« ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)って? | トップページ | コロナ鬱 »

2020年3月12日 (木)

ゴキブリのレメディー

ホメオパシー療法をご存知の方は、レメディーの原材料にさまざまなものが使われていることをご存知のことでしょう。
植物や鉱物、昆虫、動物、宝石、薬剤、虹、眼に見えないX線のレメディーもあります。
先日、あまり使う機会のなかったゴキブリのレメディーを、このレメディーにピッタリの症状を持つにクライアントさんにお出しし、喘息の喘鳴音が消えたとの報告をいただきました。
たぶん、10年前に使って以来、久々に適用書に記載したレメディーです。
日頃、ゴキブリの存在をよく思わない人が多いと思いますが(ゴキブリだって人の存在をよくは思っていないでしょうが)、レメディーになると、素晴らしい活躍をしてくれるのです。
世の中にいらないものはないのだ、と改めて感じました。

そういえば、辛い症状があると、「症状なんていらない」と考えがちですが、症状は体内で治癒力が闘っている状態であり、本来いらないどころか、ありがたい存在です。
症状がつらいときは、「闘ってくれてありがとう」と、感謝とエールを患部に送ってあげましょう!

|

« ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)って? | トップページ | コロナ鬱 »