« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月29日 (水)

1918年に大流行したスペイン風邪の真実

多くの方は、1918年に大流行したスペイン風邪は知っていても、その際のホメオパシー療法の活躍については残念ながらご存知ではないです。

当時、アメリカではホメオパシーは一般的な療法として知られており、多くの患者の治療が行われました。
その結果、アメリカでのスペイン風邪の死亡率は、

ホメオパシー療法を受けた   26000人中 273人【死亡率1.1%】
アロパシー(現代医学)を受けた 24000人中6768人【死亡率28.2%】

ホメオパシーでの死亡率の低さは、当時の医療者に大きな驚きを与えました。

シカゴに住む、フランク・ウイーランド医学博士もそのひとりです。
工場で働く労働者8000人のうち、死亡したのはたった一人で、使用したレメディーは事実上、ジェルセミウムだけでした。
私たちはアスピリンもワクチンも全く使用しませんでした、と語っています。

またカールトン・ハークネス医学博士は、アスピリンの使用を徹底的に避けたことと、ホメオパシー的治療の効果によって、病院内の死亡率が著しく低下したと述べています。

このような事実があるにも関わらず、現在ではほとんど知られていません。
昨日も、必要以上に怖がり過ぎないことをお伝えしましたが、恐怖心は免疫力を低下させます。
どうぞホメオパシー療法がお役に立つことを知っていただけるとうれしいです。

また嘔吐や下痢、風邪の初期症状などでお困りの際は、ご連絡をくださいませ。

|

2020年1月28日 (火)

新型コロナウイルスを怖がり過ぎない

大流行中の新型コロナウイルスですが、SARSと違い、潜伏期間でも罹患させられるということです。
そのため症状のない罹患者から感染してしまうこともあり、封じ込めをは難しそうですね。

ただ毎年流行るインフルエンザに比べると重症化しにくいようで、新型コロナウイルスによる死亡者数は世界で100名超(本日付で今後は不明ですが)、昨年の日本におけるインフルエンザ死亡者数は、なんと1万人!!
怖がり過ぎないように、しっかり対応したいものです。

まずは免疫力を低下させないように、体を冷やさず、休息・睡眠、栄養をしっかりとり、ストレスを溜めない生活を心がけましょう。
また罹患者がくしゃみを手で押さえ、その手でつり革を触り、知らずにそのつり革を触れば感染の可能性が高まります。
インフルエンザ流行時と同様、外出時のマスク、帰宅後の手洗い、うがいは忘れずに!

日本ホメオパシー医学協会からも対応について連絡がありました。
少しでも嘔吐、下痢を含め、風邪の初期症状がありましたら、ご相談くださいませ。

ちなみに、本日、喘息で入院いていたクライアントさんが退院しました。
お母様から当センターのサポートのおかげですと、うれしいご連絡をいただきました。

当センターでは、ホメオパシー療法に加え、食事指導、免疫栄養素療法の考え方をとり入れてサポートしております。
18、9年以上、ホメオパシーに関わり、「ホメオパシーって改善までに時間がかかる、かかり過ぎる!」と感じていました。
それが口に入れるものを変えることで、以前より格段に時間を短縮できるようになりました。
食は命なり、そして口は病の入口でもあります。
どうぞ、私たちは食べたものでできていることを忘れないでくださいね!

|

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »