« 2020年6月 | トップページ

2020年7月16日 (木)

糖尿病デイ

先日、一日に3件もの糖尿病のご相談と問い合わせをいただきました。

ホメオパシー療法は、病院のような内科、小児科、呼吸器科などに分かれていません。
アレルギー疾患と腰痛、慢性頭痛とうつと生理不順など、さまざまな病とその組み合わせの方が訪れます。
それはこの療法が、病を部位やパーツとして考えるのではなく、ホリスティック(全人的)に肉体や精神も含めて見ているためでしょう。

それでも同じ糖尿病という病の方が3人、というのはこれまでにないことでした。
たぶんクライアントである糖尿病の方の経過が良好であることから、糖尿病の方が増加しているのかもしれません。

実際、インシュリン注射を毎日されていた方が、この療法の開始一週間で、医師より投薬不要と言われています。
このケースを、次回の日本ホメオパシー医学協会主催のコングレス(毎年開催される症例発表会)にて登壇のうえ、発表したいと考えておりました。
しかし残念ながら、今年はリモート開催が決定し、この方の今後の社会復帰するまでの経過を含めた発表にしたいとも考え、ケース提出は来年に延期することにしました。
タイトルは、「脳出血で生涯車イスを宣告されるも、歩けるようになり、投薬もなくなり、社会復帰を目指しているケース(仮)」の予定です。

お薬を少しでも減らしたいとお考えの方は、代替医療の医師をご紹介いたします。
医師の許しを得たうえで、ホメオパシー療法という選択肢があることを広く知っていただければ嬉しいです。

| | コメント (0)

2020年7月12日 (日)

つるん、つるんの赤ちゃんを産むためには・・・

以前、不妊が主訴(クライアントさんが一番改善したい症状や精神状態)という方がいらっしゃいました。
一人目は順調に妊娠し、二人目がなかなか出来ないとのご相談でした。
出産経験者ということで、機能的な問題はないので、できれば母体のデトックスをしてから、6か月~1年位の目安で妊娠を考えていただいていたところ、すんなり健康相談1回で妊娠!!
クライアントからすれば、願ったり叶ったりの状況でした。

その後、生まれたお二人目はアトピーが酷く、今度はお子さんが健康相談に通われました。
共働きで多忙なことから、食生活に問題があり、少し時間はかかりましたが、キレイなお肌になって、現在は元気に保育園に通われています。

最近、このママさんから、不妊の相談をした際に、もう少し時間をかけてデトックス出来ていれば、アトピーが回避できたのではないかとのお話しがありました。
たらればの話ではありますが、その可能性はあったと考えています。

ママさんの栄養や健康状態は、胎児の環境や発育に直結します。
またママさんがかつて使用した薬剤や予防接種、摂取した添加物、化学物質の影響は胎児にダメージを与える可能性があります。
できる限りその影響を減らすことが、前回お話ししたような赤みのない、つるん、つるんの赤ちゃんを産む秘訣かもしれません。

当ホメオパシーセンターでは、自然な妊娠を望むかたのために、妊活サポートをしております。
サポートをご希望の方は、是非、プロフェッショナル・ホメオパスにご相談くださいませ。

|

2020年7月11日 (土)

赤ちゃんがやって来る!

欧米では、人生で一番幸福な時代は、家に赤ちゃんがいる時である、と言われています。

新しい生命の誕生を喜び、小さく、か弱く、親だけを頼りとする我が子を慈しみ、成長を楽しみとする日々。

しかし幸福な子育て時代は、あっという間に過ぎ去り、あれほど可愛かった子が「クソババア」と呼ぶようになるのはそう遠くない・・・(笑)
幸福な時代は、思いのほか短いですね。

それでも我が子が赤ん坊だったころを思い出すだけで、幸福な気持ちになれますし、赤ちゃんの存在は人生に光を与えます。
それは赤ちゃんの持つ生命力や未来・希望といった見えないエネルギーのせいかもしれませんね。

わが家に赤ちゃん(孫)がやって来るのは、もうしばらく先のことでしょうが、ホメオパシー講座を受講された方よりご懐妊のご連絡をいただき、まるで初孫ができたような気分になっています。

彼女はホメオパシーで健康管理や他のお子さんを育てており、私が勧める免疫栄養素療法も毎日行っています。
現代人は栄養素不足により、さまざまな症状を抱えており、それは現代型栄養失調とも呼ばれています。

つわりがあることをよい兆候と考えている方もいらっしゃいますが、それは大きな勘違い!
実は、体毒が溜まっていたり、栄養が不足していて、体内環境の悪さを、胎児が教えてくれているという考えもあるのです。
もちろんホルモンバランスの変化による影響もありますが、栄養素が整うことで改善するケースが多いです。

また赤ちゃんは赤いから赤ちゃんと呼ばれますが、この赤みは循環の悪さを表しているともいわれています。
これも母体の栄養素が整うと、生まれたてでも赤みのない、色の白い、肌のキレイな子が生まれます。
そして赤みのない赤ちゃんは、無駄泣きや人見知りをせず、夜間もよく眠り、とても育てやすいという特徴があります。
知人のお孫さんも、夜間は8時間以上眠り、発育の速度が速く、一度聞いた曲を忘れず、教えなくてもピアノが弾けるとのお話し。

う~ん、夜泣きと人見知りが酷かった、子育て中の過去の私に教えてあげたい!!と後悔しきりです。

★不妊や子育てにお困りを感じている方は、是非、プロフェッショナル・ホメオパスにご相談ください。
 

|

« 2020年6月 | トップページ