« ご近所おすすめカフェ | トップページ | 占いとガン保険 »

2014年11月 6日 (木)

踵のひび割れがよくなる!

R0013758_2R0013771

本日の「大人の部活・和みのヨーガ」にご参加いただいた方には、感謝申し上げます。
今日のおやつは、くるみ入りアップルケーキ(白砂糖・乳製品・ベーキングパウダー不使用)でしたが、いかがでしたか?
これまでも砂糖の害のお話をしている本人が、このところ写真右のようなジャンキーなケーキを食べているので、今日一日は砂糖断ちをしようと思いアップルケーキを控えました。
写真左のアップルケーキは甘味控えめ、見た目も地味ですが、滋味だと思います。

さて、本題の「踵のひび割れ」についてですが、以前にも記事を書きましたが、さらによいグッズを見つけたのでご紹介します。
R0013773
上の写真は、友人が愛媛に行った際のお土産で、伝統工芸士・長生志郎さんがお作りになった棕梠(シュロ)のたわしです。
このたわしは食器などを洗うためのものではなく、人の体を洗うために使います。
ちょっとビックリですが、使ってみるとすご~く気持ちいいです。
自分に合った硬さのたわしを探し、初心者はやわらかめのものから使い始めます。
風呂に入ったら、まず洗面器に湯を汲んで、たわしを湯につけておき、普段通り体を洗い、風呂から出る間際、十分体が湯に馴染んだころになってから、このたわしに石鹸をつけてふわふわと体をさすります。
決してゴシゴシこすってはいけません。
1週間、2週間~と続けてゆけば体が慣れてきて、ゴシゴシと擦ることが出来るようになります。
私はゴシゴシとは出来ませんが、足首から下は多少ゴシゴシ洗えます。
特に踵はスッキリとします。
風呂からあがったらすぐに、踵に「スパジリックビーG(Gクリーム)」を塗り込み、その上からすりこみ油を塗ります。
しばらくすると、油が吸収されベタベタした感じは残りません。
時間があるときは、踵部分に食品ラップを巻きつけて、靴下を履き、寝るまでの過ごします。
踵がお正月過ぎの鏡餅状態でお困りの方は、ぜひ試してみてください!



|

« ご近所おすすめカフェ | トップページ | 占いとガン保険 »