« 1/11 統合医療を結ぶ!新春公開シンポジウム | トップページ | 自然派ママのつながりを応援! »

2016年1月15日 (金)

異物混入の可能性がある食品がスーパーに!

昨日の報道の中でSMAPの件より驚いたのは、「カレーハウスCoCo壱番屋」を展開する壱番屋が、製造過程で異物が混入したため廃棄処分を依頼した冷凍ビーフカツ約40600枚(約5.6トン)の一部が不正に転売されたと発表したことです。
愛知県は、このうち約5400枚が同県内のスーパーで販売されたことを明らかにしました。

現在までに健康被害は確認されていないようですが、転売業者は約7000枚は堆肥処分し、残りを複数業者に転売したとのことで、約28200枚は行方不明です。
消費者に注意を呼びかけるとともに、流通経路や販売先を調べているとの報道でしたが、すでに知らずに食べてしまった人やこの報道を知らずに使用してしまう外食産業の店舗もあると考えられます。

またしても食に関しての信じがたい事件が起こったと思うと同時に、食の安全、健康をどう守るべきかを考えさせられました。

やはり自分や家族の健康は自分で守る!
そのためには出来合いの食品ではなく、極力自分の手で作ることがよいと考えます。
そこで、まずは家庭で使う調味料・味噌から手作りしてはいかがでしょう?

来月26日、味噌づくり教室を行います。
手作りした味噌は、お土産として持ち帰り、秋にはご家庭で味わうことができます。
会場は東川口のリビングプラスではなく、キレイなキッチンのある浦和のショールームで行います。
詳細は近日お知らせしますので、お楽しみに~♪

|

« 1/11 統合医療を結ぶ!新春公開シンポジウム | トップページ | 自然派ママのつながりを応援! »