« 褥瘡(じょくそう)にCクリーム! | トップページ | 便秘治療薬で死亡報告 »

2016年6月15日 (水)

褥瘡(じょくそう)にCクリーム!追記

一昨日、訪問看護士さんから褥瘡=床ずれにC(カレンデュラ)クリームを使用したら、改善が早かったとの体験談を書きました。
その後、訪問診療に来たドクターに患部を診てもらうと、やはり改善が早いとのことで、他の薬剤ではなく、Cクリームを継続するようにと言われたそうです。

ドクターも認めるCクリーム、スゴイです!
我が家では、なくてはならない軟膏であり、外出の際は必ず持ち歩くようにしています。

ホメオパシーと聞くと怪しい、いかがわしい、といった先入観をお持ちの方もいますが、実際に使っていただけるとそのよさを体験できると思います。
私の知るドクターで、開業医をしながらホメオパシーの学校に通う方もいたり、ホメオパシー学校の同期には看護師をやめてホメオパスを職業とした方もいます。
私も含め、初めは怪しいと思いつつも自分の肉体で体感したことで、これは本物だ!と感じ、学ぶに至ったのだと思います。
これから始めてみようという方は、レメディー(砂糖玉)ではなく、まずは生活に取り入れやすいCクリームから始めてはいかがでしょう。

英国ではエリザベス女王をはじめ王室御用達の医療として知られており、保険適応の補完医療(代替医療)として広く利用されています。
またドイツでも同様に保険適応されており、2014年サッカーワールドカップで優勝したこの国のプロサッカーリーグにおいて、チームドクターの92%がホメオパシー治療を行っています。

日本でもそのような時代がやってくるように、心から願い、埼玉の小さな町でひっそりと活動しております(笑)

|

« 褥瘡(じょくそう)にCクリーム! | トップページ | 便秘治療薬で死亡報告 »