« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月24日 (水)

砂糖に課税、厚労省懇親会が提言

厚生労働省の「保険医療2035」策定懇親会が健康対策の一環として、2020年までにたばこ、アルコール、砂糖などへの課税強化を求める提言をまとめました。

現在、酒税とたばこ税がありますが、今後は菓子や清涼飲料などの食品に広く使用されている砂糖にも課税されることになるかもしれません。

ご存じの方もいると思いますが、1901(明治34)年から、消費税が導入される1989年までは砂糖税がありました。
課税開始当時、砂糖は輸入品が多く、贅沢品とみなされたことで課税対象になりました。

今回の提言は、2035年までに日本を健康先進国にすること、安定した健康医療財源の確保が狙いのようですが、厚労省や有識者が砂糖の健康被害を認め、摂取を減らすことで膨らみ続ける医療費を抑制できるとの考えに、個人的には同意します。

「砂糖の害は恐ろしい」 甲田光雄著
「どこで食い止められるか、カルシウム欠乏症~砂糖の副作用」 田村豊幸著
「砂糖の毒と肉食の毒」 桜沢如一著
「お母さんの栄養学~P.26白砂糖の問題点」 東城百合子

などに書かれている通り、砂糖の害は大きいと考えています。

そして米国カリフォルニア大学のチームは、過去の8000あまりの科学論文を精査した結果、「砂糖は慢性疾患に関与している(白砂糖以外も含め)」という結論をまとめました。
以前、英国科学誌ネイチャーにも同様の論文が掲載されたことがあり、厚労省でも手をつけるに至った感じでしょうか。

砂糖消費は年々増加し、過剰摂取による臓器への毒性や依存性はアルコールやたばこ同様であり、気づかないうちに摂取していることも問題です。
米国では「パッケージ食品の74%に砂糖が添加されている」との調査結果もあり、想像以上の量を摂取している可能性があります。
「世界的な健康危機をもたらしている主犯格のひとつは野放しだ」という厳しい意見もあり、これは遠い国の問題と片付けられません。
日本でも毎日のように新しいベーカリーショップやスイーツが紹介され、そのたびに行列の報道を耳にします。
スーパーで食品のビンや袋にかかれた原材料を見ると、糖類が入っていない商品を見つけることの方が難しいのが現状です。

論文では黒糖やてんさい糖、ココナッツシュガー、アガベシロップ、大麦麦芽シロップ、蜂蜜、メープルシロップ、フルーツジュース・・・に至るまで有害とされています。
つまり何もかもがダメなのですが、質の悪い白砂糖よりよいと思いますし、それよりも大量に摂取することが問題だと思います。

以前、注射する前の子どもに砂糖水を与えてから接種すると、泣く子が減るという調査結果をブログにアップしたことがあるように、甘味は多幸感を与えるのだと思います。
甘味のない人生は、どこか味気ないですし、料理にコクやテリを出せなくなります。
今後は、吟味した糖を少量いただくことがスタンダードとなり、慢性病を遠ざけるひとつの手段として知られればうれしく思います。


|

2015年6月17日 (水)

うちの子を何とかしてください

ホメオパシー健康相談を行っていると、ときどき、
「うちの子を何とかしてください」というお母さんがいます。

東城百合子先生の講演会に、同じことを訴えるお母さんがいたという話を、以前伺ったことがあります。
先生は、この方に一言、
「お母さんは、朝何時に起きますか?」と尋ねたそうです。
すると夫が起きなくてよいというので、夫が出掛けるまで寝ていると応えたそうです。

たぶんお母さんは、そんなことを聞かれた理由がわからなかったと思います。
しかし1冊でも先生の書籍を読まれたことがある方には、おわかりですよね。
先生は、
「台所で手作りをし、きちんと規律よく早寝、早起き、掃除、洗濯をして『生きる』ことをしっかりしていれば、『いのち』も世界も台所からみえてくる」(著書「家庭の味・手作り食品」)と常々おっしゃっています。
手足を使った日々の生活が人生となり、そこから生まれる智慧こそ重要であると。

自分の子どものことを、他人に何とかしてもらおうという他力本願こそ、何とかしなければならないことではないでしょうか。
そしてご自分のお子さんを、ありのままに受け入れることも必要だと思います。
もちろんそれぞれ事情があるでしょう。
それでもお母さんには、ひとごと、他人任せではなく、自力で何とかしたいという気持ちでいて欲しいです。
その気持ちがあれば、きっとよい方向に向かうと思います。
そして私には、レメディーという強い味方があるので、その助けを借りて、人生を切り開くお手伝いができれば、と考えています。

先日も危ないことをしてしまうというお子さんとお母さんが健康相談にいらっしゃいました。
危険なことをわかっていて、たとえわかっていなくても、する、ということは『いのち』を大切にできていないということです。
これにはお母さんもほとほと困っていらっしゃいましたが、一番つらいのはお母さんではなく、お子さんです。
当初、お子さんだけという依頼でしたが、親子相談を受けていただき、『いのち』をいただく食事についても毎回、アドバイスをさせていただきました。
食卓は、箸を箸置きに置くことから、箸の持ち方、使い方に至るまで、すべてが『いのち』に関する学びに溢れています。
最近は個食や孤食などといって、家族で食事をしなかったり、家族とは別の物を食べるという方もいらっしゃるようですが、事情が許す限り、母が手作りするものを家族一緒に食べることが教育・食育になるのだと思います。

長くなりましたが、先日、このお母さんから「危ないことをしなくなった」という、嬉しいご報告をいただきました。
お母さんもお子さんの大きな変化をよろこび、その成長を認めて大いに褒めていました。
お子さんも変わりましたが、私にはお母さんが大きく変化されたと感じました。
そしてこのようなケースをみると、ホメオパスをやっていて本当によかったな~♬ と感じます。
この親子も私自身も、まだまだ危なっかしい感じはありますが、今後も食の改善とホメオパシーで沢山の笑顔がみられるよう頑張りたいと思います。




|

2015年6月 9日 (火)

日本の野菜は安心?

日本産の農産物は世界一安心・安全と考えて、こだわって購入している人も多いと思います。
輸入野菜は農薬が心配、国産野菜なら安心。
しかし、実は日本産の野菜にも注意が必要なのです。

2014年、台湾の衛生福利部食品薬物管理署の発表によると、通関検査で不合格品が多かったのは、なんと日本からの輸入農産物と加工品だったのです。
みかん、ネギ、緑茶などが残留農薬に関する規定に違反していたといいます。

日本産のみかんからメチダチオンという農薬が、1.4ppm(みかん1kg当たり1.4mg)検出されました。
台湾の残留基準は1ppm以下だったため、廃棄処分となりました。
しかし日本の基準は5ppmのため、日本国内ではメチダチオンを含むみかんが当たり前のように流通しています。
台湾では0.4ppm超えたみかんが廃止処分され、日本では台湾の5倍の農薬が使用されたみかんを食べているのです。
みかんの皮で手作りマーマレード・・・想像してだけで、残念過ぎます。

このメチダチオンは、いよかん、ポンカン、デコポンなどほとんどの柑橘類栽培に使用される有機リン酸系の殺虫剤(主にカミキリムシ対策)です。
問題はその毒性の高さ。
劇物扱いの農薬で、1日の摂取許容量も他の農薬に比べて断トツに低く設定されているほどです。
それにもかかわらず、柑橘類の残留基準値が他の作物に比べて高いという矛盾を感じます。

EUでは2004年に使用が禁止され、2012年には輸入品の基準値を、日本の250分の1に当たる0.002ppmに下げています。
EPA(アメリカ合衆国環境保護庁)では発ガン性農薬リストに挙げられており、中国でも禁止の方向といわれています。
世界的に使用削減の方向にあることから、製造していたスイスのシンジェンタ社は2011年に製造中止を決めました。

このような状況のなかで、なぜ日本では現在も大量に使用しているのか?
それは全国農業組合連合会(全農)が、メチダチオンが殺虫剤のロングセラーとして定着しており、農家が農業を営む上で必要不可欠と位置付けているから・・・
というだけでなく、日本での開発、製造、販売の権利を2012年にシンジェンタ社から買取り、全農を通じて広く販売しているからのようです。
農薬による健康被害が疑われ、世界的に使用削減に向かう中、全農はどこへ向かおうとしているのでしょうね。

農薬は食品添加物と違い、表示がありません。
私たち消費者が賢くなって、できるだけ生産者の顔が見える、もしくは信頼できる店舗で購入する以外、健康を守ることは難しい時代になったのですね。


| | トラックバック (0)

2015年6月 8日 (月)

憲法学者が違憲を明言

R0013914

ココナッツオイルを大量にいただいたので、カレールーを手作りしました。
材料は数種類のスパイスと米粉、小麦粉、塩、しょうゆなどで、ほんの20~30分で簡単にできちゃいます。
小さな瓶に見えるでしょうが、これで18皿くらい作ることができます。
梅干しでもカレールーでも、購入するのが当たり前、という常識をちょっと見直してみませんか?

本題ですが、先週の安全保障関連法案に関する衆院憲法審査会で、憲法学者3人が他国を武力で守る集団的自衛権の行使容認は違憲と明言しました。
招かれた憲法学者のおひとり、長谷部恭男早大教授は「どこまで武力行使が許されるようになったかはっきりしない」と言い、笹田栄司早大教授は「読めば読むほど、どうなるか理解できない」と語りました。
憲法学者3人ともが集団的自衛権を行使できるようにする法案は「違憲」との見解を示し、小林節慶大名誉教授は「この法案を承認したら、国会が立憲主義に反することになる」と警告しました。

にもかかわらず、防衛相は「憲法解釈の変更は政府の裁量の範囲内。憲法解釈の基本的論理を維持しており、立憲主義の否定ではない」と言っています。

政府がわざわざ憲法の専門家を招いて行われた審査会なのに、専門家の意見に聞く耳を持たないとはどういうことでしょう??
立憲主義とは、国家権力やその合法性が憲法の制限下に置かれているということですが、政府にとって不都合な意見を聞かないという姿勢は、国家権力暴走のきざしに思え、平和と言う言葉が遠のくような恐ろしさを感じます。

|

2015年6月 2日 (火)

雀の舌!!

R0013913R0013912

人生初、エジプト料理をいただきました。
スープの中に、メロンの種のような形のとてもやわらかいものが入っていて、お店の方に「これは何ですか?」と尋ねると、「雀の舌」とのお応えにビックリ!!!
実は、雀の舌ではなく、そのような形状の、エジプトパスタだそうです。
メインディッシュは、米、パスタ、ひよこ豆の上にトマトソースとカリカリのフライドオニオンがのったエジプトの国民食コシャリをいただきました。
炭水化物ばかりのようですが、エジプト人は日本人の10倍のトマトを消費するとの話を聞き、ビタミン源はトマトなのだと知りました。
お味も日本人に合わせてあるのか、とても食べやすかったです。

たまたま伺うことになった秋津ですが、こちらのスフィンクス・ハラル・レストラン&カフェだけでなく、天然酵母パン・ブーランジェリーノブも子どもたちの健康を考え、食品添加物であるイースト・乳化剤不使用のパン屋さんも見つけちゃいました。
すっかり秋津のファンになりました♪


|

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »