« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月28日 (火)

核兵器禁止条約 日本参加せず

国連本部で核兵器の開発や実験などを法的に禁止する「核兵器禁止条約」の制定交渉が27日から始まりました。
核兵器の非人道性に焦点を当て、停滞する核軍縮の促進につなげるの狙いです。

残念ながら核保有国である5大国(米国・ロシア・英国・フランス・中国)は不参加であり、非保有国がいかに実効性のある枠組みを構築できるかは不明です。
それでも唯一の被爆国である日本が、不参加を決定したことにがっかりしています。

核戦力拡大を打ち出すトランプ米政権の存在、北朝鮮の挑発など、不安を感じる報道が多い中、他のどの国より被爆の悲惨さを知るこの国がイニシアチブをとって禁止を推進してほしいと思っています。

|

2017年3月21日 (火)

核廃絶を訴えた、被爆医師

広島で自ら被爆し、被爆者の治療を続けてきた日本原水爆被害者団体協議会(被団協)顧問の肥田舜太郎医師が20日、逝去されました。

1945年8月6日の原爆投下当時、軍医として広島に赴任しており、爆心地の北6kmの場所にいましたが、その後市内に入り、焼けただれさまよう人々の救助、治療に当たりました。

その後も、白血病などの後遺症に苦しむ被爆者たちに寄り添い続けたほか、いち早く内部被ばくの危険性を指摘しました。
2011年に発生した東日本大震災による東京電力福島第一原発事故でも、内部被ばくの脅威を強く訴えていました。

「広島と長崎は今も生き地獄を見せて世界に警告している。真実を伝えるのが被爆者の使命だ」として、世界30国以上、150都市以上を「草の根の反核語り部」として駆け巡り、原爆の悲惨さを訴えました。

「原爆と闘うには、被爆者は長生きしないとだめだ」とよく言っていた通り、100歳の天寿を全うされました。

ひとたび原爆が落ちれば、医師にも手に負えないことを身をもって知り、常に被爆者の味方であり、多くの被爆者の心の拠り所として慕われた医師の存在を心に刻みたいと思います。
そして肥田医師が心から望んだ核廃絶の志を引き継ぎたいと強く思いました。

|

2017年3月 9日 (木)

人には、健康になる権利がある

これまでも自然療法や代替医療に関心の高いドクターと協力して、院内セミナーや患者様の食事や生活指導をさせていただいてきましたが、このたび医療ジャーナリストの船瀬俊介氏の呼びかけにより、名誉顧問の森下敬一医師のもと、「医療改革学会」が創設されました。
ご縁があって、評議員として参加させていただくことになりました。

今後は、認知度の低いホメオパシー療法の普及と症例・学術発表ができるよう、努力したいと考えております。
まずは増え続けるアトピーの方を対象とした「お薬に頼らない、キッズ・アトピー専科」を4月より開始する予定です。

また3/26(日)には、「医療改革学会」創設記念講演会が行われます。
船瀬氏以外にも、鶴見隆史先生や首藤紳介先生によるメディカル食養生の症例やファスティング、波動医学などのお話しがたっぷり聞けます。
現代医学の限界を感じている方は、ぜひ、ご参加ください。

申込フォームから申込いただく際に、紹介者として「北村」を選択されたかたには、当日、私から小さなお土産をプレゼントいたします。
当日はスタッフ章をつけて、書籍販売などの近くにおりますので、必ずお声をかけてくださいm(__)m
※当日お会いできないとプレゼントが渡せません。お忘れなく!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


★新医学宣言 新たなる試み
『医療改革学会』 創設記念講演会

2017年3月26日(日)13:00~16:25
日本教育会館 一ツ橋ホール(東京・神保町)800人定

参 加 費:
8,000円
※船瀬俊介 著(4月発刊予定)/「波動医学」の夜明け 本1冊付

<先着申込み 50名まで>
・『腸管造血』ニュースリリース記者会見DVD(3,000円)...
・『腸管造血』の真実 小冊子 1冊

 をプレゼント!

詳細ページ:
http://www.pdfworld.co.jp/20170326/

申込みフォーム:
https://ws.formzu.net/fgen/S11401424/
現在の一般的な診療である西洋医学は、病気を臓器別に見て患部に治療を施す“対症療法”です。
しかし近年においては、その限界が指摘されることが多くなり、患部だけではなく身体全体に目を向け、人間が本来持っている自然治癒力を活かす治療法に注目が集まっています。

新医学宣言 医療改革学会は、そのような考え方を実践し、数々の実績を上げている民間療法を広げるための活動を精力的に行います。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【講演会プログラム】

民間療法、代替医療、統合医療の普及と症例・学術発表!

13:00 開場

13:20~13:30
 ・開会の挨拶
 

13:30~14:30
 「波動医学」の夜明け
   船瀬俊介 先生

14:30~14:45 (休憩15分)

14:45~15:45
 ライフスタイルとファスティング
   鶴見隆史 医師

15:45~16:10
 メディカル食養生の症例発表
   首藤紳介 医師
   山本美智子 先生

16:10~16:25
 新医学宣言の取り組み報告
   白鳥一彦 氏

16:25 閉会

 ※プログラムは変更になる場合があります。ご了承ください。

|

2017年3月 6日 (月)

乳がん・肺がんの方のためのブラ

むかーし、むかーし、ホメオパスは布帛デザイナーをしておった、ということで、昨秋からアンダーウェアー・デザインの仕事をさせていただく機会を得ました。
都内のメーカーさんと共同で現在開発しているのが、乳がんと肺がんの方のためのブラです。

一緒にお仕事させていただいているドクターからも、強い要望があり、製作することになったのですが、これが大変難しい!

既に販売されている商品は素材が化学繊維なので、できるだけ天然素材にしたい。
しかし天然素材は着心地はよいけど、洗濯に気を使い、汚れが落ちにくい、しかも伸びも悪い。
乳がんの場合、10人の患者さんがいたら、それぞれに位置も状態も違い、浸出液や出血がある方は吸水パッドも必要だし、そこから漏れた際のことを考慮したデザインが求められます。
以前作ったサンプルは、素材がシルク混で縫い目もなく、「いける!」と思ったのですが、リンパ浮腫のある方から伸びが悪く、脱ぎ着しにくいと指摘されたり、吸水パッドがずれるとのご意見もありました。

またデザインが可愛くない(スポーツブラのよう)ということもあり、多くの患者さんにブラ選びを楽しんでいただけるよう、再度考え直したデザインを本日提出し、サンプル制作することになりました。

肺がんで手術をされた方には、カットソーのカップイン・キャミソールを制作しており、こちらは背中側にゴムもホックもないため、傷口に触ることがありません。
肺がんだけでなく、背中に傷やお痛みがある場合や健康な方でもアンダーの締め付け感が嫌いな方にお勧めです。
私もたまに着ているのですが、ブラなのに圧迫感がゼロ、なのにずれないので、スポーツ用としても大変重宝しています。

出来上がったものからモニターを募って、よりよい商品となるよう知恵を絞りたいと思います。
初夏から販売スタートの予定ですので、楽しみにしてください!

|

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »