« リーキーガット症候群(LGS/腸管壁浸漏症候群) | トップページ | 人には、健康になる権利がある »

2017年3月 6日 (月)

乳がん・肺がんの方のためのブラ

むかーし、むかーし、ホメオパスは布帛デザイナーをしておった、ということで、昨秋からアンダーウェアー・デザインの仕事をさせていただく機会を得ました。
都内のメーカーさんと共同で現在開発しているのが、乳がんと肺がんの方のためのブラです。

一緒にお仕事させていただいているドクターからも、強い要望があり、製作することになったのですが、これが大変難しい!

既に販売されている商品は素材が化学繊維なので、できるだけ天然素材にしたい。
しかし天然素材は着心地はよいけど、洗濯に気を使い、汚れが落ちにくい、しかも伸びも悪い。
乳がんの場合、10人の患者さんがいたら、それぞれに位置も状態も違い、浸出液や出血がある方は吸水パッドも必要だし、そこから漏れた際のことを考慮したデザインが求められます。
以前作ったサンプルは、素材がシルク混で縫い目もなく、「いける!」と思ったのですが、リンパ浮腫のある方から伸びが悪く、脱ぎ着しにくいと指摘されたり、吸水パッドがずれるとのご意見もありました。

またデザインが可愛くない(スポーツブラのよう)ということもあり、多くの患者さんにブラ選びを楽しんでいただけるよう、再度考え直したデザインを本日提出し、サンプル制作することになりました。

肺がんで手術をされた方には、カットソーのカップイン・キャミソールを制作しており、こちらは背中側にゴムもホックもないため、傷口に触ることがありません。
肺がんだけでなく、背中に傷やお痛みがある場合や健康な方でもアンダーの締め付け感が嫌いな方にお勧めです。
私もたまに着ているのですが、ブラなのに圧迫感がゼロ、なのにずれないので、スポーツ用としても大変重宝しています。

出来上がったものからモニターを募って、よりよい商品となるよう知恵を絞りたいと思います。
初夏から販売スタートの予定ですので、楽しみにしてください!

|

« リーキーガット症候群(LGS/腸管壁浸漏症候群) | トップページ | 人には、健康になる権利がある »