« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月30日 (金)

お手当体験会にご参加の方に感謝!

R0013627

本日は、明日の健康を考える会主催「東城百合子先生式 お手当健康法の学びを!」に多くの方にご参加いただき、ありがとうございます!

参加者16名+お子様2名、講師とスタッフ6名の計24名で、コンニャク湿布、さといも湿布、豆腐湿布などを体験を通して学び、また沢山の体験談を聞くことができましたね~♬

先日は余命を告げられたお子さんが豆腐湿布などに助けられたお話、今日は白内障手術をビワの葉エキスで回避できたお話しなど、希望が持てる実体験を聞くことができる貴重な機会になりました。
今後もこのような会を通して、日本の伝承療法を残していきたいと考えております。

そして帰りがけに、またまたどんぐりパンをGet!
現在、どんぐりパンは北大宮のセンミさん、東大宮のかぎろひさんで購入できますよ~

|

2014年5月24日 (土)

子宮頸がんワクチンの副反応はアルミが原因

ちょっと古い(2014年2月)中日新聞の記事ですが、ワクチン接種を悩んでいる方、接種を後悔している方に読んでいただきたいと思います。

また子宮頸がんワクチン以外でも、既に接種してしまった、学校や職業上の関係でどうしても接種しなければならない、という方にホメオパシーという選択肢があると知っていただければうれしいです。

先日も記事を書きましたが、仕事上仕方なく、この2~3カ月で数種類の接種をしたクライアントさんが、接種した患部を大きく腫らしたことがありました。
もちろん接種前からホメオパシーで対策をしていましたが、それで接種をなかったことにできるわけではありません。
患部の腫れは落ち着いたものの、接種後に続いている肩の痛みと首がまわらない状態の改善のため、先日、健康相談にいらっしゃいました。

フランス・パリ大学のフランソワ・オーシエ教授(神経筋肉病理学)は、ワクチンを注射すると筋肉内で白血球の一種・マクロファージが過剰に集まり、アルミニウムを取りこんで分解できないまま全身に広がり、炎症を起こすとのこと。
一部は、脳に蓄積し、神経や認知の障害の原因になると訴えています。

またアメリカ・エール大学のシン・ハン・リー元准教授(病理学)は子宮頸がんを引き起こすウイルスのDNAがアルミニウムに吸着し、激しい自己免疫疾患を引き起こしていると指摘しています。

クライアントさんの状態は、自己治癒力が何とか全身に広がらないように頑張っているけなげな姿に思えてなりません。
どうか親御さんには後悔のない決断のためにも、記事を読んでいただきたく思います。

中日新聞「子宮頸がんワクチン 「副作用 アルミ影響」 医学者ら警鐘」

中日新聞「子宮頸がん接種後 闘病の少女 来年こそ、高校進学を」


中日新聞「子宮頸がんワクチン、専門治療開始 一歩前進…不満の声も」



|

2014年5月20日 (火)

ホメオパシック・クリーム&マザーチンクチャーによるボディケア講座★訂正→セルフケア講座

R0013620

ボディケア講座としたため、スキンケアのみの講座と思われた方から問合せがありました。もちろんスキンケアのみの講座ではありません!! なので、講座名を変更いたしました<m(__)m>

クライアントさんや講座受講者の方から、4種類あるクリーム(スパジリックビーシリーズ)や寒天を使用したジェル化粧品(スパジリックジェル天)の違いについてよくご質問をいただきます。
このブログでも違いについてご説明していますが、やはり百聞は一見にしかずということで、実際に眼で見て、ご使用いただく講座を行うことにしました。

すべての商品サンプルをご用意することはできませんが、手にとって試していただくことができます。
クリーム・ジェルなどの化粧品以外にも、木の花の咲くや・可憐唇(カレンリップ)やすりこみ油、Reフレッシュメントスプレー、トゥースペイスト(歯磨き粉)もご用意します。

一番のおススメ、トゥースペイストは、界面活性剤・乳化剤・安定剤・甘味剤・着色料・香料・パラベン(防腐剤)・フッ化物(フッ化ナトリウム)・アルミニウム化合物の添加物は一切不使用!
またホメオパシー療法をする方には嬉しい、メントール成分(ミントやハッカ)も不使用です。

同じくよく尋ねられるマザーチンクチャーですが、こちらは国産(洞爺)が34種類、英国産が13種類もありますので、日常よく使うものをピックアップしてご紹介したいと思います。
もちろん試飲もできますよ。

下記は、マザーチンクチャーをお使いになっている方の活用アイディア集です。
お役立て下さいませ♪

・外出先で手を拭く、子どもの口を拭く、便座を拭くなどいろいろ使います。アトマイザー(20ml)に水を入れ、カレンデュラを10滴入れて直接スプレーしたり、ティッシュにスプレーして拭きます。ぬれタオルを持ち歩くより衛生的。(ホメオパス・新潟他)

・風邪気味のとき、はちみつとカレンデュラをお湯で割って飲んでいます。(一般・新潟)

・歯周病の主人にプランターゴのトンシャカ水を飲ませました。1ヶ月半位続けたところ「タバコを吸いたくなった」と言いだし、ピタッと禁煙することができました。(とらのこ・兵庫)

・次の日に緊張するようなイベントがあるときに、パッシフローラをお風呂に入れ、寝る前にコップに入れて飲むとぐっすり眠れます。(ホメオパス・東京)

・子どもの軽度アトピー肌に、スーヤを手作り化粧水の中にいれて使うとかゆみがおさまりぐっすり眠れます。(とらのこ・千葉)

※上記は使用された方の感想であり、同様の効果を保障するものではありません。
  注意が必要なものもありますので、きちんと学んだ上で使用しましょう!

ホメオパシック・クリーム&マザーチンクチャー
     によるボディケア→セルフケア講座●


日時 : 2014年 6月 23日(月)
      10:00~12:30(9:50~受付)

会場 : リビングプラス
      (日本ホメオパシーセンター埼玉東川口)
      JR武蔵野線・埼玉高速鉄道東川口駅より徒歩8分
      申込頂いた方には後ほどメールにてご案内を差し上げます

参加費: ¥2500
      (資料・試飲・テスター・オーガニック茶・おやつ付)

お申込先: ①お名前(ふりがな)②携帯連絡先を添えて、
         下記までメールでお申し込み願います。

        info@living-plus.main.jp

※以前にお知らせした日時が変更になっております。
  お気をつけくださいませ!!

|

2014年5月17日 (土)

環境講座「化学物質の子どもの脳への影響」

R0013611_2
身の回りにあふれる様々な化学物質は子どもたちの脳の発達に影響をあたえることが明らかになってきました。
身近な化学物質について学び、何ができるかを考える環境講座はいかがでしょう。

昨年12月に欧州食品安全機関が講師をされる黒田洋一郎先生の論文を根拠に、ネオニコチノイドの発達神経毒性で健康影響評価を見直しました。

現在は環境脳神経科学情報センター代表であり、著書には「アルツハイマー病」などがあります。

個人的にとっても嬉しいのは、お願いとして「当日は強いニオイのするもの(香水、防虫剤、整髪料など)はご遠慮ください、との注意書きがあること。

主催が合成洗剤をやめていのちと自然を守る埼玉連絡会ですからね、当然ですね♪


★化学物質の子どもの脳への影響講座★

日時 : 2014年 6月 5日(木)
      10:00~12:00(受付9:45~)

場所 : 埼玉会館 7A 会議室
      JR浦和駅 西口徒歩7分

定員 : 80名(申し込み順)

参加費: 500円(資料代として)

託児あり: 無料(定員10名)
       ★5/24までにお申し込みください

主催 : 合成洗剤をやめていのちと自然を守る埼玉連絡会

連絡先: 048-831-1301

|

2014年5月14日 (水)

神奈川県ワクチン反対行政交渉にご参加ください!!

