« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月24日 (土)

玄米菜食を時短で楽に、おいしく!

R0014137R0014139

R0014125R0014126

どうも周囲から「料理好き」という誤った印象をもたれているようです。
働く主婦としては、あまり手間をかけずに健康的で、美味しいものを食べたいと常に思っているだけで、どちらかというと苦手に感じています。

でもだしをとったり、玄米を炊いたりして大変ですよね?
といわれますが、だしパックや電子レンジなどに頼らなくても時短できる方法があるのです。

本来だしは、昆布を水に15分くらいつけてから蓋をして火にかけ、沸騰したら昆布を取り出し、削り機で削った鰹節を入れてひと煮立ちで火を止め、2~3分したらこす・・・と手間も時間もかかります。
そのうえ取りだしただし昆布と鰹節を無駄にしないために、昆布の佃煮や鰹節のふりかけをつくるとなると更に手間がかかります。

以前は残っただし昆布や鰹節を毎回、冷凍保存し、一定量が溜まってから佃煮をつくっていました。
しかし忙しい日々が続くと、冷凍保存が大量にたまって調理しきれなくなり、処分することがありました。
そこで最近は、なまくら流ズボラ派家庭料理研究家の奥園壽子さんに習って、だし昆布などを取りださずに食べることにしています。

味噌汁なら昆布をはさみで2mm程度に切り、鰹節ではなく小さめの煮干しを水に15分程度つけてから火にかけ、沸騰したら弱火で取りださずに、具と一緒にいただきます。
お客様に出すものではないので、見かけはともかく、無駄なく、時短になるだけでなく、カルシウムやミネラルも一緒にいただくことができるので、いいことづくめです。
手間というほどではありませんが、複雑なうまみがでるので、味噌は3種類(自家製・麦・六年味噌)を使うことにしています。

他にも切干大根の煮物は、だしを別にとらず、切干を戻した水をだし代わりにすると、これまでの作り方よりも甘味が強く、砂糖類を使用しなくても美味しくできます。
干しシイタケは使う前日から、蓋付容器に重しをして、冷蔵庫で戻します。
砂糖を加えたり、ぬるま湯で戻す方法もありますが、冷蔵庫でゆっくり戻すのが一番ふっくら美味しく戻ります。
そんな時間がない場合やみじん切りにする場合は、干しシイタケを手で砕いてから戻したりもします。

非常食(料理に時間がかけられないときのために冷凍などにすることを我が家ではこう呼びます)用に、時間があるときに玄米をおおめに炊いて、オーブンシートに包んだ1食分をジップロックの袋に入れて冷凍保存しています。
食べる前に蒸し器で15分蒸せば、ふっくら炊きたてのようになりますよ。

写真はとある日のランチです。
お見せできるような立派なものではありませんが、食事指導をしている方に、こんなんでいいんだよーという気持ちで掲載しました。

・冷凍玄米ご飯+シソの実
・具だくさん味噌汁(里芋・大根・人参・ごぼう・小松菜・いりこ・昆布・ねぎ)
・やわらか炒り豆腐(ひじき・いんげん・人参・たまご・白胡麻)
・香物(奈良漬・甘酢生姜)
・三年番茶+ケツメイシ

常々気をつけているのは、
①旬のものを一物全体として使いきる
②まっ白い米・小麦・砂糖を使用しない
③砂糖・酒は使用しない
 ※みりんは使用
④毎日、乾物・青菜・梅干しを食べる
⑤胡麻を大さじ1以上食べる
 ※最近は擦り胡麻を持ち歩くようにしています
⑥毎朝、体調に合わせた果物・青汁・スムージーのみをとる

こんなところでしょうか。

上段右の写真は、茹でた大根葉を刻んで、じゃこと白胡麻、しょうゆで味付けした簡単な大根葉のふりかけです。
時間があるときにこんな小さなおかずを作り置きしておくのもよいですね。

またその下の3粒の梅干しは、左から赤紫蘇で漬けた梅干し、紫蘇なし梅干し、7年物の梅干しです。
梅干しは古いほどよいとされるのですが、毎年、作っては食べきってしうまうので、なかなか古いものが食べられません。
時間とともにしぼんで小さくなっていますが、梅エキスのような滋味深い、味わいがあります。
梅干し作りは大変な作業ですが、作ってしまえば1年楽しめますし、究極の時短おかずでは?と思います。
作ったことがない方は、ぜひ来年トライしてみてください。











| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月22日 (木)

