« 最新ホリスティック歯科治療 | トップページ | 特別講演会「食べものが人生を変える」 »

2015年10月24日 (土)

玄米菜食を時短で楽に、おいしく!

R0014137R0014139

R0014125R0014126

どうも周囲から「料理好き」という誤った印象をもたれているようです。
働く主婦としては、あまり手間をかけずに健康的で、美味しいものを食べたいと常に思っているだけで、どちらかというと苦手に感じています。

でもだしをとったり、玄米を炊いたりして大変ですよね?
といわれますが、だしパックや電子レンジなどに頼らなくても時短できる方法があるのです。

本来だしは、昆布を水に15分くらいつけてから蓋をして火にかけ、沸騰したら昆布を取り出し、削り機で削った鰹節を入れてひと煮立ちで火を止め、2~3分したらこす・・・と手間も時間もかかります。
そのうえ取りだしただし昆布と鰹節を無駄にしないために、昆布の佃煮や鰹節のふりかけをつくるとなると更に手間がかかります。

以前は残っただし昆布や鰹節を毎回、冷凍保存し、一定量が溜まってから佃煮をつくっていました。
しかし忙しい日々が続くと、冷凍保存が大量にたまって調理しきれなくなり、処分することがありました。
そこで最近は、なまくら流ズボラ派家庭料理研究家の奥園壽子さんに習って、だし昆布などを取りださずに食べることにしています。

味噌汁なら昆布をはさみで2mm程度に切り、鰹節ではなく小さめの煮干しを水に15分程度つけてから火にかけ、沸騰したら弱火で取りださずに、具と一緒にいただきます。
お客様に出すものではないので、見かけはともかく、無駄なく、時短になるだけでなく、カルシウムやミネラルも一緒にいただくことができるので、いいことづくめです。
手間というほどではありませんが、複雑なうまみがでるので、味噌は3種類(自家製・麦・六年味噌)を使うことにしています。

他にも切干大根の煮物は、だしを別にとらず、切干を戻した水をだし代わりにすると、これまでの作り方よりも甘味が強く、砂糖類を使用しなくても美味しくできます。
干しシイタケは使う前日から、蓋付容器に重しをして、冷蔵庫で戻します。
砂糖を加えたり、ぬるま湯で戻す方法もありますが、冷蔵庫でゆっくり戻すのが一番ふっくら美味しく戻ります。
そんな時間がない場合やみじん切りにする場合は、干しシイタケを手で砕いてから戻したりもします。

非常食(料理に時間がかけられないときのために冷凍などにすることを我が家ではこう呼びます)用に、時間があるときに玄米をおおめに炊いて、オーブンシートに包んだ1食分をジップロックの袋に入れて冷凍保存しています。
食べる前に蒸し器で15分蒸せば、ふっくら炊きたてのようになりますよ。

写真はとある日のランチです。
お見せできるような立派なものではありませんが、食事指導をしている方に、こんなんでいいんだよーという気持ちで掲載しました。

・冷凍玄米ご飯+シソの実
・具だくさん味噌汁(里芋・大根・人参・ごぼう・小松菜・いりこ・昆布・ねぎ)
・やわらか炒り豆腐(ひじき・いんげん・人参・たまご・白胡麻)
・香物(奈良漬・甘酢生姜)
・三年番茶+ケツメイシ

常々気をつけているのは、
①旬のものを一物全体として使いきる
②まっ白い米・小麦・砂糖を使用しない
③砂糖・酒は使用しない
 ※みりんは使用
④毎日、乾物・青菜・梅干しを食べる
⑤胡麻を大さじ1以上食べる
 ※最近は擦り胡麻を持ち歩くようにしています
⑥毎朝、体調に合わせた果物・青汁・スムージーのみをとる

こんなところでしょうか。

上段右の写真は、茹でた大根葉を刻んで、じゃこと白胡麻、しょうゆで味付けした簡単な大根葉のふりかけです。
時間があるときにこんな小さなおかずを作り置きしておくのもよいですね。

またその下の3粒の梅干しは、左から赤紫蘇で漬けた梅干し、紫蘇なし梅干し、7年物の梅干しです。
梅干しは古いほどよいとされるのですが、毎年、作っては食べきってしうまうので、なかなか古いものが食べられません。
時間とともにしぼんで小さくなっていますが、梅エキスのような滋味深い、味わいがあります。
梅干し作りは大変な作業ですが、作ってしまえば1年楽しめますし、究極の時短おかずでは?と思います。
作ったことがない方は、ぜひ来年トライしてみてください。











|

« 最新ホリスティック歯科治療 | トップページ | 特別講演会「食べものが人生を変える」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169821/62540112

この記事へのトラックバック一覧です: 玄米菜食を時短で楽に、おいしく!:

« 最新ホリスティック歯科治療 | トップページ | 特別講演会「食べものが人生を変える」 »