ワクチン接種に関しては、行政や医療者が副反応等について十分な説明義務があり、もし被害が出た場合は速やかに対応するべきだと考えます。
しかし、子宮頸がんワクチンの被害者の訴えが「接種時の痛みによる精神的な問題(気のせい)」と片付けられているのが現状です。
ワクチン接種をする、しないは、本人や家族の選択の自由があってしかるべきです。
接種の義務化などとんでもない暴挙です。
どうぞ、みなさんのお力を貸してください!!
下記は「市民運動ワクチン反対の会・神奈川」のFBをシェアさせていただいています。
*****
第二回・神奈川県ワクチン反対行政交渉。

この度、第二回目のワクチン反対行政交渉を5月15日に行うことが決まりました。
しかし問題が一つあがっています。行政側が不当に人数制限を求めてきたのです。
行政は有害性のあるワクチンに対し全ての市民への説明責任があるにも関わらず、反対行動を縮小化させようとしています。これは行政がワクチン義務化を絶対に遂行させたいためです。

これを阻止できるのは「市民の力」以外にありません。

子どもを有害なワクチンから守りたい親御さん
一人では声を上げられないけど、危険なワクチンを子どもに絶対に打たせたくない皆様、どんどんお集まりください。...

行政交渉は、ワクチンの有害性と違法性を証明できる
市民の意見を伝えられ阻止できる、最も有効な「場」なのです。

今後このような馬鹿げた制限をかけられないようにするために、
私たちは神奈川県庁に押しかけ不服申し立てを行います。
そのためには今回はどうしても圧倒的な人数が必要です。

そこで皆さまにお願いです。

5月15日木曜日 午後13:00
神奈川県・新庁舎1階ロビー

へお集まりいただけないでしょうか。

まだまだ人数が足りません、
もちろん他県の方でも構いません。
(ご賛同いただける方は、メッセージいただけましたら幸いです。

これが成功すれば、必然的に行政は人数制限を行えなくなります。
行政交渉に、ばんばん活路を見出し、市民からの声を事実上に残すことが反対声明になります。記録に残された反対声明は行政は絶対に消すことが出来ません。

だから、「行政交渉」が最も有効なのです。

医薬業界から選挙資金を受け、アメリカの真似をして、NWOの手先として
全日本人にワクチンの義務化を勧めようとする黒岩知事を断固反対します。

皆様の御協力をお待ち申し上げます。
どうぞよろしくお願い致します。

ワクチン反対の会・神奈川 蔦良子

https://www.facebook.com/events/762982750402503/

|

2014年5月11日 (日)

リビングプラスの今後の予定★変更あり!

いつも情報が遅いと言われてしまうので、今回は早めにセルフケア講座と部活(ヘルスメントル倶楽部)の日程をお知らせしたいと思います。
詳細は後日アップしま~す。

セルフケア講座

5/19(月)10:30~12:30(受付10:20~)
   「女性のお悩みスッキリ解決!
    冷え・肩こり・イライラ・月経トラブル
     泌尿器問題対策講座

 

6/30(月)10:00~12:30(受付9:50~)
  →★6/23(月)に変更になりました!!
   「ホメオパシック商品の違いを学んで使いこなそう、
    クリーム・ハーブチンクチャー講座
     (試飲あり)

 

7/28(月)10:00~12:30(受付9:500~)
   「ホメオパシー的サプリメントで未病を目指す、
    ティッシュソルト(36バイタルエレメントキット)
     講座①


8/25(月)10:00~12:30(受付9:50~)
 
   「ホメオパシー的サプリメントで未病を目指す、
    ティッシュソルト(36バイタルエレメントキット)
     講座②


→詳細はHPにも掲載します!

ヘルスメントル倶楽部

6/12(木)9:30~12:00(受付9:20~)
   「自然治癒力をアップする食と和みの手当て法

   →詳細はこちら

|

発達障害の子どもとママのたいそう教室&べんきょう会

Photo

 さいたま市の市民団体・六花主催の「発達障害の子どもとママの体操教室&勉強会、「こどもはみんなそのままでいい」が6/5(木)に開催されます。
みんな違って、みんないい!!
どうぞ、ご参加くださいませ。

日時 : 2014年 6月 5日(木)

      10:00~11:30

会場 : 領家公民館 多目的ホール

      埼玉県さいたま市浦和区領家4-21-21

主催 : 六花

お問合せ:080-3519-9773(こうぶちさん)

☆詳細はHPをご覧ください。

|

2014年5月10日 (土)

お気に入りの甘味料

R0013599_2

前回、避けることが賢明な砂糖のお話をしたので、 今回はおススメの糖について書こうと思います。

なるべく糖はとらないに越したことはないのですが、まったくとらないのも難しいですよね。
そこで料理には砂糖は使わず、みりん(三河仕込みの有機本格みりん)や甘酒(マルクラ食品の玄米甘酒)を使用しています。
料理本を見ると、恐ろしいほど砂糖が使用されており、関東風すき焼きのわりしたを例にあげると醤油大さじ5に対して砂糖大さじ3、みりん大さじ3、酒大さじ1と書かれています。
しかし砂糖不使用にして、みりんだけでも十分美味しく作ることができます。
甘酢料理なども糖分不使用で作ることは難しいので、減塩ならぬ減糖して作っています。

また甘党の私は、パンや菓子作りが止められませんが、その際も黒糖やメープルシロップ、蜂蜜を少なめに使います。
糖分を少なくすると作れない(膨らまない)菓子(カステラなど)は作らないように心がけています。
そして甘味のあるドリンク・ジュース類は、ほとんどとりません。

甘味料として数年前から使用しているのが写真のオーガニック・アガベシロップです。
原料はアガベの中でもテキーラの原料になる、ブルーアガベ(竜舌蘭)で、低カロリー、低GI(糖摂取後の血糖値上昇が緩やかな食品)ということで、糖尿病の方にもよいようです。
ただしとり過ぎれば同じことなので、こちらも少なめにしています。

先日、友人から勧められたのが「やし糖」。
無農薬・無化学肥料で育てたココナッツの花蜜をろ過して煮詰めただけの自然の甘味料です。
こちらも低GIであり、かつ亜鉛やマグネシウム、カリウムなどのミネラルが豊富だそうです。

ただどちらも糖分であることに変わりはありません。
そしてどちらもやはり南国でとれる植物から作られています。
ゆえに体は冷え、緩んでしまうので、南国で暮らしていない私たちは少量を、たまに、使うのがよいようです。
どーしても取りたい方は、それに見合った労働や運動をすることで消費すればよいのです。
我慢ばかりじゃ、ストレスになりますものね。

ただし糖分を控えることに成功した人にはうれしいオマケがあるようです。
クライアントさんの中にもアレルギー症状が軽くなった、アトピーの痒みが軽減した、カンジダが改善した、疲れにくくなったなどの声を聞きます。
あなたは糖分摂取を続けますか? それとも病人を続けますか?





|

2014年5月 6日 (火)

東城百合子先生のお手当体験会

R0013602

青森を旅した友人がお土産に「木村秋則さんの奇跡のりんごキャンディ」を買ってきてくれました。
奇跡のりんごパウダーを練り込んだ手作りキャンディだそうです。
たぶん友人は、食べ物に関してうるさい私の為に選び抜いてくれたんだろうと思います。
お味も確かに素朴なりんごキャンディで美味しくいただきました。

しかし習慣とは恐ろしいもので、裏の原材料を見ずにはおれません。
そこには、「水飴・砂糖・りんご粉末・酸味料・香料」と書かれていました。
貴重な木村さんのりんごだけでは、味付けが足りず、酸味料と香料に頼ってしまったのか・・・と少し残念に思いました。
そしてこの水飴と砂糖がどんなものなのかも気になります。

白砂糖(上白糖・三温糖・グラニュー糖)や人工甘味料(サッカリン・アスパルテーム・キシリトール・スクラロースなど)、天然甘味料(ステビア・トレハロース)が体によろしくないということは、健康志向の方々には常識になりつつあります。
しかし白砂糖は菓子類のみならず、清涼飲料水・ハムやソーセージ・ケチャップやソースなどの調味料などに大量に使用されているので、パンやお弁当を買ったり、外食することで、取りたくなくくても口に入ってしまう状況です。

白砂糖はサトウキビを煮詰めてできた糖ですが、精製過程で使用される亜硫酸塩や塩素・無機酸などで漂白しており、ミネラル分ば失われた化学物質に過ぎません。
薄茶色をしているとミネラルが残っているように感じますが、三温糖もてんさい糖も煮詰めた時の単なる焦げ色です。

マクロビオティックでは糖は体を冷やし、緩めると言われています。
砂糖の原料であるサトウキビは沖縄のみで作られており、暑いところでしか育たないことから考えると、暑い地域の人々にとって体内に溜まる熱を放出するために必要な食品であると考えられます。

砂糖のとり過ぎは細胞を緩める作用もあり、それは固いリンゴに砂糖をかける実験をすればよくわかるように、熱をかけなくても一晩でグズグズのジャム状になります。
これは人間の細胞も同じです。

精製された白砂糖は酸性です。
酸と言えば、硫酸や硝酸ですが、これはゴム製品や金属を溶かすこともできます。
もし肌につけば皮膚はただれることでしょう。

甲田光雄医師の著書「白砂糖の害はおそろしい」を読むと、恐ろしいーーと思うのですが、それでも止められないのは、砂糖中毒に陥っているからです。

砂糖の害について書きだすと・・・

①体を冷やす
②細胞を緩める
③カルシウムを奪う
④ビタミンB1を奪う
⑤中毒性
⑥老化を早める
⑦体内の細菌繁殖を助長する
⑧グローミュー(動静脈吻合枝)が障害される
⑨キレやすくなる・・・

これらにより動脈硬化・脳出血・肝臓病・胃腸障害・皮膚疾患・アレルギー体質・低血糖・慢性疲労・・・などさまざまな疾患を引き起こすといわれます。

さらに詳しいお話は、ヘルスメントル倶楽部のミニ講座にてお話する予定です。
さらに驚く事実があるので、特にこれから出産を考えている方、現在妊娠中の方に特に聞いていただきたいです。

お土産キャンディから話が飛躍かつ長くなりましたが、そんな砂糖中毒の方に東城百合子先生のお手当体験会(無料)をお勧めしたいと思います(東城先生はいらっしゃいませんのでご了承願います)。
人生の大先輩である正木喜代子さんと藤野孝子さんが、コンニャク湿布やビワ葉湿布を実践、ご指導してくださいます。
正木さんは東城先生に師事して20年、藤野さんは45年前に西洋医学に見放された末期ガンの旦那さんを自然療法で完治させた方で、82歳の現在も健康改革に使命を持って活動されています。
私もお手伝いに伺う予定です。

お手当をしっかり学びたい、生活にとりいれたいとお考えの方はぜひいらしてください。

東城百合子先生式・お手当健康をの学びを!●

日時 : 2014年5月30日(金)
      10:00~12:00

会場 : コミュニティーセンターいわつき
      2階 和室(つき)

講師 : 正木 喜代子/藤野 孝子

参加費: 無料

主催 : 明日の健康を考える会

連絡先: 048-757-5463
       オダカ自然食品店

※お土産をくれたKちゃん、ネタにしてごめんね~

|

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »