« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月30日 (木)

閉経後のうつ病患者にホメオパシー臨床試験

Photo


友人のホメオパスがおもしろい記事を教えてくれたので、ご紹介したいと思います。

女性の多くは40歳を超えると生理周期が不規則になり、おおむね50歳頃に閉経を迎えます。それに伴う卵巣機能の低下により、女性ホルモン・エストロゲンが減少することで、頻脈(脈が速くなる)、動悸、息切れ、ホットフラッシュ(のぼせやほてり)、多汗、頭痛、めまい、耳鳴り、不眠、疲労感、口の渇きなどの症状を引き起こします。
これらの更年期症状以外にも、精神的に不安定になったり、イライラとヒステリーを起こしたり、抑うつ的な気分になることもあります。
症状の強弱には精神的な要素が大きくかかわっているため、場合によっては重いうつ症状に陥る方もいます。

そんな閉経によるうつ病に対する有効な治療法としてホメオパシーの安全性や効能を調査すべく、メキシコ国立工科大学の研究チームが臨床試験を実施しました。
臨床試験には、レメディーを使ったホメオパシー療法と、薬理学的に活性を有さないニセ薬であるプラセーボ、そして一般的な抗うつ剤を使用して効果を比較する「3群試験」という方法が使われました。
詳細をお読みになりたい方はこちら へどうぞ。

点数が低いほどうつ病の程度が低くなる試験結果では、実質的にレメディーのみ投与されたグループが、抗うつ剤のみを投与されたグループより5ポイントも低かったことが判明し、薬物投与よりホメオパシーに軍配が上がりました。

またうつ病の症状がもともとの悪い状態から半分以上減少したことを示す反応率は54%。
つまりホメオパシーで、被験者の54%が症状の半分以上が減少したということです。
ホメオパスとしては、大変喜ばしい数字です。

しかし3つのグループ間の寛解(病気の症状がほぼ消失)率は、15.9%で、大きな差が認められませんでした。

結果としては、ホメオパシー治療が最も効果的であるということですが、この研究結果に信頼性の不備を指摘する声があるのも事実です。

個人的な意見ですが、寛解率が同じなら、何を飲んでも、飲まなくても一緒ということですよね。
もとより何も飲まないで治ることがベストですが、何かに頼りたい、飲みたいと思うなら、副作用のないレメディーをとることを私はオススメしたいと思います。





|

2015年4月25日 (土)

通信障害が解決しました

R0013888

この数日、メールの通信障害が続いておりましたが、本日、解決しました。
クライアント様には、ご迷惑をかけ、大変申し訳ありませんでしたm(__)m

トラブルが解決したので、シュークリームをつくってコーヒーブレイクするつもりが、ガスオーブンの設定で焼いたため、しぼんでしまいました・・・涙(写真左側)
我が家のオーブンは火力が弱いので、220度の設定で再度、挑戦!
2度目はしっかり膨らみ、大成功でした。

次回の「完全攻略36レメディーキット講座」でお出ししたいと思います。

|

2015年4月21日 (火)

返信メールの不具合発生!

昨日は「完全攻略36レメディーキット4回講座」にご参加いただき、ありがとうございました。
「はじめてのホメオパシー」から参加された方は、4時間の長丁場になってしまいましたね。
用意しておいたかぼちゃスープとカンパーニュの軽食で、なんとか空腹をのりきれ、そのうえ「美味しい」といっていただき、ホッとしました。

さて、本題の返信メールの不具合ですが、日曜日にNTT光フレッツからソフトバンク光に移行したことで発生したようです。
現在、リビングプラスにメールは届いておりますが、こちらから返信することができません。
お急ぎの方は、お手数ですが、電話連絡していただけると助かります。

ご迷惑をかけ、大変申し訳ありませんm(__)m

|

2015年4月16日 (木)

浦和・北浦和で和みのヨーガ

Photo

これまで東川口に出張していただいたMayumi先生の「和みのヨーガ」が、浦和と北浦和でも受講できるようになりました。
どちらの会場でも月に4回、開催されています。

これまでホメオパシーや食の問題のミニ講座とコラボさせていただいた「大人の部活・和みのヨーガ」ですが、これをもちまして終了となります。
ご参加いただいた方々には、心から感謝申し上げます。

カラダをゆるめることが苦手な現代人に、自分自身で日々手当てを施し、かつ自律神経を整えてくれる和みのヨーガを、今後も応援し、継続していきたいと考えています。
浦和・北浦和にもたま~に参加しますので、どうぞよろしく!

*今後の日程*

浦和
会場 : 浦和コミニティセンター
日時 : 4/6(月)10階レクルーム2
       4/11(土)10階第10集会室
        4/25(土)10階第7集会室
             4/27(月)10階レクルーム2
             10:00~11:30
参加費:¥500
持ち物:ヨガマット・飲み物・ラクな服装・5本指靴下がオススメ

北浦和
会場 : 北浦和公民館・和室
日時 : 4/8(水)・4/19(火)・4/22(水)・4/29(水)
        10:00~11:30
参加費:¥300
持ち物:飲み物・ラクな服装・5本指靴下がオススメ

問合せ☎090-4593-2682/秋山さん

特にご予約は必要ありません。
5月以降の予定は、下記の通りです。
ゆったりとストレスを手放し、心と体のバランスを取り戻したい方は是非どうそ!

浦和 5/2、5/11、5/23、5/29、6/6、6/12、6/27、6/29

北浦和 5/7、5/12、5/21、5/28、6/4、6/9、6/17、6/30




|

2015年4月 7日 (火)

侮るなかれ!日々の食事と手当て法

脳腫瘍の手術を受けたTさんに数年振りにお会いしました。
以前お会いした時より、顔色もよく、とても元気そうでした。

Tさんは、6年半前に腫瘍の摘出手術を受けた際、7割は摘出できたものの、残り3割が取りきれませんでした。
しかしその後、食事を見直し、日々のお手当てを続けることで残っていた腫瘍が消失した経験の持ち主です。

現在はお仕事をしながら、朝にビワの葉温灸を30分と足浴、夜はビワの葉温灸30分と芋パスターを毎日欠かさず続けているそうです。

消失したのだからお手当てはもう不要、と考える方もいると思います。
しかし、腫瘍はなくなっても、それを作りだしたのは自分自身であり、今後もお手当てを続けていくとおっしゃっていました。

日々活かされていることに感謝しつつ、楽しんで仕事や料理・家事に取り組み、お手当てを怠らないTさんを見習わなければ!とあらためて思いました。
そして痛い、困ったときだけお手当てすればよいのではない!
継続は力なり、ということも。

その2日後には、自然食品店をされている乳がんサバイバーの方とお話しする機会がありました。
すでに18年が経過しているとのことで、こちらも食と手当てを継続されていました。

おふたりに共通するのは、食を正し、手当てを続けることだけでなく、人生の問題に気づき、それを改善すべく努力したこともあるかもしれません。
そして何より日常生活を丁寧に、慈しんで過ごされていると感じました。

日々、止まることなく働き続ける肝臓、腎臓、心臓、胃腸、呼吸器などの臓器だけでなく、つい酷使してしまう脳や神経、手足にだってたまには休息が必要です。
短時間であっても、お手当てをの~んびりした気分で続けることは、未病でいるためにも大切なことかもしれませんね。

|

2015年4月 5日 (日)

おニューの弁当箱

R0013875

この春は、あらたな気持ちでお弁当づくりに取り組もうと思い、お弁当箱を一新しました。
食材を安心して保存できる天然素材で作られていることに重点を置いて、白木をくり抜いたそら豆型と長四角型の二つを購入!
木製なので適度な通気性があり、食品が腐敗しにくく、ごはんが冷めても美味しくいただけます。
明日もお弁当づくり、頑張ろう!!

上記のお弁当箱は「沖縄子育て良品」で購入しました。

こちらではお弁当箱だけでなく、様々な自然派商品を取り扱っていて、おすすめのサイトです。
先日、クライアントのお子様がしらみ(虱)になった方に、レメディーだけでなく、シャンプーの仕方などもメールでご説明したのですが、こちらではしらみ用のシャンプーや目の細かい櫛なども販売がありました。
頻回に繰り返すようなら、用意しておくとよいですね。

他にもお子様でも使える日焼け止めクリームや敏感肌の方のための防虫スプレー(アロマブレンド)など、自然派子育てを望む方にピッタリの商品が揃っています。
唯一、ティートゥリーが含まれるクリームがあるので、レメディーを使用している方は、注意してくださいね。

|

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »