« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月31日 (金)

初・キャッサバ(マンジョウカ)調理とアクリルアミド

R0013736R0013739

R0013741R0013743

ブラジル原産のキャッサバ芋を入手しました。
以前、ただ揚げて塩を振っただけの「フライド・キャッサバ」を食べた時に、あまりの美味しさに感激しました。
さつまいもや里芋に似ていますが、甘味はなく、ホクホクとした食感で、芋好きにはたまりません。
シャキシャキした食感のヤーコンも大好きですが、こちらも病みつきになる美味しさです。
ちなみにタピオカの原料は、このキャッサバ芋です。

調理法は皮をむいてから水にさらし、ふかしてから揚げます。
使いきれないときは水に入れて冷蔵庫で1週間保存できます。
それ以上保存する場合は、水気を切ってから冷凍します。
冷凍したものは解凍せずに、即調理します。

本日は今しか食べることができない生落花生もゲットしたので、即、圧力鍋で茹でました。
それにしても巨大な落花生にビックリです!
大味なのかな~と思いつつ食べてみると、とんでもない!
甘味が強くて、とっても美味でした。

他にも北は北海道の焼きトウモロコシおかき、南は沖縄のちんすこう、おまけに鎌倉の豆腐カステラとお土産続きで嬉しい悲鳴です。

最近は、高温で調理することで生成される化学物質・アクリルアミドを気にして、ポテチやフライドポテトを控えていたのですが、たまのことなので揚げてみました。
アクリルアミドは動物実験で発がん性が認められており、国際がん研究機関(IARC)では、5段階評価で上から2番目の「2A 人に対しておそらく発がん性がある」に分類しています。ちなみに1番上位にあたる「発がん性がある」に分類されているのは、アスベスト(石綿)やコールタールです!

アクリルアミドを多く含む食品としては、欧州食品安全機関(EFSA)は、コーヒー、ポテトチップス、フライドポテト、パン類、ビスケット、ケーキ類を上げています。
120度以上で調理すると生成されるとし、揚げ物は揚げすぎないように、トーストは「茶色ではなく黄金色に」アドバイスしています。

つまり茹でる・蒸す調理はあまり問題ありませんが、揚げる・焼くには注意が必要です。

日本でも食品安全委の化学物質・汚染物質専門調査会が2011年から調査を行い、日本特有の米菓のほか、小麦と砂糖などを原料とするかりんとう、高温で焙煎するほうじ茶からもアクリルアミドが検出されました。
ただし含有量はポテトチップスなどと比べると格段に少ないそうです。

現段階で、どのくらい摂取すると人体に危険なのかはわかっていませんが、出来る限り、口にしない、してもたまに、少量食する、茹でる・蒸す調理法にするなどの防衛策が必要です。
残念ながら、美味しいものは毒なんですね~

キャッサバのフライドポテトはブラジルのソウルフードだそうですが、日本なら里芋の煮っころがしかな。
日本人のDNAが求める食品は、やはり日本の伝統食・・・ということで、次回はキャッサバの煮物に挑戦したいと思います。











|

2014年10月25日 (土)

東城先生埼玉講演会の御礼&特別講演会のお知らせ

10/22の埼玉会館の講演会には、たくさんの方に足を運んでいただき、心から御礼申し上げます。
今年は例年と違い、受付での記帳や終了後にお配りする玄米おにぎりを急遽とりやめました。
いつもは講演中に裏方でオニギリ隊がせっせとにぎっているのですが、今回はボランティアスタッフも含め、ひとりでも多くの方に講演を聞いて欲しいとのことで中止となりました。
先生もご高齢のため、いつまでお元気に講演できるか・・・という気持ちが多くのスタッフにもありました。
しかし講演終了後、先生が「(忘れられていく伝統食を伝え続けるためにも)死んでる場合じゃない!」(笑)という発言があり、まだまだ大丈夫だと安堵しました。
先生が「命をかけて伝えたい」とおっしゃる伝統食を残すべく、お手伝いできることは今後も続けたいと思っています。

