« ノロウイルス遺伝子変異型で感染リスク増大!? | トップページ | 本日はキット講座「ストレスマネジメント」 »

2017年1月 9日 (月)

不登校の子どもと焦る母のすれ違い

星野源さんの「恋」が流行っていますが、それを「ニートは楽だが親が泣く」という替え歌にしたものがあると聞き、さっそく聞いてみました。
働きたくても仕事に就けていない(この歌詞の内容では自発的に就かないようですが)、行きたくても学校にいけない、お子さんのことで悩んでいらっしゃるという方には正直コクだなと感じる歌詞でした。
しかし新年早々、この歌詞を笑い飛ばせるようになったというご家族から、うれしい報告をいただきました。

ホメオパシー健康相談を受けているお母さんの悩みは、離婚したことで子どもから父親を奪ってしまったこと、そして子どもの不登校。
不登校が始まったのは離婚より以前で、離婚が原因ではありません。
その原因は複合的で、担任教師とそりが合わない、部活の厳しさや先輩との人間関係、クラスでの居場所、成績の低迷などなど・・・
それに対して両親は、替え歌の「父の怒り、母の焦り・・・」という歌詞同様の感情をあらわにして、両親真逆の対応しました。
それ以前から離婚を考えていたお母さんは、時期を前倒しにして離婚を決意。

お子さんは母が以前から離婚を考えていたとは知らず、自分のせいで離婚に至ったと思い込み、学校ばかりか家での居場所を失う不安を持っていました。
また父の怒りに対してなげやりな気持ちになり、母の焦りに対して何とか期待に応えたいと思ってはいても、その一歩が踏み出せずイライラしていました。

親子相談は同日に2名で承りますが、中学生以上は大人と同じ扱いをするので、このケースでも別々の日で予約をしていただき、じっくり話しを伺いました。
すぐに単なる気持ちのすれ違いが判明し、許可を得て互いの本音を母子に伝えました。
その結果、和解することができ、お子さんは学校へ戻り、部活は辞めてアルバイトを始めると宣言したそうです。
そして何だかついでのように、鼻炎がよくなったとのことでした。

親子の問題はこじれると厄介なだけでなく、他人とのいさかいより憎悪が膨らむものです。
今回のケースは、互いが想いあっているのに、すれ違いがこじらせていました。
しかし家族で本音が言い合えないことってありますよね。
そんなときはホメオパスが仲介人を務めさせていただきます!
ついでに症状も改善したらラッキーですよね(笑)

|

« ノロウイルス遺伝子変異型で感染リスク増大!? | トップページ | 本日はキット講座「ストレスマネジメント」 »