« 脳卒中クライアントの体験談、その後 | トップページ | つるん、つるんの赤ちゃんを産むためには・・・ »

2020年7月11日 (土)

赤ちゃんがやって来る!

欧米では、人生で一番幸福な時代は、家に赤ちゃんがいる時である、と言われています。

新しい生命の誕生を喜び、小さく、か弱く、親だけを頼りとする我が子を慈しみ、成長を楽しみとする日々。

しかし幸福な子育て時代は、あっという間に過ぎ去り、あれほど可愛かった子が「クソババア」と呼ぶようになるのはそう遠くない・・・(笑)
幸福な時代は、思いのほか短いですね。

それでも我が子が赤ん坊だったころを思い出すだけで、幸福な気持ちになれますし、赤ちゃんの存在は人生に光を与えます。
それは赤ちゃんの持つ生命力や未来・希望といった見えないエネルギーのせいかもしれませんね。

わが家に赤ちゃん(孫)がやって来るのは、もうしばらく先のことでしょうが、ホメオパシー講座を受講された方よりご懐妊のご連絡をいただき、まるで初孫ができたような気分になっています。

彼女はホメオパシーで健康管理や他のお子さんを育てており、私が勧める免疫栄養素療法も毎日行っています。
現代人は栄養素不足により、さまざまな症状を抱えており、それは現代型栄養失調とも呼ばれています。

つわりがあることをよい兆候と考えている方もいらっしゃいますが、それは大きな勘違い!
実は、体毒が溜まっていたり、栄養が不足していて、体内環境の悪さを、胎児が教えてくれているという考えもあるのです。
もちろんホルモンバランスの変化による影響もありますが、栄養素が整うことで改善するケースが多いです。

また赤ちゃんは赤いから赤ちゃんと呼ばれますが、この赤みは循環の悪さを表しているともいわれています。
これも母体の栄養素が整うと、生まれたてでも赤みのない、色の白い、肌のキレイな子が生まれます。
そして赤みのない赤ちゃんは、無駄泣きや人見知りをせず、夜間もよく眠り、とても育てやすいという特徴があります。
知人のお孫さんも、夜間は8時間以上眠り、発育の速度が速く、一度聞いた曲を忘れず、教えなくてもピアノが弾けるとのお話し。

う~ん、夜泣きと人見知りが酷かった、子育て中の過去の私に教えてあげたい!!と後悔しきりです。

★不妊や子育てにお困りを感じている方は、是非、プロフェッショナル・ホメオパスにご相談ください。
 

|

« 脳卒中クライアントの体験談、その後 | トップページ | つるん、つるんの赤ちゃんを産むためには・・・ »