« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月28日 (金)

インフルエンザ流行の兆し

毎年のことではありますが、インフルエンザ流行の兆しとの報道がありました。
このブログをお読みの方はご存じだと思いますが、さまざな国で感染症予防にホメオパシーが利用され、効果を上げています。
昨年来日講演をしてくださった、キューバ共和国フィンレイ研究所のグスタボ・ブラチョ博士は、毎年ハリケーン時期に多くの人が発症するレプトスピラ感染症に対してホメオパシー的予防を行い、顕著な効果をあげているとお話くださいました。
ホメオパシー的インフルエンザ予防をご希望の方は、このブログの右側「カテゴリー」の■風邪・インフルエンザの症状をお読みください。

|

2014年11月27日 (木)

アレルギーあれこれ

ここ数日寒さが一段と厳しくなり、雨ということもあって喘息のクライアントさんの症状が悪化したため、昨日は喘息さんが2名、うちおひとりは食品アレルギー、皮膚疾患さんが2名いらっしゃいました。
当センターはゆっくりお話を伺うために、1日限定2~3名としているのですが、緊急要請だっため対応させていただきました。
そのため電話にでられないことがあり、申し訳なく思っておりますm(_ _)m
そして今日も食品アレルギーのクライアントさんでした!

それにしてもアレルギーの方が多いですね~
先日も植物のカラー剤である「ヘナ」にかぶれ、頭頂部分が大きく円形に脱毛してしまった方がいらっしゃいました。
ヘナ自体は植物の粉末ですが、美容室で使用されている「ヘナ」には、染めをよくするジアミンなどの化学物質が含まれているため、それによってかぶれる方がいます。
しかしこの方の場合は、後に薬草アレルギーがあると判明しました。
ヘナは自然なものだから大丈夫と過信せず、必ずパッチテストが必要ですね。
私は25年近くヘナを使用していますが、これまで問題なく使用してきましたが、どんな物質や療法でも合う、合わないものがあるので、世間の評判に惑わされることなく、自らの肉体を使って試していただきたいと思います。

かつてのクライアントさんや家族、友人の中にも変わったアレルギーがあります。
杉やイネ、ブタクサ、猫などの動物アレルギーもよく耳にしますが、我が子は杉・ブタクサと蛾と果物アレルギーです。
食品では、ソバ・ピーナッツ・小麦・卵・牛乳などが知られていますが、意外と多いのが果物に対するアレルギーです。

果物に対するアレルギーは、口腔アレルギー症候群と呼ばれ、キウイ・桃・メロンなどによって唇や目の周りの腫れ、舌のかゆみ、ピリピリとした痛み、喉の奥がイガイガとしたり、吐き気、下痢、じんましんを生じることもあります。
喘息をもつ方は、症状を誘発したり、呼吸に問題を起こすケースもあります。

幸い我が子は、ほとんど症状が出ることはありません。
実はシラカバ花粉症はバラ科(桃・梨・さくらんぼ・苺)、ブタクサ花粉症ウリ科(メロン・すいか)とバショウ科(バナナ)というぐあいに、花粉症と果物アレルギーには関連があるそうです。
ドイツの研究によると、花粉症の約半数の人に何らかの口腔アレルギーがみられるともいわれています。

南国の果物(マンゴー・パパイヤ・パイナップル・アボガド)にアレルギーがるというクライアントさんは、ラテックス(天然ゴム)・アレルギーのため、ゴム手袋やビーチサンダルの鼻緒が触れるとかゆみやじんましんが起こりました。

果物のアレルギーなら特定の果物を避けたり、果物に火を通すことでタンパク質を変化させることができます。
しかしこれが果物自体のアレルギーではなく、栽培時に使用された化学肥料や農薬のアレルギーの可能性もあります。
知人はエビにアレルギーがありますが、この方はエビ・アレルギーではなく、エビの養殖で使用される抗生物質に過敏に反応してしまうそうです。
またパンなどが苦手な友人がいますが、彼女は小麦ではなくグルテン・アレルギーです。

現代は、ホメオパシー療法の基礎を作り上げたハーネマン医師が知ったら、ビックリするほど症状や病名が増えていて、その対応も複雑になっています。
ホメオパシー療法でどこまで対応ができるか未知ではありますが、多少なりともよくなっているという声があるので、今後も期待に応えられるよう精進したいと思っています。



|

2014年11月18日 (火)

