« 背筋も凍る、怖~い話 | トップページ | 美白化粧品で白斑症状 »

2013年7月19日 (金)

背筋も凍る、怖~い話 ②

前回のお話も怖かったですね~。本日は、この国の平和憲法に真っ向から反する、自民党の改憲草案で、憲法九条を変更して自衛隊を国防軍にしようとしているというお話。この九条を米国のお仕着せであると考える方もいますが、見方を替えると、権力者に戦争の権限を与えない、国民にとっては素晴らしい憲法なのです。

さて草案の中では、国防軍に「審判所」という現行憲法では禁じられている軍法会議(軍事法廷)の設置が盛り込まれています。4/21、週刊BS-TBS報道部に出演した石破幹事長は、現在の自衛隊で隊員が上官の命令に従わない場合は、自衛隊法で最高でも懲役7年が限度である。それを出動すると死ぬかもしれないし、行きたくないと思う人がいないという保証はどこにもない。だから国防軍になったときは、それに従えと。従わなければ、その国における最高刑に死刑がある国なら死刑、無期懲役なら無期懲役。懲役300年なら300年。そんな目に会うぐらいなら、出動命令にしたがうだろうと力説していました。

みなさんは、自衛隊が国防軍になるのだから、裁かれるのは職業軍人(自衛官)だけだと考えるでしょう。しかし、草案の安全保障第二章、(国防軍)の次にある(領土等の保全等)第九条の三に、「国は、主権と独立を守るため、国民と協力して、領土、領海及び領空を保全し、その資源を確保しなければならない」と書かれています。職業軍人が減った場合は、国民が協力しなければならない、つまり徴兵制の復活が意図されています。そして最前線に送られるのは私たち国民であり、命令に背けば、我が国の最高刑である死刑が適用され、その憲法を作った政治家は、戦地にすら行くことはないでしょう。そのうえ、審判所での裁判は軍の秘密保持を理由に非公開で行われるのです。

この発言について、山口大学の纐纈(コウケツ)厚教授(歴史学)は、「戦前の軍隊のあり方自体を否定することから戦後日本は出発し、現行憲法がつくられた。発言は平和国家日本のありようを根底から覆して、戦前と同様の軍事組織立ち上げを意図している。歴史の教訓をほごにするもの」と話されています。

週末の選挙は、経済回復などを争点に考えがちですが、平和あってこその経済だと考えます。戦争を知らない世代ではありますが、今こそもっと戦争について知ることと、平和維持への努力が必要だと感じます。現在、広島原爆資料館では原爆体験者である故・中沢啓治さんの「はだしのゲン」原画展が開催されています(~9/1)。戦争体験を語る語り部の高齢化のため、その継承者の育成も開始されました。平和の反対語は戦争です。戦争の悲惨を想像し、どうか平和憲法を守るために、投票所へ足を運んで欲しいと切に願います。

自民党の憲法改正草案↓

http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisaku-109.pdf



|

« 背筋も凍る、怖~い話 | トップページ | 美白化粧品で白斑症状 »