« お薬に頼らない自然派ママのホメオパシー茶話会★日程決定! | トップページ | 不正製造ワクチン!! »

2015年11月29日 (日)

大腸・すい臓がんサバイバーの方のお話

本日は大腸・すい臓がんサバイバーの方からお話を伺う機会がありました。
75歳のその男性は、15年前に大腸・すい臓がんが発見され、大腸は切除手術を受けたものの、その後の抗がん剤や放射線治療は受けず、玄米菜食に移行することですい臓がんは消失し、現在まで再発・転移していないとのことでした。

以前は肉食が大好きだったのですが、診断後は動物性食品を避け、積極的にたっぷりの野菜と玄米を食べたといいます。
ここまでならよく聞く話ですが、特に何を避け、何を積極的に食べたのかというと、遺伝子組み換え食品を避け、玄米と米ぬかをこうじ菌で発酵させた食品を積極的に食べたそうです。
以前、ラットに遺伝子組み換え食品を与え続けたところ、あちこちの臓器に腫瘍ができたという映像をみたことがあるので、意外なようで納得できます。
また奥様が熱心に酵素玄米を炊き、毎日発酵食品を欠かさず食べた結果、すい臓がんが消失したとのお話でした。

実は1ヵ月ほど前の地方新聞に「発酵玄米、すい臓がん予防か~マウス類実験で効果・名古屋市立大准教授が発表」という記事を読みました。
すい臓がんを引き起こす発ガン性物質を投与したマウス類に、通常のえさと、発酵食品を混ぜたえさを食べさせ、腫瘍がガン化していく進行具合に差があるか調べました。
実験の結果、がんを進行させる活性酸素の働きを抑えている可能性があると分析しており、今後、その仕組みを解明していくとのことです。

ということはこの男性は15年前から、自身の肉体で実験をしていたことになります。
お話の最後に、「食生活の改善は未病のうちに」とおっしゃっていました。
大病でもしないと食の改善に取り組むことは難しいと仰る方もいますが、このブログをきっかけに取り組んでいただけたら幸いです。

|

« お薬に頼らない自然派ママのホメオパシー茶話会★日程決定! | トップページ | 不正製造ワクチン!! »