« ホメオパシー・タイムスが書籍になりました | トップページ | 5月のセルフケア講座は「女性のお悩みスッキリ!」講座です »

2014年4月28日 (月)

ステロイドで失明

ショッキングなタイトルですが、週末の講演会で伺ったお話です。

生後間もなくから激しいアトピー性皮膚炎で、医師より「一生ステロイドを使用してください」と言われ、18年間使用し続けた結果、失明により義眼になったそうです。
もう片方の眼も見えにくくなっていたため、医師からは「これ以上ステロイドの処方はできない」と言い渡されました!

それから約2年後、食事療法と漢方に出会い、それが体質にあったようで、数年で肌は改善し、眼もそれ以上悪化していないとのお話でした。

だいぶ以前にもステロイドを5か所の病院でもらっていたという方から直接お話を伺う機会がありましたが、結局、慢性疲労症候群になってしまい働けなくなったそうです。
その方も食事を変えることで、症状を乗り越え、再度仕事を得ることができました。

やはり体は食べたものでできていますから、まずは食事の見直しが大切ですね~
便利で簡単、楽な食卓、そのうえ体にもいい、そんな食卓は存在しません。

どんなにホメオパシーで健康のサポートをしても、食事に気を配らなければ、良い結果には結び付きません。

何をどう食べればいいの?
どんな食材を選べばいいの?
何を避ければいいの?
体調が悪いときはどうすればいいの?
具体的な提案をするのも、ホメオパスとしての私の仕事だと考えています。

先日もセルフケア講座にご参加の方から、東川口で健康にこだわったおススメのレストランを紹介してほしいと言われましたが、お応えすることができませんでした。
つまり納得できるレベルの外食産業がこの町には存在しないのです。
仕方がないので、少し離れたお店をご紹介しましたが、とても残念でした。

こだわりが強すぎて、外食できないばかりか、人と会うことすら面倒になり、引きこもりに近い状態になった友人もいるので、そこはほどほどに考えていますが、せめて自分で作る毎食の食事は食材や調味料を選びたいものです。
そして愛情を込めて、食事ができること、今日一日健康に過ごせたことに感謝したいと思います。

ということで最近、調理の際のおまじないを、「美味しくなーれ(命令形)」から、「美味しくなってね」に変更しました(笑)。

※食に関するご質問は、ヘルスメントル倶楽部のミニ講座や交流会の際に承ります。気軽にご質問ください!

|

« ホメオパシー・タイムスが書籍になりました | トップページ | 5月のセルフケア講座は「女性のお悩みスッキリ!」講座です »