« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月30日 (月)

味噌づくり①~準備編

R0012576


今日は驚くほど暖かかったですね。
味噌づくりは、一年で一番寒いといわれる1月中旬~2月に仕込む「寒仕込み」がよいとされています。
これはゆっくり時間をかけて発酵させることで、味に深みが出て美味しく仕上がるからです。
暖かくなってから仕込むと、発酵が急激になり、初心者には扱いが難しくなります。
考えているより味噌づくりは簡単なので、ぜひ多くの方に伝統的調味料である手前味噌を楽しんでいただきたいと思います。
※写真は手前味噌でつくった五平餅です。

本日は、味噌づくりの材料と用具の準備についてご説明します。
材料はつくりやすい一単位(出来上がりで4kg)です。

■材料■

①大豆 1kg
せっかく手づくりするのですから、安心・安全な材料にこだわりたいものです。
大豆は国産の遺伝子組み換えでない、できれば無農薬、特別栽培のものがよいです。
水につける前に虫食いなどを取り除いておきましょう。

②乾燥こうじ 1kg
私は乾燥玄米こうじを使いますが、生でも玄米でなくてもOKです。
大豆とこうじの割合は各地方や家庭でまちまちですが、つくりやすいので大豆と同量にしました。

③自然塩 450g~
塩は人間にとって欠かせない命の食材なので、イオン交換式で大量生産された化学塩(塩化ナトリウム)ではなく、昔ながらのミネラル豊富な塩田式、平釜や天日干しで作られたものを選びましょう。
塩加減もお好みで加減していただけますが、400gくらいだとカビが発生しやすくなります。
また保存期間が夏を挟む場合は、塩が多めの辛口にした方がよいでしょう。

■用具■

①圧力鍋・土鍋など
圧力鍋だとかなりの時短になります。
我が家の圧力鍋だと約13~15分程度でかなり柔らかくゆで上がります。

②マッシャー・すり鉢とすりこぎ・ミキサーなど
大豆をつぶすための器具ですが、どれでもOKです。
ミキサーは楽につぶすことが出来ますが、出来上がりがゆるくなります。

③かめ・たるなど
味噌を熟成させる保存容器が必要です。
容器はみそが呼吸できるように、陶器や木製が好ましく、大きさは大豆の量の3~4倍の容量のものを準備しましょう。

④重し
1~2kg程度の重しが必要ですが、ペットボトルなどでも代用できます。

⑤和紙・清潔なふきんなど
容器に詰めた味噌が空気に触れることでカビにならないように、味噌の上にピッタリと貼ります。

⑥包装紙・新聞紙・ひも
重しをのせると蓋ができないので、包装紙などで口を覆ってひもで縛ります。

|

2017年1月13日 (金)

本日はキット講座「ストレスマネジメント」

R0014341

本日は、36キット講座最終回「ストレスマネジメント」を行います。
毎回、悩みながら作るオーガニックおやつですが、今日はパワースチームオーブン「ニュー・グランシェフ」で焼いたにんじんたっぷりレーズンとクルミのケーキにしました。
乳製品・砂糖不使用、シナモン香るスパイシーなケーキです。
今回はおやつより、グランシェフで焼いたことがポイントです。
このオーブン、電磁マイクロ波を一切使用せず、1台で6役(蒸す・煮込む・オーブン・グリル・温め直し・解凍)をこなす優れもの!
まだ慣れないのですが、電子レンジを使っていなかった我が家では、蒸し器の使用が減ったことで洗い物も減りました(笑)。
味には関係ないかもしれませんが、みなさんの感想が楽しみです!

|

2017年1月 9日 (月)

不登校の子どもと焦る母のすれ違い

星野源さんの「恋」が流行っていますが、それを「ニートは楽だが親が泣く」という替え歌にしたものがあると聞き、さっそく聞いてみました。
働きたくても仕事に就けていない(この歌詞の内容では自発的に就かないようですが)、行きたくても学校にいけない、お子さんのことで悩んでいらっしゃるという方には正直コクだなと感じる歌詞でした。
しかし新年早々、この歌詞を笑い飛ばせるようになったというご家族から、うれしい報告をいただきました。

ホメオパシー健康相談を受けているお母さんの悩みは、離婚したことで子どもから父親を奪ってしまったこと、そして子どもの不登校。
不登校が始まったのは離婚より以前で、離婚が原因ではありません。
その原因は複合的で、担任教師とそりが合わない、部活の厳しさや先輩との人間関係、クラスでの居場所、成績の低迷などなど・・・
それに対して両親は、替え歌の「父の怒り、母の焦り・・・」という歌詞同様の感情をあらわにして、両親真逆の対応しました。
それ以前から離婚を考えていたお母さんは、時期を前倒しにして離婚を決意。

お子さんは母が以前から離婚を考えていたとは知らず、自分のせいで離婚に至ったと思い込み、学校ばかりか家での居場所を失う不安を持っていました。
また父の怒りに対してなげやりな気持ちになり、母の焦りに対して何とか期待に応えたいと思ってはいても、その一歩が踏み出せずイライラしていました。

親子相談は同日に2名で承りますが、中学生以上は大人と同じ扱いをするので、このケースでも別々の日で予約をしていただき、じっくり話しを伺いました。
すぐに単なる気持ちのすれ違いが判明し、許可を得て互いの本音を母子に伝えました。
その結果、和解することができ、お子さんは学校へ戻り、部活は辞めてアルバイトを始めると宣言したそうです。
そして何だかついでのように、鼻炎がよくなったとのことでした。

親子の問題はこじれると厄介なだけでなく、他人とのいさかいより憎悪が膨らむものです。
今回のケースは、互いが想いあっているのに、すれ違いがこじらせていました。
しかし家族で本音が言い合えないことってありますよね。
そんなときはホメオパスが仲介人を務めさせていただきます!
ついでに症状も改善したらラッキーですよね(笑)

|

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »