« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月31日 (日)

47都道府県で揺れを観測

昨日の午後8時過ぎ、小笠原諸島西方沖を震源とするマグニチュード8.5の地震がありましたが、みなさんはどこにいましたか?

私は浦和美薗のショッピングモールの、とあるお店の試着室におりました。
服を試着し、「よし、買おう」と決心し、脱ぎ始めた途端にグラっ!
いかん、頭でも打って下着姿で発見されることは何とか避けなければ、と考え、揺れの中で必死に着替えて試着室を飛び出しました。
天井から下がるガラスのランプがフ~ラフラ揺れていましたが、それ以外は上から落ちて来るものはなさそうだったので、その場で落ち着くのを待ちました。

その後、買い物を済ませて外に出ましたが、どうもまだ揺れているような気分の悪さがありました。
久々の地震酔いです。
すぐに持っていた、Acon.アコナイトとCocc.コキュラスを口に入れ、深呼吸。
家族も同様の気持ち悪さがあるというので、レメディーをとらせました。
直後は、「気分が悪くて食欲がない」と言っていたのに、レメディーのおかげでケロっとよくなり、その後、寿司をバクバク食べていました(笑)。

36キットの他に、自分に必要と思われるレメディーは持ち歩くといざというときに役立ちますね~♬

|

2015年5月29日 (金)

どん底で八方ふさがりのときは・・・

Photo

ご近所に住む人生の大先輩が、どん底で八方ふさがり、にっちもさっちもいかない、と行き詰まりを感じた時の話をしてくれたことがありました。
長い人生の間には、そんなことを感じるときがあります。

では、どうするのか?

「落ちることも出来ないどん底で、前にも後ろにもいき場がないなら、空を見なさい。
上はガラ空き!底なら、もう上に上がるだけでしょう」
とのこと。
ごもっともです!

その方も別の大先輩からその助言をいただいたそうです。
この話を聞いてから、どん底とはいいませんが、気分が落ちる時は空を見上げることにしています。
そして思考を止めない、行動する。
間違った方向に向かっていないのなら、きっとお天道様が後押ししてくれると信じています。

|

2015年5月28日 (木)

おススメ料理本

R0013906R0013824


昨日のクライアントさんから、お勧めの料理本を尋ねられたので、写真左の書籍をご紹介しました。

1冊目は、言わずと知れた東城百合子先生の「家庭の味・手作り食品~健康は安全な食べものから(あなたと健康社)」。
これがあれば、味噌、梅干し、佃煮、漬物といった伝統料理から、ジャムやお菓子、パンまで作ることができます。

あとの2冊は、無農薬有機栽培の農産物を取り寄せ、玄米和食にこだわり続けている、福岡市にある高取保育園の給食をもとに作られた食育実践レシピ集、「ゼロから始める玄米生活」、「ゼロから始める玄米生活~おかず集」(ともに西日本新聞ブックレット)です。
これから玄米食を始めようとする方には、とてもわかりやすく、飽きずに玄米が続けられると思います。

写真右はただの蒸しパンですが、野菜や豆嫌いのお子さんには人参をすってレーズンを入れたり、おからや豆腐を入れてしっとりさせれば、きっと食べてくれると思いますよ。
Tさん、ぜひ、試してくださいね~

|

2015年5月21日 (木)

武州浜防風

R0013902

昨日のクライアントさんから大変珍しいお野菜をいただきました。
その名は「浜防風(ハマボウフウ)」。
初めて聞く名前ですが、ここ川口市の、特に木曽呂地区が栽培発祥の地であり、京浜市場の99%を生産しているそうです。

セリ科の多年草で、葉は濃緑色、茎はすらっとしていて紅紫色、ほのかに香りを放ち、若い葉柄は宮中晩餐会や高級料亭などの日本料理に必ずいっていいほど使われているそうです。
どうりで我が家の食卓にのぼらないはずです。

食べ方としては、主に刺身のつまや酢の物、お浸し、胡麻和え、天ぷらなどにするようです。
昨晩は、茹でて酢味噌でいただきましたが、三つ葉に似た香りで、大変美味しくいただきました。
茶碗蒸しやカツ丼などにも使えそうです。

つまにする場合は、茎の下部を針で割いて水に漬けると錨(いかり)のように巻き上がり、なんとも美しい姿になります。

江戸時代より作り続けられた作物ですが、古くは根を感冒で発熱・疲労している際や咳、関節の痛みなどにも用いたそうです。

それほどの歴史がある野菜が、これほど近所で栽培されていることを全く知りませんでしたが、美味しいお野菜なのでもっと広く知られるとよいな~と思いました。

|

2015年5月18日 (月)

Sanic.サニキュラアクアな男たち

本日の「完全攻略36キット講座」の参加者さんからおもしろい話を伺いました。

マテリアメディカで学んだSanic.サニキュラアクアに旦那様がピッタリ当てはまるというのです。
サニキュラアクアは、子どもの場合ではおとなしく遊んでいたかと思えば、急にむずかって、体を後ろに反りかえらせたりします。
大人の場合は、些細な事柄や物音を不快に感じ、怒りっぽい感じの人です。
この方の旦那様も、些細なことで急に怒りだするそうで、肉体的な特徴である汗っかきで、その汗で皮膚が刺激され、夏場は肘の内側や膝の裏がただれてしまう点でもピッタリです。
また悪臭の汗や口臭が強く、よく胃腸の問題を起こすそうです。
まさにサニキュラさん!!

別の参加者の息子さんも同様の悪臭の汗を多量にかくそうですが、こちらの方の臭いは納豆が更に腐ったような臭いだそうです。
この息子さんが歯の問題で抗生物質を出されたとき、いつもは腐ったような臭いを発する靴下が臭くなくなったそうです。
それは薬剤を飲まなくなった後もしばらく続いたとのことで、靴下洗いから解放されたお母さんは、処方した医師に感謝しましたが、医師は、薬剤のせいではないだろうと否定したそうです。
お母さんにしてみると、確かに臭いがなくなり、他に理由が見当たらないため、たぶん抗生物質が原因菌を駆除したのだろうと話されていました。

個人的にはあまりサニキュラアクアを使用したことがないのですが、意外とサニキュラさんが多いことに驚かされました。

写真を撮り忘れてしまいましたが、本日の講座のおやつは、手作りいも餅。
さつまいもと玄米餅を蒸して、すり鉢で潰し、きなこと黒糖をまぶしました。
やっぱり、出来たては美味しかったです♪

|

2015年5月16日 (土)

貧血に必要なのは・・・

R0013900R0013901

検査結果で正常範囲内ではあるが、貧血気味といわれたクライアントさんから、「何かよいレメディーはありませんか?」と質問を受けました。
そこで、ティッシュソルトのTS-01をお勧めしました。

ティッシュソルトはホメオパシー版のサプリメントですが、サプリと大きく異なる点があります。
サプリは不足した物質を補うために、鉄剤なら鉄そのもので作られますが、ティッシュソルトは物質を補うものではありません。
もちろんレメディーですから、物質を薄めて、薄めて作られていますが、補うことで改善を目指すのではなく、体内に不足する物質に対する気づきを与えるのみです。
気づいた体は、食べたものからその物質を吸収し、症状の改善をします。

つまり、TS-01をとるだけで貧血の改善にはならないのです。
不足しがちな鉄分を含む、人参の葉・大根の葉・小松菜・ニラ・ひじき・煎りゴマなどを積極的に取る必要もあるのです。

また東城百合子先生の著書「やさしいお母さんの栄養学(P.68)」には、

野菜は造血と関係があり、野菜に含まれているビタミンCは、破血病、カルシウム沈着に有効である外に、鉄分を腸内で吸収させる働きがあります。ですから野菜を食べないと造血が行われないのです。

との記述があります。

私も出来る限り献立に人参や大根の葉を使うようにしています。
写真左は、大根の葉とじゃこ、煎りゴマなどで作ったふりかけをかけたお弁当です。
ここに味噌汁のだしで残った鰹節や昆布を入れてもいいし、味付けは醤油だけでも、本みりんを少々加えてもおいしいです。
最近はほとんどが葉の付いていない人参や大根ですが、ぜひ葉付きの野菜を探してみてくださいね。

写真左は、東城先生のご自宅にある5本のビワの木を剪定されたとのことで、譲っていただいたビワの葉です。
本日はこの葉を煮出してお風呂に入れさせていただきました。
ビワの葉のお湯はやわらかで、湯冷めしにくいそうです。
最近お疲れ気味の私は、のんびりとバスタイムを楽しませていただき、心も体も軽くなったようです。
みなさんもお試しくださ~い♪



|

2015年5月14日 (木)

平和の危機

昨日は、台風が去ったと思ったら、朝から地震。
その前日には、北陸電力志賀原発(石川県)の敷地内の断層について、原子力規制委員会の有識者調査団の会合で活断層の疑いを指摘する意見書が公表されました。
記憶に新しい御嶽山の噴火、箱根では火山ガスが・・・
こんな国に原発が存在するなんてとんでもないことだと思います。

そして今日の臨時閣議で、安全保障関連法案が決定しました。
これで他国を武力で守る集団的自衛権を行使したり、地球規模で他国軍の戦闘を随時支援できるようになりました。
この決定は、憲法の平和主義の根幹が揺らぐ事態です。

これまで「戦後70年」といいましたが、もしかすると今は「戦前」なのかもしれません。

実はこれ以外にも小中高校の教員免許を国家による免許にしようとする動きがあります。
現在、教員免許を地方の教育委員会が交付しているのは、国が教育に介入して戦争賛美を子どもたちに刷り込み、戦場に向かわせた戦前の反省によるももです。
国の介入の結果、多くの若い命が犠牲になりました。
苦い過去を繰り返さないように、これまで「教育は国家から独立すべき」とされてきました。
国家免許となれば、時の政権の意向に沿わない者には免許が交付されないこともあり得ます。
つまりは、私たちの大切な子どもや孫たちが、政権に迎合する教員によって、喜んで戦争に行くことを教育されるです。

私がもう少し若かった頃に、「平和ボケ」という言葉がありましたが、ボケっとしている場合ではない時代になったのですね。

|

2015年5月12日 (火)

祝❁Baby誕生!!

R0013897R0013899

昨日の「完全攻略36基本キット講座」でお出しした、黒糖ビスコッティは大好評で、「売って下さい」といわれたことでいい気になって、今日は、いただいた手作り「夏みかんジャム」でカップケーキを作りました。
最近、砂糖と小麦を減らそうと考え、お菓子やパン作りを控えていたのですが、たまの楽しみならいいですよね♪
って一日おきに作ってますけど・・・(笑)
※もちろん砂糖は黒糖・メープル、小麦は五分付を使用しました。

さて、本日はいろいろなメールをいただきました。

出産希望で通われていたクライアントさんが、まさに今日、無事出産されました!
アーニカ・カレンデュラ・ハイペリカム・べリスペレニスなどをとってセルフケアをしているとの報告メールをうれしく読ませていただきました。
他にも産後ケアに必要なレメディーをお伝えし、これから始まる「授乳とオムツ替え」で眠れなくなる前にゆっくり休養することをお勧めしました。
抱っこさせてもらうことを楽しみに待ってま~す♪

他には、検査に行かれた方とこれから検査で病院へ行かれる方のメールでした。
検査といわれるだけで、ドキドキしますよね。
そんなときは、アコナイト・アージニット・アーセニカムなどを適宜とりならが、確定してもいないことを過度に心配せず、平常心で病院にお出かけください。
でかけるときは、戸締りとレメディー・キットを忘れずに~



|

2015年5月 6日 (水)

手作りはおいしい!

R0013896

ゴールデンウィークがあっという間に過ぎ去ろうとしていますが、みなさんはどのようにお過ごしでしたか?
私は日ごろなかなか作れないレシピにトライしてみました。

ひとつは玄米太巻き。
具は7種類(干しシイタケ・かんぴょう・厚焼き卵・高野豆腐・人参・紅ショウガ・三つ葉)、すべて別々に下ごしらえ、味付けをしました。
紅ショウガは、生姜を千切りにして軽く茹で、自家製赤梅酢に一晩漬けて作りました。
大量に作って、実家や友人に配りましたが、とても喜ばれました。

ふたつ目はよもぎ餅。
今回はよもぎ摘みに行かれなかったので、いただいたものですが、茹でて、細かく切り、それをすり鉢で潰す、この作業がなかなか大変!
よもぎは繊維が硬いので、かなりの力仕事です。
でも出来上がりは上々で、春の香りを楽しみました。
冬の間に溜まった毒素もこれでデトックスできたように感じます。

現在は簡単に購入できるものですが、手作りしたものは格別であり、子どもたちは母の味を大人になっても忘れないものです。
子どもが小さかったころに、端午の節句に柏餅を作りましたが、驚くほど巨大な柏餅になってしまったことも、今はよい思い出です。
手間のかかる作業ではありますが、たまには親子で伝統料理を楽しんではいかがでしょう。

|

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »