« ご紹介「ホメオパシーへの誤解を通して社会をみよう」 | トップページ | 味噌づくり »

2014年1月28日 (火)

ホメオパシー健康相談&セルフケア講座の感想

リビングプラス(日本ホメオパシーセンター埼玉東川口)にいらっしゃるクライアントさんは100%女性(男児以外)ですが、昨日は珍しいことに書籍を購入したいとおっしゃる男性2人とお会いしました。
おふたりとも日頃から食生活にも大変気をつかっているとのことで、話が弾み、楽しい時間を過ごさせていただきました。
ホメオパシーについては初心者とのことで、「ドイツ生まれの自然療法・ホメオパシーってなぁに?」と「ホメオパシー in Japan」の2冊を購入いただきました(販売もしていまーす!)。
さっそく帰りの電車で読むとおっしゃっていましたが、『ホメオパシー男子』がもっと増えるとうれしいな~♫

さて、うれしいことは続くもので、健康相談クライアントさんとセルフケア講座参加者さんの感想のメールもいただきました。
相談した結果ってどんな感じ? 講座の雰囲気は? といった疑問をお持ちの方の参考になればよいと考え、了解をいただいたうえで、下記に掲載いたしました。
掲載を快諾いただいたF様、M様に感謝いたします!!

●「はじめてのホメオパシー・感情コントロールできるレメディーを学ぶストレスマネジメント講座・お薬に頼らない花粉症・感染症対策講座」にご参加のF様より

セルフケア講座 ありがとうございました

 

講座は、とても充実した内容で、風邪もまだ治りかけのところで症状があったので

 

とてもタイムリーに役に立てることができました

 

症状ひとつとっても、いろいろなタイプをよく見極めて使うレメディー

 

自分の身体が今どんな状態なのか、しっかりみつめることになり

 

とても身体を慈しむ感じがします

 

西洋医学では、注視されないような状態をとても大事にする

 

イコール 身体を大事にしているという感じがしますね

 

 

風邪の治りかけ、痰や鼻水が時間帯によっていろんな形で出てきて

 

それにあわせて、Nat-m Ars. Kali-bi. Hep. など使っていました

 

娘にも Drosera 使ったら、咳おさまりました

 

 

あとまたまたタイムリーに

 

怪我をしまして

 

ほんとに怖かったのですが

 

娘を抱っこした状態で、スーパーの駐車場で転倒

 

夕方で、駐車場の縁石が見えなくて

 

寒かったから急いでいたのもあり

 

幸いにも娘はぶつけることなく、無傷

 

しかし、手もつけなかったので

 

ジーパンを切らして膝を負傷 軽く肉がえぐれていました(;;)

 

恐怖とショックでがたがた震えていたのですぐにアコナイトをとって

 

アーニカをとっていたらぽろぽろ泣けてきて

 

落ち着いてきたらようやく痛みが出てきて傷に気がつきました

 

カレンデュラやアーニカをちょこちょこととりながら数日が過ぎました

 

ぜひ今度の怪我へのホメオパシー講座も参加したいです

●健康相談クライアント・M様より

出して頂いたチンキは、とってもよく効き、飲みはじめてから、すぐに生理前になりましたがいつもの落ち込みもなく、ずっと元気に過ごせました。感謝しています。

チンキを飲みはじめて、怒ったり、泣いたりと感情が出てくるかな?とちょっと不安でしたがそうした感情が出てくることはなく、それまでにあった怒りの感情もなくなり、快適でした。

ダイオスコリアのほうは、最初とりはじめがちょっとうっ!!ときましたが慣れると普通に飲むことができました。

ピッタリのものを出して頂いてありがとうございます♪

チンキをとりおわって生理前にストンと気持ちが落ちるのは、なくなりましたが、少し気持ちが下がる感じです。

今のところ、手持ちのレメディでやりくりしていますが、またお世話になると思うので、その時は、どうぞよろしくお願いいたします♪

あまりクライアントさんが感想を送ってくださることは少ないので、とってもうれしく思いました。
昨年も突然いらっしゃらなくなった方から、半年ぶりにお手紙をいただきましたが、お母さんもベビーもよくなっており、急な引っ越しで通えなくなった旨の内容でした。
気にはなっていたケースなので、手紙のお陰で症状が改善していることを知ることができてホッとしました。
ホメオパシー健康相談は病院と違って、過去や生活について深くお伺いします。
本当に話したいことが話せるまでには、時間と信頼関係も欠かせません。
その結果として、ピッタリのレメディーを選択でき、このような感想をお送りいただけることは、ホメオパス冥利に尽きます。
今後も、気軽に相談できるホメオパスでありたいと思います。

 

|

« ご紹介「ホメオパシーへの誤解を通して社会をみよう」 | トップページ | 味噌づくり »