最新ホリスティック歯科治療

先週の日曜日は、最新ホリスティック歯科治療について勉強してきました。

日常、病院にお世話になることはほぼないのですが、歯科だけはお世話になってしまいます。
そんな歯の弱い両親から生まれたわが子を心配して、必死で仕上げ磨きをした偉大な母(自画自賛!)のお陰で、息子は一度も治療経験がありません。
しかし歯が丈夫なのは、ホメオパシージャパンの「ホメオパシック・トゥースペースト」のお陰であると盲信しており、大量の歯磨き粉を消費するばかりで、母に感謝することはありません(涙)。
感謝してほしいわけではありませんが、必要以上の消費は止めて欲しいと思っています(笑)。

さて、本題。
15~6年前にも根管治療やインプラントについて医師からレクチャーしていただいたことがありますが、近年は造骨治療の進歩が著しく、あわせて食や体のゆがみ、咬み合わせなどを統合的に治療することで歯のみならず、全身治療となり健康へと導けるとのお話でした。
なかでも歯周病や事故で歯を失った方の顔立ちの変化、食への興味喪失、自信喪失などの問題が造骨治療とインプラントで改善したケースは大変興味深いものでした。
「歯科は口の中だけしか見ない」という視野の狭い考え方ではなく、精密な治療を行うミクロな見方と、口腔を心身の一部として捉えるマクロな見方、そしてそれを取り巻く環境をも統合したうえで診断・治療を行っているそうです。
このアプローチによって歯がよくなるだけでなく、味覚障害やリウマチ、アトピーといった症状まで改善したと伺いました。

ホメオパシー療法を行っている方は、病院での治療をなるべく避ける方がよいと考えがちです。
もちろん不必要な治療や投薬は無用ですが、生活の質が低下する場合は積極的に治療を受けるという選択肢もありだと思います。

できることなら「木をみて森を見ず」というより、広い視野で健康を見据えている歯科医が増えてくれるとうれしいですね。

|

2015年10月13日 (火)

猫ちゃんの下半身麻痺と後肢の壊死改善

11日は16回目となるJPHMAコングレス(ホメオパシー療法による症例発表会)に出席してきました。

そこで久しぶりに後輩のNさんにお会いしました。
彼女は元クライアントで、その後、ホメオパシー学校に入学し、現在はホメオパスとして都内で活躍している方です。
その方が飼っている猫ちゃんが、肥大性心筋症によって血栓を詰まらせ、下半身麻痺と後肢の壊死を起こしたそうです。
動物病院では即手術を勧められましたが、弱った心臓で麻酔に耐えられるか難しいとも言われ、ホメオパシーのみで対応することを選択しました。
さまざまなレメディーを与え、夏場には壊疽した部分からかなり酷い膿が異臭を放ち、先端部分がもげたそうです。
それでも消毒などの処置をすることなく過ごし、現在はキレイに傷口がふさがり、毛が生え始めただけでなく、麻痺も残らず、毎日元気に部屋中を駆け回っているそうです\(◎o◎)/!

この話を沢山の写真とともにパネルで発表されていました。
さまざまなケースに触れられるのがコングレスのよさであり、学びの場でもあります。

彼女はアニマルホメオパスでもあるので、今後は動物の相談をいただいた際は、ぜひ彼女をご紹介させていただこうと思いました。

それにしても猫ちゃんの生命力の強さに驚かされます。
ホメオパシーには治癒の法則(治癒の過程には一定の方向性がある)があり、重要な臓器を守るために、悪い部分を末端(四肢)にもってくるとの考えがあり、このケースはまさに法則通りです。

アルベルト・シュバイツァー医師は「すべての患者が、自分の中に医者をもっている」といったように、人間だけでなく、猫も犬も、植物も自然治癒力という医者をもっています。
現代人はもう少し、その医者の存在に目を向けるべきではないでしょうか。

|

2015年10月12日 (月)

10月に砂浴

先週金曜日は秋晴れのさわやかな日でしたが、東城百合子先生が砂浴にお出かけになったと伺い、ビックリしました。
砂浴は、土が腐ったものでも浄化し、命とすることから、砂の中に入り、自然の力によって体内の毒を吸い出していただく療法です。
砂浴でふぐ中毒の方やリウマチで歩けなかった方が歩きだしたりしたという体験談を聞きますが、真夏に行うものと思いこんでいました。

そこで「砂浴のテキスト」を再読してみると、適温は28度とありましたが、25~20度でも砂を深く掘って、少し多めに砂をかければ、体温で砂が温まり気持ちよく入れると書かれていました。

金曜日の気温は25度前後で、半袖では涼しく感じましたが、10月でも全く問題がないようです。
ただし砂の外に出るとかなり寒さを感じるため、アウターを用意する必要があります。
また砂が濡れていると体温が奪われるので、傾斜地か少し小高い砂丘を選ぶようにします。

逆に真夏は、海辺に近い平地が涼しくて気持ちがよいです。
ただ昨今の猛暑厳しい日に行う場合は注意が必要です。
多量の発汗を好転反応と考え、気分が悪くなるまで頑張ってしまうケースがあるようです。

体の弱い方は猛暑日や涼しくなってからの砂浴は控え、無理はしないようにしましょうね。

大自然の暖かいふところに入ることで、安らぎを感じ、魂が憩うことができる砂浴。
今年は海に行くことができませんでしたが、来年は都会の喧騒を離れ、魂と肉体のデトックスに出かけたいと思います。

|

2015年10月 3日 (土)

欠乏と毒からはじまる代謝異常

薬剤に頼らず、治癒率の高いがん治療を行ったドイツ人医学博士、マックス・ゲルソン博士は、「がんを始めとするあらゆる慢性病は、『欠乏と毒からはじまる代謝異常』である」といっています。
つまり解毒・排出して、欠乏を補うことができれば、慢性病を解決できるということになります。
取り込むことは簡単なのに、毒物を解毒・排出するのは容易ではありませんが、がんですら解決できる可能性が高い治癒率とともに示されています。

世の中では「2人に1人ががんになる時代」といわれるように、最近ではがんを告白する芸能人が少なくありません。
この2人に1人とは、生涯を通してがんになる確率(男性は54%、女性は41%)をもとにした数字のようですが、男性の場合、働き盛りである60歳までにがんになる確率は7%です。
93%はがんになっていません。
しかし前立腺がん以外の要因で死亡した男性を解剖すると、50歳以上の20%、80歳以上の半数近くで前立腺がんが見つかるというデータがあります。
つまり高齢になるほど代謝機能が低下し、がんのリスクがアップするといえそうです。

日本の死亡原因第一位のがんに対抗するにはどうしたらよいのでしょう?
やはり第一に、毒を取り込まない努力が必要でしょう。
たばこ・排気ガス・食品添加物・化学薬品などなど、自然界に存在しない不自然な物質を肺や腸、皮膚からもできるだけ吸収しないように、そして十分な休息と睡眠、運動の習慣、ストレスを減らして笑いの多い生活を心がけることが、がんを遠ざけることに繋がります。

特に重要なのは食ですが、いつでも簡単に安価なできあい食品でお腹を満たすことができる現代にあって、化学肥料・農薬不使用の玄米や野菜にこだわり、努めて伝統的な日本食を手作りすることはハードルが高いと思われがちです。
しかし、がんのリスクを低下させられるのであれば、多少経済的負担が増えても、面倒でも、食の改善に取り組むことをお勧めしたいと思います。
それに何より、手作りは美味しいです!

これまでがん治療は3つ(手術・放射線・抗がん剤)しかありませんでしたが、先日出席した症例研究会では医師たちによる第4の治療法となりうる自然療法の試験結果報告等がありました。
今後は医師と自然療法家や食養生家が手を組んだ新しいアプローチがスタンダードになる日も遠くないでしょう。
私も今月から都内の病院で患者さんに食と生活指導をすることになりました。
ホメオパスとの二足のわらじになりますが、これからも食の大切さ、自然の中で生かされている命のありかたをお伝えしていければと考えています。



|

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »