« 猫ちゃんのフラフラ | トップページ | 推奨!おうちカフェ »

2017年12月 7日 (木)

おせち料理、まずは一品から

2017
おせち料理の予行演習をしました。
ゆずなます、黒豆、昆布巻き、伊達巻、栗きんとん、紅白菊花かぶ、お煮しめ、手作りかまぼこ、車麩の煮つけ、田作り、お雑煮・・・
ひとりでこれらをすべて作るのは大変なことです。
特に年末の忙しい中、仕事をしながら、クリスマスや忘年会のイベントをこなし、大掃除もしなければならないのに、おせちづくりなんて無理無理、という声も聞こえそうですが、たとえ一品でも手作りをして、こどもたちに和食のよさを伝えていければと思います。
私も年末にこれほど作ることはできないと思いますが、大好きな伊達巻や栗きんとん、玄米餅入りお雑煮は作ります。
ぜひ年中行事のひとつとして、ご一緒に手作りを楽しみましょう!!

本日はこれから出張健康講座です。
今日のテーマは「ワーキングメモリーを鍛え、精神の老化を防ぎ、健康寿命を延ばしましょう」です。
昨日の池上彰氏のテレビ番組で、現在の小学生の2人に1人は107歳まで長生きするとの話がありました。
本来、健康は医師や薬に頼るのではなく、自分のカラダの声を聞き、カラダと対話しながら、自己治癒力によって管理、維持するものだと思います。
最近、政治の世界でも「人生100年時代」といっていますが、これからは自分のカラダは自分で守る、責任をもつという考え方がスタンダードになるのではないでしょうか。
では、行ってきま~す。

|

« 猫ちゃんのフラフラ | トップページ | 推奨!おうちカフェ »