« 徴兵制はあるのか~狙われる貧困層 | トップページ | 東城先生・埼玉会館講演会のお知らせ »

2015年7月28日 (火)

兵士より介護士を! 武器より消火器を!

他国で武力行使の道を開く安保法案の審議が、参院特別委員会で始まりました。

61年前、自衛隊創設に際し、「現行憲法の条章と、我が国民の熾烈なる平和愛好精神に照らし、海外出動はこれを行わないことを、ここにあらためて確認する」と誓った参院の良識を信じたいと思います。

最近は、以前デモに参加したときより、若い世代の参加者が多いことをうれしく感じています。
週末も猛暑の中、子育て中のお母さんたちが「安保関連法案に反対するママの会」が渋谷の街頭デモで、「戦争立法反対!ママの渋谷ジャック」を行い、2000人(主催者発表)もの参加者が「子供を守る」「戦争させない」と訴えていました。

また「安保関連法案に反対する医療・介護・福祉関係者の会」が記者会見で、「軍事費が伸びれば医療や福祉、教育の予算はさらに削られる、兵士より介護士を」と訴えましたが、その通りだと思います。

先日、安倍首相の出演するテレビ番組で、アメリカ家とその別宅、日本家の3軒の家の立体模型で、アメリカ家と別宅の火事で、日本家の上にも火の粉が降りかかってるというたとえ話をしていました。
日本家からは消防隊員が消火器を携え、外へ行って消火活動をすると、首相は模型を振り回して熱弁しましたが、消火器ではなく、そこは武器でしょう!と突っ込みを入れたくなりました。
いっそ持ってよいのは、武器ではなく消火器や医療機器ならば、国際貢献なのにな~

週刊誌の中づり広告にも、「驕(おご)る政権は久しからず」という政権批判の記事が増加する中、参議院議員の方には国民の声に耳を傾けることをお願いしたいです。

|

« 徴兵制はあるのか~狙われる貧困層 | トップページ | 東城先生・埼玉会館講演会のお知らせ »