« 推奨!おうちカフェ | トップページ | 病名はいらない »

2017年12月20日 (水)

パンデミック映画「コンテイジョン」(ネタバレあり)

昔は映画女子でしたが、子育てに追われるようになってからは映画館離れ、更にレンタルビデオの返却も面倒に感じるようになったため、長らく映画鑑賞の趣味が失われていました。
しかし最近は、アマゾンプライムやネットフィリックスなどで、映画や海外ドラマが観放題!という素晴らしいシステムにより、趣味が復活しました。

最近はドキュメンタリーを観ることが多かったのですが、先日は、まるでドキュメンタリーのような映画「コンテイジョン」を観ました。
致死率の高い新型感染症によるパニック映画なのですが、キャストが豪華。
マット・デイモン、マリオン・コティヤール、ローレンス・フィッシュバーン、シュード・ロウ、グウィネス・パルトロー、ケイト・ウィンスレット、監督は「オーシャンズ11」のスティーブン・ソダーバーグ。
期待しちゃいますよねー。

しかし残念ながら、マット・デイモンがジェイソン・ボーンやローレンス・フィッシュバーンがモーフィアスばりの活躍をすることもなく、パンデミックが起こったらこうなるだろうな~という想定の範囲内のお話しな上、感染源がコウモリ→豚→香港の料理長という普通の流れに、ワクチンが開発されてパニックが終息するという何の起伏もありませんでした。

ただ1点だけ、気に入ったのは、特効薬もワクチンも開発されていない状況で、政府が現状を報道する際、「有効な手立てとして、ホメオパシー療法も検討している」というセリフがある点。
現在、ホメオパシー療法による感染症予防を取り入れる国もあります。
是非、パンデミックが起こる前に、ホメオパシー予防が有効であるかどうかの研究をしていただきたいと思います。

|

« 推奨!おうちカフェ | トップページ | 病名はいらない »