« 選挙に行こう!~大橋巨泉の遺言 | トップページ | おなかの冷えにビワの葉へそ温灸 »

2016年8月 6日 (土)

いっしょ食いの文化

R0014266_2

友人から長野にある「ヴィラデスト・ガーデンファーム」のお土産に、エルダーフラワー・ジュースとリンゴ酢のマヨネーズをいただきました(なぜか写真が右回転してくれません・涙)。
以前に私も訪れたことのある玉村豊男さんのレストランとワイナリー、そして信州の山並みを見渡せる山の中のハーブガーデンが美しい場所です。

オーナーである玉村氏は、フランスで言語学を学び、欧州の暮らしや食のエッセイを多数著述し、画家でもあるという多才な方です。
沢山ある著書の中で「食卓は学校である」に、とても興味深い言葉があります。
それが「いっしょ食い(玉村氏の造語)」。

これは、テレビで日本人ソムリエが、料理を口に入れたままワインを口にするのを見てとても驚いた経験から造られた言葉です。
フランス人は決して食べ物を口に入れたままワインを飲むことはないし、それは大変無作法なことだそうです。
むしろ、例えば肉料理を食べていたなら、それを飲み込み、一度パンで口の中をリセットしてから、ワインを口にします。

一方日本人は、咀嚼中の口の中にワインを流し込んで料理とワインの相性を楽しむことに抵抗がない。
これはご飯と梅干しや佃煮を食べる食べ方と同じだというのです。

確かに私たち日本人にとって、ご飯と味噌汁、ご飯とおかずを一緒に味わうことは特別どころか、むしろ当たり前のことです。
一昔前は現代ほどおかずに恵まれていない食卓で、主食である玄米と少量の味の濃い梅干しやおかずを一緒に口に入れる「いっしょ食い」は、日本独特の食のスタイルなのかもしれません。

そのため海外の日本食レストランでは、欧米人がおかずを先に食べてしまい、最後にご飯にしょう油や塩をかけて食べることが多いのだとか・・・
世界無形文化遺産に認められた「和食」です。
できれば欧米の方にも、いっしょ食いで、和食を味わっていただきたいと思います。





|

« 選挙に行こう!~大橋巨泉の遺言 | トップページ | おなかの冷えにビワの葉へそ温灸 »