推奨!おうちおやつ

少し前にポテトチップに含まれる発がん性物質アクリルアミドのことを書きましたが、すでにポテチは美味しいと刷り込まれた脳に止めてもらうことは難しいかもしれません。
また子どもの頃から慣れ親しんだ味や白砂糖のような依存性の強いものは、更に難しいのでしょう。

スーパーに行けば、保存料や着色料、人工甘味料の含まれていないものを探すことの方が難しく、そのうえジャンキーなお菓子が毎日テレビで宣伝されているのを見せられると、それらのお菓子が世の中で、多くの人に受け入れられ、購入されていてるからこそ、CMにも予算がかけられる、つまり・・・

「よく売れている=多くの人の味覚が認めた美味しいお菓子」
という錯覚に陥ってはいないでしょうか。
確かにジャンキーなお菓子の中にも美味しい、美味しくないものがあります。
しかしどちらにしても特に子どものカラダを作るためにふさわしいものでないことは確かです。
なにしろカラダは食べたものでできているのですから。

このような現状で、親が市販のお菓子を拒否するのはかなり難しいです。
私も子育て中にお菓子の与え方について悩みました。
そこで全面的に禁止するのではなく、お友達と一緒のときは何でも美味しくいただき、機会があれば、ただダメと言うのではなく、その理由をしっかり伝えように実行してきました。
小さいうちは理解できないかもしれないけど、そのうちわかる日がくる、と考えて。

しかしそれは大間違い!!

世の中に食べてよいものといけないものがある、そんな世の中を作ったのは私たち大人です。
そして食べると体にこ~んな悪さをするだなんて、子どもに教えたら食べ物に対するありかがたみを学ぶどころか不安にさせるだけです。
それよりもただ蒸かしただけのさつまいもや残り物の冷ごはんのおにぎりでいいのです。
私が子どもの頃は、このおにぎりに味噌をつけておやつにしていました。
時間があるときは、蒸しパンやいも餅、クッキーなども添加物なしで手作りできます。

お菓子は店で買うものという考えを転換して、家で作るものにしませんか?
お母さんの愛情のこもったお菓子なら少々ブサイクな出来でも、子どもは美味しく食べてくれます。
そして母親といただいた食べものに対して感謝を学ぶことができるのです♪

※「大人の部活・和みのヨーガ」の際は、必ず手作りおやつとオーガニック茶をおだししています。機会があれば、ぜひご賞味してくださいませ! もちろん素人なので、たまに失敗しますが・・・(笑)



|

2014年11月 9日 (日)

大人の部活・和みのヨーガは毎月第二木曜日に!

Photo

ひっそり、こっそり、月1回、東川口で行っている大人の部活ですが、今後は毎月第二木曜日に固定し、名称も「和みのヨーガ」にあらためます。

参加いただいた方々から、今までのキツくて苦しいイメージを覆すヨーガであり、心も体も癒されるとの感想をいただきました。
さすが「世界で一番ラクなヨーガ」です。
これならお子さん~筋力が衰えた病後の方や高齢の方まで楽しんでいただけると思います。

ソロ(ひとり)ワークを学べるCD付書籍、「かたくなったカラダをゆるめる~和みのヨーガ」は、先日アマゾンのヨガ・ピラティス部門で1位になりました(残念ながら本日は4位)。
個人的にはペアワークが好きなので、インストラクターのMayumiさんが来てくれる木曜日が待ち遠しいです。
ソロもいいのですが、相手がいないとできないペアを部活でぜひ体験していただきたいです。
次回は12/11、リビングプラスで行いますので、体が硬い、肩がこる、疲れやすい、癒されたい方はご参加くださいませ。

大人の部活・和みのヨーガ

日時 : 2014年12月11日(木)
      10:00~12:00
      ※10分前に集合願います

会場 : リビングプラス
      ※JR武蔵野線/埼玉高速鉄道・東川口駅より徒歩8分
      ※詳細はお申込みいただいた方にメールにてお知らせします

参加費: ¥1500(オーガニックティー・おやつ付)

持ち物: バスタオル・フェイスタオル
      ※動きやすいパンツルックでいらしてください
        (更衣室あり)
      ※お子様連れ大歓迎! おもちゃやおやつ・オムツ等を持参願います

ご参加希望の方はメールにて、ご参加者名・携帯連絡先をお知らせください。









|

2014年11月 8日 (土)

占いとガン保険

友人に予言カフェへ行こうと誘われました。
占いにそれほど興味がないため行きませんでしたが、世の中の特に女子は好きですよね。
そして占われた結果が現実になると、「当たった~♪」と喜びませんか?
私は単純な性格なので、良いことでも悪いことでも「当たった、当たった~♬」とついはしゃいでしまいます。
占いが現実になったことで支払った代金の元が取れたかのごとく・・・(笑)
そしてあまり当たった感が味わえないときは、現実を占いの結果に擦り合わせて、ピッタリではないけど結構当たっているとか、自分の思考を曲げてまで当たったことにしたがります。

これはどうしてなのかと考えてみると、たぶん思考の中に整合性がない事実があると居心地が悪いからではないでしょうか。
似た状況としては、嘘をついたときに感じる居心地の悪さが近い感じがします。
そして居心地の悪さを解消するために、占いを現実に引き寄せ、現実にしたいという思考に繋がるように思います。

思考は人にとって大変重要な能力の1つであり、自己実現のベースです。
よきにつけ、あしきにつけ思考に影響を与える占いは、やたらにするものではないな、と最近は考えるようになりました。

そんな話を友人にしたところ、ガン保険にまつわるおもしろい話を聞かせてくれました。

ガン保険に加入する人は、3人(最近は2人ともいわれますが)に1人という高い確率でガンになることを知っていて、ガンそのものに対する恐怖だけでなく、治療のための先進医療にかかる治療費などにも不安を持っています。
だからこそ保険に加入するのですが、加入したことで「これでガンになっても安心」と思うのです。
そしてガンになって手術費や入院治療費といった保険金を手にしたとき、「ガン保険に入っていてよかった~」と安堵します。
これって安堵するために、ガンを引き寄せたとも考えられるのではないかというのです。

思考は顕在化する。
そう考えると、悪い想像すら止めた方がよさそうですね。
これを機に、つい最悪を想定したがる私の思考癖を直そうと決心しました!




|

2014年11月 6日 (木)

踵のひび割れがよくなる!

R0013758_2R0013771

本日の「大人の部活・和みのヨーガ」にご参加いただいた方には、感謝申し上げます。
今日のおやつは、くるみ入りアップルケーキ(白砂糖・乳製品・ベーキングパウダー不使用)でしたが、いかがでしたか?
これまでも砂糖の害のお話をしている本人が、このところ写真右のようなジャンキーなケーキを食べているので、今日一日は砂糖断ちをしようと思いアップルケーキを控えました。
写真左のアップルケーキは甘味控えめ、見た目も地味ですが、滋味だと思います。

さて、本題の「踵のひび割れ」についてですが、以前にも記事を書きましたが、さらによいグッズを見つけたのでご紹介します。
R0013773
上の写真は、友人が愛媛に行った際のお土産で、伝統工芸士・長生志郎さんがお作りになった棕梠(シュロ)のたわしです。
このたわしは食器などを洗うためのものではなく、人の体を洗うために使います。
ちょっとビックリですが、使ってみるとすご~く気持ちいいです。
自分に合った硬さのたわしを探し、初心者はやわらかめのものから使い始めます。
風呂に入ったら、まず洗面器に湯を汲んで、たわしを湯につけておき、普段通り体を洗い、風呂から出る間際、十分体が湯に馴染んだころになってから、このたわしに石鹸をつけてふわふわと体をさすります。
決してゴシゴシこすってはいけません。
1週間、2週間~と続けてゆけば体が慣れてきて、ゴシゴシと擦ることが出来るようになります。
私はゴシゴシとは出来ませんが、足首から下は多少ゴシゴシ洗えます。
特に踵はスッキリとします。
風呂からあがったらすぐに、踵に「スパジリックビーG(Gクリーム)」を塗り込み、その上からすりこみ油を塗ります。
しばらくすると、油が吸収されベタベタした感じは残りません。
時間があるときは、踵部分に食品ラップを巻きつけて、靴下を履き、寝るまでの過ごします。
踵がお正月過ぎの鏡餅状態でお困りの方は、ぜひ試してみてください!



|

2014年11月 3日 (月)

ご近所おすすめカフェ

R0013746

写真は都内のヴィーガンカフェでいただいたランチのデザートパンケーキですが、当センターのある東川口近辺も負けていませんよー
これまではあまりこだわりのカフェがなかったのですが、本日は最近お気に入りのカフェを3軒ご紹介したいと思います。

2014101115200000

一軒目は、当センターから車で5分ほどの場所にある「senkiya(千木屋)」さん。
最近カフェ営業がほぼ毎日になったようですが、日替わりでカフェを営業する方が変わったりします。
先日伺った時は、越谷の「kosha(カフェと器・古道具のお店)」さんが営業されていて、イベントの「やまざき秋のこめまつり」の新米を使った限定ランチ(カツ煮定食・秋刀魚と自家製厚揚げの甘酢和え定食)でした。
写真はほうじ茶ミルクティー。
ホットピーナッツミルクと迷ったのですが、こちらは甘いとのことで、ほうじ茶にしました。
他にも自家製果実酢ややまざきさんの米粉ライスプリンなど、メニューを見るだけで、ワクワクします。
カフェ以外にも、週替わりの店舗(これまで伝統的なキッチンウェアーやTシャツ、家具屋さんのこともありました)、皮製品のお店、コーヒー豆店、古本屋なども併設されていて、とっても個性的な空間です。
イベントや貸し切りのこともあるので、事前に営業日をチェックしてから出かけてくださいね!

http://www.senkiya.com/about

二軒目は、国道122号線からちょっと入った場所にある「fu・fu・fu+(プラス)」さん。
岩槻区南辻にも同じカフェがありますが、こちらの2号店(?)は岩槻区横根にあり、当センターからは車で15分。
「けしきがごちそう」とおっしゃるだけあって、大きなガラス窓からは、お天気がよいと富士山が見られます。
お料理も肉魚を使わず、玄米や雑穀・季節の野菜を使ったオリジナルの「私然食」で、マクロビに近いです。
ただデザートやドリンクには生クリームが使われています。
カフェだけでなく、雑貨なども販売されているので、オーダーが出てくるまでウインドーショッピング(って言うのかな?)も楽しめますよ。

http://tabelog.com/saitama/A1101/A110103/11036311/

Photo

三軒目は、しらこばと水上公園近くの「内陸型リゾートカフェ・水庵」さん。
こちらのおススメは水庵弁当!
化学調味料・白砂糖不使用(お弁当には砂糖不使用)で、コーヒーはこだわりの挽きたてネルドリップです。
夏は「夏季氷」だった季節限定スイーツは、現在は和栗のロールケーキ(10-12月)です。
カフェ以外にも写経や押し花などのレッスンが受けられたり、特別栽培米やおじいいちゃんのお野菜が購入できます。

http://cafe-suian.com/

ホメオパシー健康相談の後は落ち着くカフェでランチやお茶はいかがでしょう?
近辺のカフェマップを作っちゃおうかな~♬



|

2014年11月 1日 (土)

次回、大人の部活は11/6(木)です

大人の部活は一生続けられ、肉体と精神のメンテナンスを自ら行うことができる「和みのヨーガ」を月1回、東川口で行っています。

世界で一番ラクなヨーガと言われている通り、体が悲鳴を上げるような辛いポーズをしたりしません。
ゆるゆると気持ちよく体を動かし、肉体の緊張がほどけるとともに、知らず知らず自律神経も整っていきます。

ヨーガの後は、オーガニックのお茶とおやつでほっこり、おしゃべりを楽しみましょう。

ヘルスメントル倶楽部~和みのヨーガday

日時 : 2014年11月6日(木)
      10:00~12:00
 ※10分前に集合願います。

会場 : リビングプラス
 ※JR/埼玉高速鉄道・東川口駅より徒歩8分
 
 ※詳細はお申込みいただいた方にメールにてお知らせします

参加費: 1500円(オーガニックティー&お菓子付)

持ち物: バスタオル・フェイスタオル
 ※動きやすい服装でいらしてください(更衣室あり)
 ※お子様連れ歓迎です。オムツ・水筒・おもちゃを持参願います

参加ご希望の方はメール にて、参加者名・携帯連絡先を添えてお申し込みください。

|

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »