« ホメオパシー・セルフケア講座~今日からあなたもファミリーホメオパス | トップページ | 動画紹介(World Wide Homeopathy) »

2019年3月11日 (月)

快気祝いで??

入院していた知人が退院したので、快気祝いが行われました。
その席で、入院に至った病が回復するだけでなく、以前から患っていた痛風も入院中に改善したといいます。

特に痛風治療をせずに改善したのは、ひとえに病院の食事のお陰ではないか、食は重要だと心底思ったというのです。

もちろん食の重要性を長らく語ってきましたが、習慣となった食生活を変えることの難しさは、クリニックで食事指導した経験からよくわかっていました。
この方の場合は、強制的に外食やアルコールを断てたこと、毎日の食事が規則正しく、また塩分、脂質などが計算されたメニューが提供されたことがよかったのだと思います。
入院食で卵は提供されても、痛風を悪化させるようなたらこやいくらなどが提供されることはまずないでしょう。
そしてもうひとつ、個食や孤食でなくなったことがよい影響を与えたと感じています。
独身の方はどうしても丼ぶり物などのメインが1つだけのメニューが多くなりがちです。
味噌汁や漬物、副菜まで用意せず、お腹が一杯になればよいという食事から、彩りが考えられた小鉢やデザートのつくメニュー。
それと一緒に食事をしなくても、「今日の○○は美味しかった」、「まずかった」と会話できる環境が更に治癒力を高めたのではないでしょうか。

せっかく「食事は大事!」と語った席で、ビールと紹興酒を飲んでよかったのだろうか?
と心配になった食事会でした。

残念ながらホメオパシーを知らない方なので、おススメできませんでしたが、これをお読みの方は、飲み過ぎたときはNux-v.(ナックスボミカ)を思い出してくださいね!!

|

« ホメオパシー・セルフケア講座~今日からあなたもファミリーホメオパス | トップページ | 動画紹介(World Wide Homeopathy) »