« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月30日 (水)

クライアント様へ~レメディー適用書のご注文がWEBからできるようになりました♪

健康相談会の後に発行される「レメディー適用書」がインターネットからもご注文できるようになりました。

 

これにより代引きでお支払いいただく購入額が注文時にわかりますので、自然の会の特典(送料・代引き手数料無料、現金還元)が適用となるよう商品の追加ご注文いただくことも、簡単にできます。

 

ログイン後、画面左側に表示されるカテゴリから「適用書レメディー」をクリックすると、適用書番号とパスワードを入力する画面が表示されますので、番号をお入れください。

 

(登録後、レメディー適用書ファクス送信は「不要」です)

 

 

なお、ご注文ができるのは、レメディー適用書に上部「No.」と「パスワード」が記載されているものに限ります。

 

それ以外のレメディー適用書は従来どおりファクスまたは郵送でのご注文となります。

 

▼買い物かごはこちらからお入りください。

http://www.homoeopathy.gr.jp/cart/hj/index.php

 

▼操作方法をまとめたPDFファイルはこちらからご確認ください。

http://www.homoeopathy.gr.jp/cart/hj/index.php?m=html_dsp&out_html=remedy_tekiyosho_hj

不明な点がありましたら、健康相談の際に気軽にお尋ねください。

|

2014年7月26日 (土)

ホメオパシーに救われたバングラデシュ人農民がワールドカップでドイツに恩返し 

世界中が興奮と熱狂に渦に巻き込まれた2014 World CupサッカーW杯ブラジル大会。早速ブラジルの会場からドイツ優勝の歓喜と共に、感動のニュースがAFPなど世界の通信社から広く配信され、日本でも報道されました。

Pd_2

胆のう結石がこじれ、一命を失いかけたバングラデシュ人の農民サホインさん。ホメオパシー・レメディーに救われ、九死に一生を得て生還。その恩を返したい一心から、ホメオパシー生誕の地、またハーネマンを生んだドイツのサッカーを応援する事で恩返しする事を思いつきました。

P_2011010100

インドの東側に位置するバングラデシュは、世界で7番目に人口が多いだけでなく、世界で最も人口密度が高いアジアの最貧国。

Photo

Pd_3

              【写真はバングラディッシュの農村の風景】
貧しいサホインさんは田畑を売り、約31万円の費用をかけて全長3.5キロのドイツ国旗を製作しました。それをブラジルの会場に持ち込み熱烈にドイツ代表を応援。
熱狂的ファンの声援に後押しされた事もあり、ドイツ代表の快進撃は止まらず、ついに優勝のトロフィーを勝ち得るまでに至ったのでした。

Photo_2

ドイツサッカーの関係者達も、わざわざバングラデシュから来た農民ホサインさんの行動に心を動かされ、ドイツ代理公使がドイツ代表のファンクラブ生涯メンバーシップと代表ユニホーム、感謝状を手渡し、敬意を表したそうです。

●一人一人が伝える勇気

ホメオパシーは世界10億人以上が利用している療法で、万人に備わっている自己治癒力を刺激して、その人自らが健康を回復する療法です。ホメオパシー・レメディーは安価ですので、多くの貧しい人々を救いました。その反面、世界各国のホメオパシー団体は貧しく、宣伝をしたり、政治を動かしたりする力は持ち得ませんでした。

一方で人々がホメオパシーを使用し自己治癒力を触発することで自ら健康になる事になることには抵抗を持つ方もおられます。過度なクスリ漬け、病院漬けなどで儲かる国際的な利権につながる方々は、世界各国でホメオパシー団体に政治的な圧力かけ、メディアを使って国民にホメオパシー・ネガティブ・キャンペーンを行っています。ホメオパシーの良さが伝わらないように必死に工作されています。

しかし、ホメオパシーは、それらの圧力に屈せず、親から子へ、そして周りの人々へと綿々と人々が自らの治癒体験を伝え広められました。わずか200年で世界10億人以上が使用する世界の統合医療の柱となる療法に成長しました。このホメオパシーが急速に普及した歴史的な事実は消す事ができません。

一人一人が流されてくる情報を盲目的に信じることなく徹底調査することで、事実を見極める目を養うことが大切です。バングラデシュ人の農民サホインさんのように、純粋に心を動かされたならば、どうどうとホメオパシーの素晴らしさを周りに伝えていきましょう。

ホメオパシーで世界を変えるのはあなたです。

皆で エンジョイ・ホメオパシー! ホメオパシーの素晴らしさを伝えていきましょう!

ぜひ以下の情報の拡散にもご協力ください。

▼AFP NEWS Bangladesh fan unfurls 3.5 km German flag before World Cup

http://www.afp.com/fr/news/2616595/

▼7月15日、日本でも時事通信報道を各社が翻訳報道しました。

時事ドットコム【こぼれ話】全長3・5キロの独国旗で応援、バングラデシュ人男性W杯
http://www.jiji.com/jc/a?g=afp_all&k=20140715031522a

|

2014年7月19日 (土)

「食と社会のだいじなはなし」満員御礼

Photo

本日、お手伝いスッタフとして参加させていただいた「未来の子どもにつなぐ古くて新しい食と社会のだいじなはなし。廣瀬満雄×内海聡」にご来場いただいた方に御礼申し上げます。

今日のお話で、どんなパンを食べ、何を避けるべきか、よーくわかりましたね。
危険な食べものを識別し、安全な食べものを与える努力をすることが、大切な子どもと子どもの子どもと子どもの子どもの子どもと・・・たくさんの未来の子どもの健康を守ることに繋がります。
ぜひ、私たちの肉体は食べたものでできていることを忘れず、肉体に不必要なトランス脂肪酸や添加物などの毒にしかならないものを取り込まない生活を心がけましょう!!

|

2014年7月18日 (金)

アコナイトさんへ

最近、レメディーについて全く書いていないな~
ということで、以前FB(フェイスブック)に書いた文章を下記にコピペしちゃいます。
卒論や研究発表の際にコピペする学生が増加していると聞きますが、自分で書いた文章なら問題ないでしょう(笑)。

「恐怖心は現実には存在していなことを理解しなければならない。
 それはあなたの思想が創り出した産物なのだ。
 勘違いしないでほしい。
 危険はとてもリアルなものだが、恐怖心は選択によるものなのだよ」

映画のセリフですが、恐怖に怯えるAcon.アコナイトさんに言ってあげたい名セリフです。
恐怖とは外から与えれるものではなく、内なる選択によって存在するのですね!
単なる思想が創り出した産物と思えない場合は、ぜひレメディーのAcon.アコナイトをお試しください。

|

2014年7月16日 (水)

人はなぜ勉強するのか?

お子さんから
「どうして勉強しなきゃいけないの?」
「なぜ学校へいくの?」
と質問されたことはありませんか?

大人だって、あらためて聞かれると「う~ん」と答えに困りませんか?

以前、この質問を東城百合子先生からされました。
その場には過去に多くの勉強をしてきた(させられてきた?)、いい大人が沢山いました。

「知識を増やすため」
「大人になって職につくため」
「自活するため」
「人間として当然」
などの答えらしきものが、ボソボソと聞こえました。

「みんなが行くから」
「いい大学へ行くため」
「大きな会社に入るため」
などという論外な回答はありませんでしたが、誰もが自信なさそうでした。

「な~にを言っているの!」と東城先生のピシャリとしたお言葉が飛んできます。
いい大人が小学生に戻ったかのように、身を小さくして、先生の回答を伺います。
世の人々のお役にたつためでしょう

一同、すっかり忘れていたかのようなリアクションで「あ~そうか」と納得しました。

しかしこれをこのまま現代っ子に話しても、たぶん
「どーして勉強すると人の役に立つの?」
「なぜ人の役に立たなきゃいけないの?」
・・・だけでなく、
「ってか、赤の他人の役になんか立ちたくねーし」
という反論まででてきそうです。

そこは十分過ぎるほど大人となった私たちが、お子さんにもわかる言葉で説明せねばなりません。
このとき、面倒だとか、時間がないことを理由に、
「大人になればわかる」
「また今度ね」
などとはぐらかすと、鋭いお子さんは、
「なーんだ、大人でも説明できない」
「世の人々のお役にたつなんて詭弁なんだ」
「大人は疑問に答えてくれない存在だ」
果てには、
「疑問を持つ自分という存在はないがしろにされる、だから疑問を持たない」
と考えるお子さんもいたりします。

子どもは好奇心の塊、世の中は疑問だらけなのです。
このような場面が繰り返されてしまうと、子どもは自分で考えることをしなくなります。
溢れる疑問、与えられた答えらしきもの、それを自分なりに咀嚼し、自分なりの考えによって発言や行動をする、そういったことができない人間になってしまします。

世の中にはよい、悪いで判断できないことが沢山あります。
答えに困る質問でも、精一杯、お子さんと向きあい、真摯に答える努力をしてほしいと思います。
そして自分にもそう戒めたいと思います。



|

2014年7月12日 (土)

CHhom東京校・日本ホメオパシーセンター東京本部・池尻クリニックが移転します

リビングプラス(日本ホメオパシーセンター埼玉東川口)で健康相談を受けている方の中にも、経過観察やちょっとした検査をお願いする、池尻クリニック(高野弘之院長)・CHhom(カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー)東京校などが池尻大橋より用賀にお引っ越しします。

