« 健康ライフ100年セミナー | トップページ | 非人道兵器製造企業株で年金運用!! »

2017年5月10日 (水)

寄生虫アニサキスの恐怖と対処法

最近、芸人さんに流行っているものな~んだ?

とクイズになりそうなほどよく耳にするのが、アニサキス症という寄生虫(線虫)による食中毒です。
生鮮魚介類に寄生するアニサキスの幼虫は、長さ2~3cm、幅は0.5~1cmで、白色の紐のようにみえます。

アニサキス画像 に対する画像結果アニサキス画像 に対する画像結果

幼虫はサバ、イワシ、カツオ、サケ、サンマ、アジ、イカなどの内臓に寄生し、魚介類が死亡すると、内臓から筋肉へ移動します。

食中毒の原因は、生(不十分な冷凍や加熱を含む)で食べることで、幼虫が胃壁や腸壁に刺入してアレルギー(アニサキス症)を引き起こします。
食後数時間からみぞおちの激しい痛み、悪心、嘔吐を伴うこともあります。

ということで、厚生労働省のHPでは、「目視で確認!鮮度で徹底!加熱冷凍で予防」の注意喚起が行われています。

昔から親に「青魚は足がはやい(傷みやすい)」といわれ、酢で〆たり、塩漬けやわさびが用いられましたが、この幼虫には効果がありません。

生で食べたい場合は、
①新鮮な魚を選び、速やかに内臓を取り除く
②内臓を生で食べない
③目視で確認し、幼虫を除去する

ということが予防法となります。
他にも70度以上で死滅するので加熱調理することやー20度で24時間以上冷凍すれば感染性が失われるそうです。

それでも体内への侵入を許してしまった場合は、病院で内視鏡先端に装着された鉗子による除去が必要です。
生の魚介類を食べた後、下痢症状のない、深刻な痛みがある場合は、速やかに受診することをお勧めします。

アニサキス 内視鏡 画像 に対する画像結果

もちろん日頃から咀嚼回数を増やして、体内への侵入を予防することも大切だと感じます。
除去後はアーニカ、カレンデュラなどで傷の対応をしましょうね。


|

« 健康ライフ100年セミナー | トップページ | 非人道兵器製造企業株で年金運用!! »