« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月26日 (月)

日本のギャンブル依存者数は536万人!

2014年8月、厚生省が発表した日本人のギャンブル依存の有病率は4.8%、患者数は536万人に上るそうです。
1%前後のアメリカ諸外国と比べると、驚くほど多いです。
これはネットやアルコール依存の患者数をも上回るといいます。

今朝の情報番組で、デイケアセンターがポーカーやパチンコといったギャンブルを取り入れることで、高齢者の痴呆が改善し、楽しみながら通所しているといっていました。
もちろん現金を使用することはできませから、通所者が運動などをすることで、ポイントがもらえ、それを使ってギャンブルできるというシステムでした。

痴呆が改善、といわれると悪いことばかりでもないように聞こえますが、ギャンブルによるワクワクドキドキする高揚感や期待感は、神経伝達物質ドーパミン優位の脳を作りあげ、簡単には戻りません。
やめたくてもやめられず、中止すると幻覚や手の震えといった離脱症状がでます。
症状はアルコール依存で1週間程度、しかしギャンブル障害の場合は1~2カ月ともいわれ、この障害のためにウソと借金を重ね、家庭を崩壊させるばかりか、犯罪へと走るケースもあります。

この危険なギャンブルを推奨しているのは、我が国家、日本政府です。
公営ギャンブルとして自らが胴元となり、公営ギャンブルを展開しています。
競馬は農水省、
競艇は国交省、
競輪・オートレースは経産省、
スポーツ振興くじは文科省、
宝くじは総務省・・・
国はギャンブル障害者を作りだしても、対策には乗り出すはずもありません。

一時話題になったカジノ構想は、廃案になってよかった~と安堵したものの、次の通常国会に再び出されようとしているとか・・・

ギャンブルなんて胴元の私腹を肥やすだけであると、一刻も早く気づき、止める努力をしていただきたいと思います。

ギャンブルに依存する人にはそれなりの理由があるはずです。
ある人は心にぽっかりあいた穴を埋めるために、
ある人は嫌な出来事や日常を忘れるために。
悲しい出来事やおさまらない怒り、不安がきっかけであるなら、それが癒えれば改善する可能性があるのではないでしょうか。
そのお手伝いがホメオパシーでできると考えています。

ギャンブル以外でも、アルコール・タバコ・買い物・ネットなどの依存傾向に悩んでいる方に是非、ホメオパシーという選択肢があることを知って欲しいと思います。





|

2015年1月13日 (火)

東城百合子先生講演会「健康も幸せも台所から」

R0013817

便利で簡単がもてはやされている世の中です。
食においても袋を開ければ手軽にお腹を満たしてくれるものが溢れています。
日本には受け継がれてきた伝統の食があります。
母の手作りの食は「おふくろの味」に満ち、家族の健康・思考・精神面に大きく影響します。
台所は家族の薬局。
私たちは何をどのように選び、どのような思いで食を整えたらよいのか。
何でも簡単に手に入る時代だからこそ、自分自身で考え、よりよい選択ができるようになりましょう。
今回は千葉県我孫子市での開催です。
お近くの方はどうぞ、お誘い合わせのうえご参加ください。

●講演会「健康も幸せも台所から」●

講師 :東城百合子(あなたと健康主幹/自然食・自然療法研究家)
     五来 純(あなたと健康社 代表取締役/相談室室長)

日時 :2015年1月21日(水)
     10:00~12:30(9:30開場)

会場 :けやきプラザ
     千葉県我孫子市本町3-1-2 2F
     JR常磐線我孫子駅 南口より徒歩2分

主催 :我孫子自然に学ぶ会

後援 :我孫子市教育委員会
     柏市教育委員会
     取手市教育委員会

問合せ先:富沢悦子さん(☎04-7183-5353)

|

2015年1月 5日 (月)

アルコール依存症が治った!?

平素よりブログ「ホメオパシータイムス」並びに「リビングプラス(日本ホメオパシーセンター埼玉東川口)をご利用いただき、誠にありがとうございます。
本年も昨年同様、どうぞよろしくお願いいたします!


さて本日は仕事始めで、今年最初のクライアントさんがいらっしゃいました。
健康相談が終了し、適用書をお渡しした際に、彼女が思い出したように、
「そういえばお酒が全く飲めなくなったんです」と話し始めました。
前々回の相談の際には、缶チューハイが2本しか飲めなくなったと聞いていたので、更に減ったんだな~、くらいに思いました。
しかしよくよく聞くと、この15年ほど夕方になるとお酒を飲みだし、かなりの量を飲んでいたとの話にビックリ!!
そんなことは質問票に書かれていなかったし、主訴(改善したい点)としても聞いていませんでした。
それもそのはず、彼女は自分がアルコールに依存していることに気づいていなかったのです\(◎o◎)/!

半年前にホメオパシーを本格的に始めてから、さまざまなことに対して「なぜそうなったのか?」を考えるようになり、アルコールをとり始めた時期に関しても気づきがありました。
その原因となった事柄には恐怖や不安が伴っており、健康相談でセレクトされたレメディーによって負の感情が癒されると同時に、アルコールは減り、今では全く必要がなくなったそうです。
そこではじめて自分がアルコール依存症だったと気づいたというのです。

恐怖や不安が軽減したことやアルコールへの依存がなくなったことは喜ぶべきことですし、レメディーの威力にあらためて感動しましたが、ホメオパスとしては反省しきりです。
なぜ缶チューハイの話を聞いた時に、どのくらいの量を飲んでいるのかを質問しなかったのか、確か「旦那さんより飲む」という情報を得ただけで深く掘り下げて質問しなかったように思います。
今回は、主訴である耳の問題も改善し(改善していない主訴もありますが)、精神面も安定したことでよい結果に繋がり、結果オーライではありますが、もっと注意深く、しつこく、くどく掘り下げねばならないことを学ばせて頂きました。

それにしても心がからだに与える影響とレメディーの偉大さを感じる仕事始めとなりました。
今年は、クライアントさんの話をより注意深く伺い、結果の出せるホメオパスになれるよう精進したいと思います!!

※ブログ掲載を快諾いただいたO様に感謝申し上げます。

※ホームページに「クライアント様の感想・体験談」 をアップしましたので、よろしければご覧ください。

|

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »