« 醗酵バターにだまされた! | トップページ | 猫ちゃんのフラフラ »

2017年10月30日 (月)

小児科医・たぬき先生死去

雑誌「ちいさい・おおきい・よわい・つよい」などの編集代表も務められた、小児科医の毛利子来(もうり たねき)先生が26日、慢性心不全のため87歳で死去されました。

「基準」や「平均」にとらわれた画一的な育児に一石を投じ、型にはめない自由な子育てを提唱した先生の著書に元気づけられたことを思い出しました。
これまでの医療に依存し、予防接種をすすめられるままに受けるのではなく、問題意識を持って予防法や治療法を自ら選択するという考え方を確立できたのは、先生の存在も大きく影響したと思います。

私が卒業したホメオパシー学校でも講演され、その際もご自身の主張を曲げずに、正しいと思われることを率直におっしゃる姿がとてもカッコよかったです。
新米ママさんの悩みに、もっともっと答えていただきたかったですが、先生のご遺志はきっと多くのママさんたちに遺され、今後も伝えられていくのだと思います。
どうぞ、ゆっくり休まれてください。

|

« 醗酵バターにだまされた! | トップページ | 猫ちゃんのフラフラ »