« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月25日 (水)

大人の部活「ヘルスメントル倶楽部」のご案内

R0013654←(左写真)前回、部活風景

 

R0013659_2←(右写真)和みのヨーガ創始者
       ガンダーリ松本さん(中央)

Photo_2
←ガンダーリさんの最新DVD付著書「かたくなったカラダをゆるめる・和みのヨーガ~世界で一番ラクなヨーガ!」







自然治癒力をアップするミニ講座に加え、自然治癒力予防整体「和みのヨーガ」創始者であるガンダーリ松本先生の愛弟子、インストラクターMayumiによる和みの手当て法を行う部活です。

和みのヨーガは無理なポーズや力を加えて矯正するのではなく、やさしいタッチで痛みやゆがみの存在をからだにしらせて、自らの治癒力によって自然な状態に導きます。
まるでホメオパシーのようです~(*^^)v

からだをゆるめ、心の緊張を手放すと自律神経が整い、自分らしくゆとりをもって生きていくことができるとようになるといいます。

興味のある方は、どなたでも、また赤ちゃん・幼児連れのご参加も大歓迎します!

終了後は、美味しいおやつとオーガーニックティー/薬草茶をいただきながら、おしゃべり交流会も楽しみましょう!

■日時 : 2014717/87日(木) 

 9301200 920~受付/片づけ含む)

■会場 : 上戸塚町会会館 2階
     
JR武蔵野線・東川口駅~徒歩8/戸塚市所並び) 

■参加費: 2000円(おやつとオーガニックティー/薬草茶付)

■持ち物:  ・タオル(汗拭きとうつ伏せ用)2
      ・水分(常温の水がよいでしょう)
      ・動きやすいパンツスタイルの服装、もしくはスポーツウエア     
      ・お子様連れの場合は、おもちゃ、おやつ、飲み物、オムツ等 

■お申込み: メールに参加者名・携帯電話番号をお知らせの上お申し込み願います。

      info@living-plus.main.jp



|

2014年6月20日 (金)

お薬は不要ですか?

由井寅子CHhom学長が、ホメオパシー新聞に「お薬は不要ですか?」をお書きになりました。

薬とどのように付き合えばいいのか?

薬は不要なのか?

どんなときに必要なのか?

自然療法をされる方は迷いますよね。
お読みいただき、ぜひ参考にしてください。

http://news.jphma.org/2014/06/post-63dc.html

|

2014年6月16日 (月)

気になる金属

ちょっと気になる記事を見つけたので、以下コピペさせていただきました。

【 除草剤ラウンドアップと重金属で腎臓病に 】

スリランカでは 慢性腎臓病の原因になるとして 今年ラウンドアップ(グリホサート系除草剤)の販売を禁止しました。

ポイントは カドミウムとヒ素を含んだ土壌でラウンドアップ(グリホサート系)を使った場合 重い慢性腎臓病になる事が分かったからです。
...
これは1990年代からすでに40万人以上が発症し すでに2万人が死亡したと報告されています。

ラジャラタ大学の研究者らの研究に基づく発表を受け スリランカ大統領の指示により発表されたそうです。

ラウンドアップの主成分「グリホサート」自体の毒性は弱く慢性腎臓病の原因とはならないのですが、重金属と結び付いた場合 強い毒性を持つことが分かったのです。

慢性腎臓病は元々 途上国に多いためその原因がハッキリしにくいのが難点でした。

原文
http://www.colombopage.com/archive_14A/Mar12_1394634963CH.php

日本ではどうなのか?

日本では以前から コメのカドミウム汚染が問題となっています。
世界的に見ても日本はカドミウムに関する基準が甘いのはその筋では有名。

これは日本では 昔は規制が甘かったり 鉱山が多かったり カドミウムを消費する量も多かったりいろいろあります。

詳しくは以下URL参照下さい。

農水省
http://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/kome/k_cd/kaisetu/gaiyo5/

ただ 現時点で スリランカと条件が似ているのか? それとも心配ないレベルなのか?は データが揃わないのでハッキリしませんが 可能性として無きにしも非ずという所。

詳しい続報を待ちたい所です。

______________

a seedプロデューサー
 現代自然派調理研究家 Jeff

元々臨床検査会社に勤めていた所から
健康的な食事に興味を持ち

現在は静岡県焼津市の会員制レストランで
食事と健康についての研究や
料理プロデュースをやらせて頂いております。

個人のページでは また違う視点で
いろいろと書かせて頂いております。

現代自然派調理研究室 -A seed- Jeff
https://www.facebook.com/jeffrielau

以上

接種済みのワクチンの害について心配されてホメオパシー健康相談にいらっしゃるお子さんに、予防接種ワクチンのレメディーと一緒に金属のレメディーをお出ししています。
これは5/24にも記事を書きましたが、子宮頸がんワクチンの副作用はアルミニウムが引き起こしているという指摘が以前からあるためです。
↓ 2/26の中日新聞でも指摘されています。
http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20140226064842576

また妊娠中に貧血で鉄剤を摂られた場合や歯の治療が多い方、精神薬を服用されていた方にも、同様のレメディーをお出しすると好転反応が起こります。
つまりその影響を受けているということになります。
現代人にはカドミウムやヒ素のレメディーももっと必要かもしれませんね・・・(>_<)

|

2014年6月13日 (金)

ご参加者に感謝♪

R0013654

写真は、昨日の部活「ヘルスメントル倶楽部」での和みのヨーガ(手当て法)ペアワークの様子です。
みなさん、ミニ講座「砂糖の怖~いはなし」を聴いた後で、あまりの恐怖で体が固まっていたので、ワークでは心もからだもリラックスできたことと思います。

講座では、砂糖を過度に摂取する現代人(砂糖はお菓子・パンだけでなくドレッシングやハムなどのあらゆるものに使用されています)に、減らさねばいけない理由を9つお話しました。

ポリオウイルスとの関連やグローミューが障害されること、ちょっと高度な話しになりましたが、意識の高い方々だったので、すんなりご理解いただけましたね。
流行の酵素ジュースの話や「クイズ選ぶならどっち?」も楽しんでいただけて、よかったです。

これを機会に、砂糖の選び方を変えたり、控えようかな、と思っていただけたら幸いです。

来月は7/17(木)9:30~上戸塚町会会館(埼玉県・東川口駅徒歩8分)で行います。
赤ちゃん連れ、男性もウェルカムです!
まずはメールでご連絡くださいませ(*^_^*)

info@living-plus.main.jp

|

2014年6月11日 (水)

昨日の健康相談と明日の部活

R0013652

昨日はクライアントさんが5名もいらしてくださいました。
以前働いていた池尻大橋の東京センターでは当たり前の人数ですが、リビングプラス(日本ホメオパシーセンター埼玉東川口) では異例のことです。
きっちり1時間で流れ作業のように相談を受けることに違和感というか、私自身ももっとゆったりお話を伺いたいと考え、地元埼玉でセンターを開設しました。
ですからHPにも、一日2~3名しか承れない旨を明記していますが、緊急事態もありますね。
そのうえクライアントさんが鉢合わせることがなかったのは、お天道様の采配なのかなー
これからもみなさんの頼れるホメオパスを目指し、頑張りたいと思います!!

★写真は、クライアントさんからいただいた手作りのコードリール・キーホルダー! 今日から100円ショップで買ったキーホルダーはやめます(笑)


*****

明日は部活「セルフメントル倶楽部」の日です。
現在、参加予定は8名ですが、会場が広いので当日参加もウェルカムです。
おやつは「砂糖・乳製品不使用の酒粕チーズケーキ」をこれから焼きます(*^_^*)

Photo


部活で行っている和みのヨーガ(お手当法)の創案者であるガンダーリ松本先生の書籍「かたくなったからだをゆるめる和みのヨーガ」が重版になりました。
CD付きなのでご自宅でも和めますよ~
ぜひ、和みのヨーガで心も体もゆるゆるリラックスしてくださーい♪

|

2014年6月 7日 (土)

東城百合子先生の無料講演会@小山

R0013636

北関東健康学園はお休みされた東城百合子先生がお元気になられ、栃木県の小山にある白鷗大学・東キャンパスで講演をなさいます。
何を食べるかは、からだの健康だけでなく心の健康にも影響する大切なことです。
お近くの方だけでなく、ひとりでも多くの方に聴いていただきたいと思います。

【講演会*食生活が人生を変える~足下からの健康づくり】
...
日時 : 2014年7月2日(水)
     10:00~12:30(開場9:30)

会場 : 白鷗ホール(白鷗大学東キャンパス)
     栃木県小山市駅東通2-2-2
     JR小山駅東口より徒歩1分

講師 : 東城 百合子(あなたと健康 主幹)
     五来 純(あなたと健康社代表取締役)

主催 : 古河自然に学ぶ会

後援 : 古河市・栃木市・栃木教育委員会
     小山市・小山市教育委員会

問合せ: 若旅敏江 090-2460-4352
     林 智美 0280-62-4117(18時以降)

※駐車場はありませんので、お車でご来場の方は周辺の有料駐車場をご利用ください。
※託児施設はありませんのでご了承ください。
 

|

2014年6月 3日 (火)

ホメオパシー健康相談と528Hz

R0013631

音楽で心が癒されたり、テンションが上がったりしますが、みなさんはどんな音楽がお好きですか?

私は以前からパソコン仕事をする際、YouTubeにアップされている「Amayzing Meditation」という曲を聞きながら作業をしています。

http://www.youtube.com/watch?v=2EQR0hMFbsk

他にも、川の流れや高原で小鳥たちが語らう声とピアノの旋律が美しいだけでなく、自律神経を整えてくれるCDなども、ホメオパシー健康相談の際に利用しています。

最近お気に入りなのは、「聴くだけで心と体が安らぐ周波数528Hz」に付いているオリジナルCD。
528Hzという周波数は、キリスト教の礼拝音楽であるグレゴリオ聖歌にも使われており、副交感神経に作用するといわれています。
この周波数は、古代より伝わる「ソルフェジオ音階」に含まれる音のひとつであると考えられているそうです。

ソルフェジオ音階には他にも、「396Hz」「417Hz」「639Hz」「741Hz」「852Hz」などがあり、各音にはそれぞれ異なった意味があるそうです。
528HzにはDNAを修復する効果があるとされており、健康相談の合間に聴くには最もふさわしいと考えています。

もちろん科学的に効果が実証されているわけではありませんし、すべての方に心地よい音楽とは言い切れないかもしれません。
この部分はホメオパシー療法とまったく同じですね。
ただ個人的には、とてもリラックスでき、心地よいと感じております。
気になる方は視聴もできますので、まずはお試しくださいませ♪

http://www.youtube.com/watch?v=GohgjKyH4pM

|

2014年6月 1日 (日)

発達障害とホメオパシー

Photo

6/5(木)北浦和の領家公民館で行われる「発達障害の子どもとママのたいそう教室&べんきょう会~こどもはみんなそのままでいい。」にゲストでお話させていただくことになりました。

これまでホメオパシー療法では発達障害のお子さんに関してよい結果が出せていますが、残念なことにあまり知られていません。

今回は短い時間ではありますが、ホメオパシーという言葉を聞くのは初めてという方にもわかりやすくご説明させていただきます。

ご興味のある方は、どうぞいらしてくださいね♪

●発達障害の子どもとママのたいそう教室&べんきょう会

日時 : 2014年 6月 5日(木)

      10:00~11:30

会場 : 領家公民館 多目的ホール

      埼玉県さいたま市浦和区領家4-21-21

参加費: 無料

主催 : 六花(さいたま市市民団体)

お問合せ:080-3519-9773(こうぶちさん)

☆詳細はHPをご覧ください。

|

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »