« 謝ってほしい人に謝ってもらう方法 | トップページ | 第五回農業と食シンポジウムin京都「医食農健」 »

2016年2月21日 (日)

手絞りしょう油

やはり流行していますね、インフルエンザ。
私の周りではあまりいらっしゃらず、クライアントのひと家族とかかりつけの歯科医だけでした。
ただ本日の検索フレーズランキング1位が、「インフルエンザ レメディー」なので、お調べになっている方は、こちらをご覧いただければと思います。
お役にたてば幸いです。

201602201100000020160220111400002016022013570000


昨日は、1年前から楽しみにしていたヤマキ醸造グループ/豆庵とうふ工房の蔵めぐりにでかけてきました。
毎週購入している豆庵のお豆腐の大ファンで、一度、製造の現場を見てみたいと思っていました。
こちらでは、同グループの農業生産法人豆太郎が土からこだわった(3年以上農薬・化学肥料・除草剤不使用)国産有機栽培の大豆を生産し、その大豆の中からできのよい豆だけを原料とし、名水(神泉水)によってお豆腐作りをしています。
いきいきとした豆の甘みとなめらかなお豆腐だけでなく、濃ーい味わいのゆばも絶品です。
他にしょう油や味噌も杉樽で製造しており、このような昔ながらの製法で仕込んでいるところはあまりないそうです。

蔵めぐりの後は、豆腐会席/紫水庵で旬野菜の創作料理をいただき、その後、しょう油づくりを体験しました。
といってももろみは完成しており、それを布に入れて、何層にも重ね、てこの原理で手絞りするだけ。

宮家ではなく、お客様の御用をきく御用蔵だったのが、いまでは年に2回献上をしているという話からも、美味しさだでなく、安心・安全、そして100年以上家業として代々受け継がれている伝統なのだと感じました。

参加者も鹿児島のやさい村さんや千葉でこれからオーガニックショップをオープンする予定という方ばかりで、意気投合でき楽しかったです。

まずは調味料やお豆腐から食を変えてみませんか。

|

« 謝ってほしい人に謝ってもらう方法 | トップページ | 第五回農業と食シンポジウムin京都「医食農健」 »