« 猫ちゃんの下半身麻痺と後肢の壊死改善 | トップページ | 玄米菜食を時短で楽に、おいしく! »

2015年10月22日 (木)

最新ホリスティック歯科治療

先週の日曜日は、最新ホリスティック歯科治療について勉強してきました。

日常、病院にお世話になることはほぼないのですが、歯科だけはお世話になってしまいます。
そんな歯の弱い両親から生まれたわが子を心配して、必死で仕上げ磨きをした偉大な母(自画自賛!)のお陰で、息子は一度も治療経験がありません。
しかし歯が丈夫なのは、ホメオパシージャパンの「ホメオパシック・トゥースペースト」のお陰であると盲信しており、大量の歯磨き粉を消費するばかりで、母に感謝することはありません(涙)。
感謝してほしいわけではありませんが、必要以上の消費は止めて欲しいと思っています(笑)。

さて、本題。
15~6年前にも根管治療やインプラントについて医師からレクチャーしていただいたことがありますが、近年は造骨治療の進歩が著しく、あわせて食や体のゆがみ、咬み合わせなどを統合的に治療することで歯のみならず、全身治療となり健康へと導けるとのお話でした。
なかでも歯周病や事故で歯を失った方の顔立ちの変化、食への興味喪失、自信喪失などの問題が造骨治療とインプラントで改善したケースは大変興味深いものでした。
「歯科は口の中だけしか見ない」という視野の狭い考え方ではなく、精密な治療を行うミクロな見方と、口腔を心身の一部として捉えるマクロな見方、そしてそれを取り巻く環境をも統合したうえで診断・治療を行っているそうです。
このアプローチによって歯がよくなるだけでなく、味覚障害やリウマチ、アトピーといった症状まで改善したと伺いました。

ホメオパシー療法を行っている方は、病院での治療をなるべく避ける方がよいと考えがちです。
もちろん不必要な治療や投薬は無用ですが、生活の質が低下する場合は積極的に治療を受けるという選択肢もありだと思います。

できることなら「木をみて森を見ず」というより、広い視野で健康を見据えている歯科医が増えてくれるとうれしいですね。

|

« 猫ちゃんの下半身麻痺と後肢の壊死改善 | トップページ | 玄米菜食を時短で楽に、おいしく! »