学校は8月、クリニックは9月の予定とのことですが、詳細はまだわかりません。
わかり次第、ブログにアップいたします。

私が東京センターでホメオパスをしていた時も、代々木八幡から池尻大橋へ移転し、今回は用賀へと移るわけですが、そろそろ腰を据えていただきたいと思います。
埼玉から通われる方には、いくぶん遠くなり、ご迷惑をかけますが、何卒ご容赦をお願い申し上げます<m(__)m>

|

2014年7月10日 (木)

安保徹×陰山康成×由井寅子 統合医学講演会

Photo

統合医学の巨人集結「免疫力UPの仕組み解明!」と銘打った講演会が行われます。
安保徹×陰山康成×由井寅子の3人のお話がまとめて聞ける貴重な会だと思います。
お時間がある方は、どうぞお出かけください。

【統合医学を結ぶ公開講演会】

日時 : 2014年 8月 3日(日) 13:00~16:00

会場 : 玉川区民会館ホール
      東急大井町線 等々力駅 徒歩1分

参加費: 2500円(要予約)/当日3500円

問合せ先:CHhom東京校 03-5779-8005

申込先: http://www.homoeopathy.ac/11reserve/83.php

|

2014年7月 8日 (火)

和みのヨーガってどんなヨーガ?

「世界で一番ラクなヨーガ」といわれる和みのヨーガ。
いったいどんなことをするのでしょう?

毎月1回、東川口で行っている大人の部活動「ヘルスメントル倶楽部」では、主にペアワークを行っていますので、今回はその内容を説明したいと思います。

ペアワークがあるのだから、ソロワークもあるのですが、ペアのよいところはスキンシップによる癒しと人間力アップの相乗効果を生むことです。
ソロはひとりでいつでもできますが、ペアは相手が必要なので、人の集まる部活で行っています。

・やる気が出ない
・鬱ぎみである
・夜なかなか眠れない
・太っていて運動が嫌い
・腰痛・慢性疲労
こんな人におすすめのヨーガです。

ヨーガの内容としては・・・
○背中揺らし(身体の滞りをなくす)
うつぶせになっている相手の肩とお尻のあたりに手を置き、同じ方向にゆらゆらと揺らしを入れ、ときどきふっと止めます。全身の流れを良くし、治癒力を高めます。

○頭の手当て(脳の偏り疲労をとる)
仰向けになっている人の頭の下に手のひらを開いていれて、指をゆっくり曲げたり伸ばしたりして、盆の窪の両脇のところの緊張をゆるめます。脳脊髄液の左右の差を整え、生活習慣病の予防改善、不眠症の解決、鬱の回復効果があります。

○手の手当て
手のひらをぺたぺたと押して手当てをします。爪の付け根の両脇をキュっと挟んで脳に刺激を与え、くるくるを回します。

○悲しみのリリースやトラウマの解放
心のストレスは身体のストレス(緊張)となって身体についています。私たちの身体は電気でできているようなものなので、そのストレスを手当て法で外に流してゆくことができます。

他にもさまざまな動作があり、自然と心もからだもゆるゆるとゆるんで、ストレスを手放すことができます。
効果としては・・・
・交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズになります
・左脳と右脳のバランスを取り戻します
・免疫力がアップします
・対人関係のストレスをとります

ペアワークは、「やってもらう人は気持ちよく、やってあげた人はより健康に」が特徴です。
ぜひ覚えて、ご家族同士で楽しみならがら、健康になっていただきたいと思います!

次回の部活は、7/17(木)、8/7(木)9:20~です。
お申し込みはメールにてお願いいたします!

info@living-plus.main.jp

|

2014年7月 6日 (日)

東城百合子主幹の講演日程

3/25日にケガで入院され、4月下旬に退院された東城先生ですが、ケガの傷が完治するまでに3カ月がかかったとのことです。
友人が主催する「北関東健康学園」にいらしていただけず、どうなるのだろうと心配しましたが、各地のリーダーさんが力を合わせて、毎春と変わりのない勉強ができたと伺いました。
元気になれた東城先生の講演日程は、下記の通りです。
お近くの方は、どうぞお誘い合わせてお出かけください。

○7/9(水)13:00~16:00
  あなたと健康月例講座
  成城ホール(世田谷区砧総合支所)
  小田急線・成城学園前駅/北口より5分

○7/12(土)13:00~16:00
  明石市民会館(兵庫県)
  ☎079-492-5738(大前さん)

○8/12(火)13:00~16:00
  あなたと健康月例講座
  成城ホール(世田谷区砧総合支所)
  小田急線・成城学園前駅/北口より5分

|

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »