« インフルエンザ流行の兆し | トップページ | かぶと大根葉の活用 »

2014年12月 4日 (木)

和食に回帰しよう!

R0013784

昨日は、大久保東公民館にて「病気になりにく生活術~和食に回帰しよう!」という講座をさせていただきました。
30名ほどが足を運んでくださいましたが、みなさん健康に対しての意識が高く、終了後も残って質問を受けつけました。
できればおひとりでも多くの方に、お話したことを生活に取り入れ、実践することで体感していただければ幸いです。

昨日は、特に食についてお話ししました。
以前ブログにも書きましたが、2011年に総務省「家計調査」の結果、日本の一般家庭におけるパンの消費額が米を上回りました。
つまり日本人の主食は伝統的な米ではなく、パンになってしまったのです。
にもかかわらず、その2年後(2013年)に和食がユネスコ無形文化遺産に登録されました。
実態がない状況を考えると、ちょっと皮肉な話です。

この国の長い歴史のかなで、各家庭の何億、何千億もの母親が家族の健康のために作り続けてきた和食。
世界無形文化遺産への登録は、和食文化が失われつつあるという危機を、日本人ひとりひとりに突きつけているのかもしれません。

まずは毎日ご飯を2回は食べることから始めませんか?
一汁三菜は無理でも、一汁二菜、一菜だとしても、主食はコメ!
一度失われた文化は取り戻せません。
どうぞ、みなさんのご家庭で和食文化を継承し、未来に繋げてください!!

実はこれが日本人の健康を維持するための要件のひとつでもあるのです。

|

« インフルエンザ流行の兆し | トップページ | かぶと大根葉の活用 »