さて、次回は11/22(土)、池袋にて特別講演「伝統食とはいのちのつながり」が行われます。
世の中があらぬ方向へ向かい、災害が頻発する大変な時代になりました。
こんな時代だからこそ、日本の歴史から乗り切るための知恵や工夫を学ぶときです。
私たちがどのように生きる=食べるかが歴史になるのです。

●特別講演会「伝統食とはいのちのつながり」

 「日本を元気にする古事記のこころ」 小野 善一郎

 「和食の大切さ」 東城 百合子

 「伝統食とはいのちのつながり」 五来 純

日時 : 2014年11月22日(土)13:00-16:00

会場 : 帝京平成大学池袋キャンパス
      沖永記念ホール
      東京都豊島区東池袋2-51-4

入場料: 無料

主催 : あなたと健康 料理教室同窓会

後援 : 東京都教育委員会/豊島区教育委員会

※こちらの施設は託児施設がないため子連れでのご来場はできません

|

2014年10月12日 (日)

池尻クリニック移転までの診療について

池尻大橋のCHhom(カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー)にて開業されていた、内科・小児科医 高野弘之先生のクリニックは2014年11月に用賀に移転となります。

これまでも経過観察や検査が必要と考えられる場合は、東川口からはちょっと遠いのですが、ご紹介をして通っていただいていました。

現在、移転のため池尻クリニックでの診療はお休みとなっています。

用賀クリニックにて診療再開するまでの期間は、御徒町のTokyo DD Clinic(内海聡院長)にて、月曜日、木曜日に診療を行う予定だそうです。

■Tokyo DD Clinic

http://tokyo-dd-clinic.com/

クリニック再開までの予約やお問い合わせに関しては、下記へご連絡願います。

☎:090-8229-4597

 

 

|

2014年10月 5日 (日)

恒例!秋の東城百合子先生埼玉講演会へのお誘い

R0013723

毎年10月に行われる東城先生の講演会が、今年も埼玉会館で開催されます。

私たちの身体は食べたものでできています。
添加物や農薬で細胞は作れませんし、エネルギーにもなりえません。
自然の食材で、心を込めて作られた食事は、体だけでなく心も温め、優しさも育んでくれます。
外で何があっても、お母さんの愛のこもった温かいごはんがあれば、お父さんも子どもたちも元気で頑張れます。

現代人は忙しすぎるため、調理済みの食品を購入したり、電子レンジで手軽に調理してしまいがちです。
しかしそれらの食品は、ご先祖様が食べて、私たちに命をつないできた伝統食とは大きくかけ離れています。
またそういう食品の並ぶ食卓では、思いやりの心や愛情を育てることはできないでしょう。

これほどまでにアレルギーやガン患者が増え、体力が衰えている原因に食生活が大きく関係していることは容易に考えれます。
情報が多すぎて、何をどう食べたらよいのかわからない、そんな方に、是非足を運んでいただきたいと思います。

私は受付におりますので、よろしければ一声かえていただけると嬉しいです。
ひとりでも沢山の方にお会いできることを楽しみにしております。

●講演会「健康は手作りの食卓から」●

講師 : 東城百合子(あなたと健康主幹)
      五来 純 (あなたと健康社代表取締役)

日時 : 2014年10月22日(水)
      10:00~12:30(開場9:15)

会場 : 埼玉会館 小ホール
      さいたま市浦和区高砂3-1-4
      (JR京浜東北線・高崎線・宇都宮線
       浦和駅西口より徒歩7分)

入場料: 無料

◎託児あります(事前予約制)
  080-6664-0332(土屋)

主催 : 埼玉自然に学ぶ会

後援 : さいたま市教育委員会
      川口市教育委員会

問合せ:048-871-0153(渡辺)


|

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »