« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月28日 (火)

リーキーガット症候群(LGS/腸管壁浸漏症候群)

本日は病院で、リーキーガット症候群と診断された方に食事の指導をさせていただきました。
病院でもパンや乳製品、糖分を控えてと言われたそうですが、それだけなの?って感じです。

リーキーガット症候群(LGS/腸管壁浸漏症候群)は、ザックリ言えば、腸管壁に穴が開いて、未分解の栄養素や細菌、有害物質などが漏れ出てしまう病です。
本来は、胃腸で十分に消化され、分子が細かくなった栄養素だけが腸の膜を通過できるのですが、未分解の大きなタンパク質や脂肪、細菌(真菌やカンジダ菌など)やウイルス、重金属、抗生物質などが腸壁に付着して炎症が起き、腸の粘膜が薄くなり、バリア機能が低下することで引き起こります。

元々、日本人は胃酸の分泌が少ないうえ、甘いものを食べ過ぎ、抗生物質や鎮痛剤をよくとり、昔の日本人が食べなかった乳製品やカフェイン、イースト菌を使ったパンを常食し、質の悪い油(トランス脂肪酸)をとるのに青魚に多いオメガ3はとず、食べたいときに食べたいものを食べたいだけ食べること(これを豊かな時代というのだろうか?)も要因だと感じます。
原因としては、重金属や食物アレルギー、カンジダ菌、ストレスの影響といわれており、喘息やアトピーなどのアレルギー症状、過敏性腸症候群、慢性関節リウマチ、自律神経失調症などの症状を引き起こします。

というわけで、ホメオパシー療法だけで改善することは難しいので、食生活を替えていただかなくてはいけません。
しかし長年続けてきた食の習慣を替えることは大変難しく、継続させることはもっと難しいようです。

幸い、この方は甘いものやアルコールがお好きでないため、主食を替え、食べてよいものと悪いものを区別して1か月を過ごしていただくことにしました。
この食事指導は、たとえば「だしをとる」という場合も、干しシイタケと鰹節はダメで、今後は昆布と煮干しでとるようにしていただいたり、甘味料もおすすめしたもの以外は使わないようにお願いしたり、お米の品種にも言及します。
水も替え、積極的に食べてほしい食材を買えるサイトのご紹介まで行います。
生活習慣も大切で、咀嚼回数を多くして、早食いを止め、ストレスを減らし、早寝早起きも心掛けていただきます。

ちょっと厳しいかもしれませんが、リーキーガット症候群を甘く見ていると、後にもっと重篤な病に移行する可能性があるため、ここはひとつ1か月は頑張っていただきます。

都内の病院内でもガンの患者さん向けに食事の指導をしていますが、命にかかわる病であっても、なかなか食生活を本気で見直していただけないことを知っているので、あまり厳しいことを言いたくはないのですが、心を鬼にして指導させていただきました。

1か月後に体調がよくなっていることを願いつつ、私もこの1か月は甘いものやパンを控えてお付き合いしたいと考えています。
フレー、フレーKさん!!

|

2017年2月27日 (月)

だるまちゃんといっしょに「けんぽう」を読もう!

子どもの頃に大好きだった絵本「だるまちゃんとてんぐちゃん」の主人公だるまちゃんが案内役を務めて、日本国憲法を読み解く企画展が東京銀座の書店、教文館で始まりました。

25日は、昔話研究者の小澤俊夫氏(指揮者の小沢征爾さんは兄、息子はミュージシャンの小沢健二さん)と武井由起子弁護士のトークショーがありました。

1930年生まれの小澤さんは戦時中の体験から、「共謀罪」と同じ趣旨で政府が創設を目指す「テロ等準備罪」に警鐘を鳴らしています。
歯科医師だった小澤さんの父は、陸軍で後の首相・東条英樹と対立した石原莞爾と親交が深く、戦時中は特高警察などが自宅に毎日入り込んだといいます。
「それでも父は東条批判を続けるのでひやひやした。だから僕は治安維持法がとても怖い」とおっしゃっています。

2013年に特別秘密保護法が成立し、戦時中の雰囲気に酷似してきた。
間もなく出てくるテロ等準備罪が通ったら危険だ。
今、日本は戦争国家への坂道の直前にいる。
子どもたちのために一生懸命に止めよう、と呼びかけています。

私たち大人は、戦後という穏やかで平穏な時代を祖父母や親世代から譲り受けました。
しかし子どもたちに譲るのが、戦前や戦中であってはいけません。

昨年11月、小学館の学習漫画「日本の歴史・第20巻」が話題になったことがありました。
戦争放棄を盛り込んだ憲法九条について、当初、幣原喜重郎首相の提案と表記していたものが、ある時からマッカーサーGHQ最高司令官の提案に変わっていたのです!!!
(幣原・マッカーサー会談を描いた一コマは下記でご覧いただけます)

http://blog.livedoor.jp/aq19cd28bp/archives/1832601.html

東京新聞の記事によると、発言内容が変化したのは1994年2月発行の第35刷(34刷は見つからず)からマッカーサー提案になっており、現在発行されている改定版21巻では、ふたりの会談場面が描かれていないとのこと。

このことにいち早く気づいたのが、ドイツ人平和歴史学者・クラウス・シルヒトマン氏。
彼が漫画の表現変更に気づき、新旧の描写を著書「ドイツ人学者から見た日本国憲法」 に載せたり、はがきにして首相官邸前でもで配ったりしたことで拡散したようです。

子どもが歴史を学ぶ学習漫画で、いとも簡単に歴史が変更され、GHQから押し付けれた憲法九条を改憲すべきと主張する政府。

シルヒトマン氏は「戦力不保持を明記した九条は際立っており、この条文を各国の憲法に生かすことができれば、(平和への)大きな起爆剤となるはずだ」と言っています。

とはいえ103条まである憲法がわからなければ、話になりませんね。
そこでこの機会に、だるまちゃんと一緒に学んでみてはいかがでしょう。

  なにが書いてあるの?日本国憲法
 だるまちゃんといっしょに「けんぽう」を読もう!

日 時 : 2017年2月25日(土)~3月12日(日)
       会場ごとに開催時間が違います。
       HPカレンダーでご確認ください。    
       会期中無休

会 場 : 銀座・教文館9Fウェンライトホール
       東京都中央区銀座4-5-1

第二会場:教文館6F
       子どもの本のみせナルニア国

入場料 : 無料*イベントは有料
   

|

2017年2月22日 (水)

いのち壊れて輝いて

最近ご縁をいただいた方から、ご自身の病についてお話を伺いました。

16歳で難病に侵され、頭皮は焼きごてを当てられたような熱い痛みとともに、髪の毛が大量に抜け落ち、輸血で一命をとりとめるも、十本の指先すべてに膿が溜まり、その痛みで眠ることもできず、縫い針を自ら刺して膿を抜き取る生活を2か月間続け、その後支えをなくした爪が十本ともはがれ落ちたそうです。
それと同時に、あごにも鈍い痛みが広がり、食事中に奥歯が欠け、取り出してみるとつまんだだけで砂のように砕けました。
歯の化膿はじわりじわりと広がり、1か月くらいで全部の歯に及び、20歳で歯を完全に失ったというお話しに、驚き、どう言葉を繋いだらよいのか考えてしまいました。

ご本人は笑顔で、遠い昔話をするように、穏やかに壮絶な闘病話をされましたが、当時は死に場所を探すような日々だったそうです。

16歳で発症し、病名が判明したのは27歳のとき、「無腐性壊死(AVN)」でした。
私も初めて伺う病名で、骨壊死症ともいわれ、骨に血液が供給されなくなることによって起こり、無血管状態になると、骨組織の破壊(壊死)が始まります。

この病の最も多い原因は、副腎皮質ステロイド(プレドニゾン・デキタメゾンなど)であり、AVNはがんの治療中に起こることが最も多いようです。
この方も病名が判明するまでに11年かかっており、薬剤の影響が考えられますね。

これほど辛い病に、さまざまな治療や自然療法を試み(以前、都内でホメオパシー健康相談も受けたそうです)、現在は不自由はあるものの、軽やかに何でもこなし、自宅で梅干しや漬物も作るそうです。

一時は体重が22kgまで減ったこともありましたが、今はご自分のペースで、「日々が新しい日の誕生(詩の一節)」と考え、いのちの記念日の今日あることに感謝しているそうです。
病という闇を生きるしかばねだったと振り返り、被害者意識や比較地獄に落ちた過去は、自分自身が作った闇、エゴであると気づき、現在は病に苦しむ方の光となって活動されている姿は感動の一言です。

ご興味のある方は是非、ご本人(かとうみちこさん)の著書「みちこ、笑ってごらん!(日本図書館協会選定図書)」 、「いま、生かされている私」をご一読ください。


|

2017年2月 5日 (日)

90歳を超えた母に教えられた、米を食べる大切さ

久しぶりにお料理の先生にお会いして、貴重なお話を伺ったので、ご紹介します。

先生の義母さんは90歳を超えた頃から物忘れがひどくなり、徐々に痴呆の症状がでてきました。
元々、高血圧で降圧剤(血液降下剤)をとられていたようですが、降圧剤は一説によると、痴呆を促進するといわれてます。
それは全身の末端まで血液を巡らせるために必要な血圧が何らかの問題で低下し、体が必死で血圧を上げている状態を強引に下げることで、脳への血流が十分でなくなり、痴呆が進んでしまうとのこと。
そのようなことは知る由もなく、お義母さんは痴呆と高血圧などで、施設に入所することになりました。
施設では誤飲による肺炎を防ぐために、流動食が出されました。
もちろん高血圧なので、塩分制限もされた食事でした。
先生は毎週施設を訪れましたが、痴呆は急激に悪化し、家族の名前も、顔もわからなくなったそうです。

そんなとき、この状況に危機感をもったのか、医師が食事を替えることを思い立ち、お義母さんの病室に白米のおにぎりを出しました。
お義母さんは、テーブルに置かれたおにぎりをすぐに手にとり、夢中になって食べました。
その日から毎日、おにぎりが出されるようになり、食欲をとり戻すと同時に、痴呆が改善したそうです。
家族の顔もわからなくなっていたお義母さんは、ある日先生を見て、
「ずいぶん長い事どこへ行っていたの?」と言ったそうです。
どこかへ行っていたのは、お義母さんの方ですが、そこは何も言わず、退院後も白米から玄米のおにぎりに替え、どこかへ行きたいといえば車いすでどこへでも連れていったそうです。
そしてあれほど酷かった痴呆の症状はすっかりなくなり、97歳で亡くなるまでしっかりしていたそうです。

先生は、米や化学塩ではない自然塩を食べることの大切さを、あらためてお義母さんから学んだとおっしゃっていました。
お腹が一杯になれば、栄養価が満たされていれば、何でもいいというわけではありません。
私たち日本人が命の拠り所としたのが、米と塩であり、そのDNAが脈々と私たちにも伝わっていると実感できるお話しでした。

|

2017年2月 1日 (水)

味噌づくり②~作り方

材料と容器などの用意はできましたか?

作り始める前に、熟成・保存する容器を消毒します。
とはいえ大きな瓶(かめ)や樽を煮沸消毒することは難しいので、焼酎(35度以上)などでアルコール消毒して、水気が残らないように完全に乾かしてから使います。

■作り方■

①大豆は手で揉むようによく洗い、2ℓの水に一晩(約8時間)ひたします。

②①をそのまま火にかけ、4~5時間静かに煮ます。煮汁が減ったら、差し水をし、親指と小指で楽に潰れるくらいに煮ます。大豆が硬い場合は、再度煮ます。圧力鍋はメーカーによって煮る時間が違いますが、我が家の鍋だと沸騰してから12~15分で出来上がります。

③煮上がった大豆をザルに上げて水気を切り、煮汁はとっておきます。煮汁が覚めたら、乾燥麹に煮汁5カップを入れて1時間くらい置いて戻します。残りの煮汁は捨てずにとっておきます(味噌の硬さ調節に使用)。

④大豆が熱いうちに、マッシャーやすり鉢・すりこぎ、ミキサー、フードプロセッサーなどでつぶします。大豆が熱いまま麹と混ぜると、麹菌が死んでしまうので冷ましておきます。

⑤ボールや飯台などに、③の戻した麹と塩400g(50gは残しておく)を入れ、混ぜムラができないよう均一によく混ぜます=塩切り麴。

⑥つぶした大豆に、⑤の塩切り麹を少しずつ入れ、よく混ぜます。

⑦⑥を手にとって大玉のおにぎりを作り、空気を抜くように、消毒した容器に隙間なく、叩きつけるように詰めてきます。全部を入れたら、表面を平らにしてから、残しておいた塩25gを全体にふり、最後の25gの塩は容器のふちにふります。その上に、清潔な布巾や和紙を貼ります。

⑧⑦の布巾や和紙の上に重石をのせ、包装紙などで容器を覆い、ひもでしっかり縛ります。仕込み日を書いて、風通しのよい冷暗所に保存します。

⑨1か月後に上下をよく混ぜ(=天地返し)、重石を半分に減らして5~6か月寝かせます。ただし、梅雨の間はカビになるので、開けないようにしましょう。

※次回は、仕込み後の手入れをアップします。

|

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »