« ホメオパシーを知っていたら・・・ | トップページ | 体の声 »

2016年11月 5日 (土)

Babyだって痔は痛い!

昨日は、赤ちゃん連れの方のプライベートレッスンでした。
おとなしい赤ちゃんで、中盤まではご機嫌よく遊んでいたのですが、急に大泣きが始まりました。
お母さんが抱っこし、うんちに気づいたのですが、あまりの激しい泣き方に、
「うんちが硬かったんじゃない?」
と聞くと、一昨日は出たけど、昨日は出ていないとのこと。
なだめておむつ替えをすると、少し硬めだっただけでなく、拭いた際に出血がありました。
いきんだ様子もなかったのですが、大泣きの原因は切れ痔だったのです。

大人だってけっこう痛いし、拭くたびに刺激になります。
早々にアーニカ・カレンデュラ・ナックスボミカをとってもらい、Cクリームを塗ってもらいました。
しばらく泣いていましたが、抱っこしている間に眠ってしまいました。

痔にはGクリームが合いますが、手元になければ傷と一緒なので、CクリームでOKです。
Gでなければ、ということはありません。

毎日排便のある子でもちょっとしたことで便が硬くなることはありますよね、特に女児は。
1日でないだけで、便秘とは限りませんが、そんなときは、水分補給をこまめにしつつ、離乳食の場合は消化の良いサツマイモや豆類、青菜でつくったポタージュや海藻、干し柿、プルーンなどの食材に選ぶとよいでしょう。

またすりこみ油などを手にとり、おへその周辺を掌でやさしく「の」の字を描くようにマッサージするのも、腸の筋肉の弱い幼児には有効です。

お母さん、今日学んだ痔のレメディーも上手に取り入れてみてくださいね~

|

« ホメオパシーを知っていたら・・・ | トップページ | 体の声 »