂の集めた花粉・スーパーフード)をとることで、花粉症がすっかり治り、エネルギーレベルもアップしたとコメントしています。

現在、当センターでも同じビーポーレンとプロポリス、アロエベラジュースをとりながら、レメディーで気づきを与えるという方法でアレルギー対応をしています。
クライアントさんの状態は概ね良好で、症状の軽減だけでなく、すっきり起きられるようになった、疲れにくくなった、とのお声をいただいています。

センターにいらした方には、試飲、試食でお味見していただけます。
ご希望の方は是非、お申出ください!

|

2018年3月12日 (月)

自書「薬に頼らない 食事・お手当て・ホメオパシー」発売中!!

Photo

私の人生で、本を出版させていただくことがあるなんて想像もしていませんでした。
それも、細々と続けてきたこのブログを読んでくださった編集者の方の目にとまったことがきっかけになるなんて!
ただただホメオパシーの正しい情報をお届けしたいという思いで、12年続けてきたブログですが、飽きっぽい私が人生で継続できたのは、ホメオパシーとこのブログぐらいです(笑)。
書籍は、ホメオパシーをまったく知らない方にもご理解いただけるように、丁寧に書いたつもりです。
健康管理はホメオパシーだけで出来るものではなく、食事や生活習慣も重要です。
ただ、ガンの患者さんに食事と生活指導をした経験から、あまり面倒なことを指導しても、やっていただけるのは2割程度の方だということがわかったので、多くの方にできる範囲と思われることを書きました。
ご興味のある方は、アマゾンにて購入いただけます。
ご一読いただいた方には、感想をアマゾンにアップしていただけたら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

|

2018年3月 6日 (火)

英国グラスゴー大学 アレルギーにホメオパシーは有効!

この数日の気温上昇と強風のため、クライアントさんから花粉症の症状が悪化しているとの報告がありました。
テレビ番組でもインフルエンザと花粉症を同時に引き起こした方が、毎年の花粉症が単に悪化したと勘違いし、インフルエンザに気づかずに症状を悪化させたり、咳ぜんそくに移行しているそうです。
番組に出演されていた医師は、
「はちみつには下手な風邪薬より咳を止める効果があるという調査報告がある」
「スギ花粉と生トマトはタンパク質の構成が似ているため、花粉症患者が、生トマトを食べると杉が体内に入ってきたと考えて、症状を悪化させるので避けた方がよい」
などの説明がありました。
私自身も40数年前から重度の花粉症で、仕事に集中できないばかりか、夜も眠れない状態だったので、この苦しさをはちみつを食べたり、トマトを避けるだけで軽減できるとは思えません(ホメオパシーのお陰で、現在、症状はほぼありません)。
ならば、もっと積極的な対応をしてみませんか?

以下はCollege of Holistic Homoeopathyのメルマガを抜粋しました。

英国グラスゴー大学 アレルギーにホメオパシーは有効!!
=========================

グラスゴー大学とグラスゴー・ホメオパシー病院の研究者グループが、呼吸器系のアレルギー疾患(花粉症、喘息、通年性アレルギー性鼻炎)を対象に、患者253人を調査。
レメディー(ホメオパシー療法で用いられる砂糖玉)を与えられた患者の28%に改善が見られた。

それに対し、プラシーボ(偽薬)を与えられた患者のうち改善が見られたのは3%にとどまった。
研究者はこの種の処方を「ホメオパシー的免疫療法」と呼び、ホメオパシーは有効と結論付けた。
※スコットランドのグラスゴー市にあるグラスゴー大学は、オックスフォード大学、ケンブリッジ大学と並び、500年以上の歴史を有する英国兼最古の大学の一つで、1451年開校。

ホメオパシーは、ミラクルではないので、1、2回の健康相談で症状が消え去るわけではありませんが、トライする価値は十分あると思います。
ご希望の方は、右の「リビングプラス」HPをお読みになり、メールにてお問い合わせください。

|

2018年2月24日 (土)

とらの子会閉会とホメオパシー健康相談の会員制終了のお知らせ

1998年に発足し、ホメオパシーの普及団体として活動を行っていた「とらの子会」が今年4月に閉会することになりました。

20年前の発足当時、日本ではホメオパシーを知る人は少なく、情報もあまり入手できない時代でした。
そのため、ホメオパシー健康相談をオープンに受けていただいた場合、この療法の特徴である好転反応等の理解がないと問題が生じる可能性が極めて高いとの判断から、ホメオパシーを理解する会員のみに提供する会員制という閉じた形で健康相談が始まりました。

現在、ホメオパシーを知る人も多くなり、ホメオパシーについての情報もネット上にあふれ、この療法を受けるかどうかの判断を各自が出来る環境になったと考え、とらの子会の閉会にあたり、健康相談を会員制として限定することを終了するのが適当と判断しました。

・・・という決定事項が日本ホメオパシー医学協会より示され、お知らせが届きました。
私がホメオパシーに興味を持った頃は、ネット環境がない時代だったため、英国留学していた友人から情報がもたらされました。
今はネットで簡単に検索できる時代ですが、ジャンクな情報も多く、今後はこれまで以上にインフォームドコンセントをしっかり行わなければいけないと感じています。

現在も相談の前に1時間かけて、この療法の説明をさせていただいております。
不明な点や不安なことがあれば、気軽に質問していただきたいと思います。



|

2018年2月13日 (火)

婦人画報にFundyFundyが!~ゴム紐症候群ってなに?

Photo Photo_2
婦人画報3月号の「今月の要観察・脱ゴム紐」に、デザインを担当したFundyFundy(ゴム不使用の女性用ふんどし)が掲載されました。
体に持続的な圧をかけるゴムのストレスを取り去り、心地よさを体感しよう!という内容です。
実は昭和30年代から衣服に多用されるようになったゴム紐によって、それまでになかった疾病が増加したと主張する、見元良平医学博士が名付けた「ゴム紐症候群」から着想を得た記事のようです。
ゴム紐による持続的な刺激による体の締めつけが、血液や体液の流れ、筋肉、免疫系、自律神経に影響を与えることを長年の臨床研究を通じて明らかにしたそうです。
ご興味のある方は、婦人画報3月号をお読みください。

※写真左はシルク製FundyFundyで、掲載されたのは
  写真右オーガニックコットン製のものです。

  商品は、「女性のココロとカラダの研究所」にて購入できます。

  お問い合わせ先:☎0120-978-715 

|

より以前の記事一覧