« 接種日で線引きしない救済を! | トップページ | 不登校の男子学生の体験談 »

2013年6月27日 (木)

臭い好転反応の体験談

本日いただいた、とれたてフレッシュな体験談です。

2週間ほど前に、手をグローブのように腫らせた理容師さんがいました。原因は不明で、病院で飲み薬や湿布が出たそうですが、薬が好きでない上、いただいた湿布はベトベトしてそれも使用したくないとのこと。実は2~3年前から指がパックリ開く状態で、その患部から細菌が侵入したのかも?とおっしゃっていました。

取り急ぎ、レメディーと私が骨折した際も大活躍したさといも湿布の使い方をお教えし、手持ちの粉末さといも粉をお別けました。レメディーをとり、寝る前に湿布をしたところ、気持ちよくてそのまま眠ってしまったそうです。翌朝、目覚めると、その湿布からなんと「赤ちゃんのウンチ」のようなくさ~い臭いがしたそうです\(◎o◎)/!

ホメオパスをやっていると、いろいろなくさい臭いの話を聞きます。腐敗臭ややけに酸っぱい臭いだったり、薬品の臭いというのもよく耳にします。しかしよりによってウンチの臭いで目が覚めるっていうのは嬉しくないですかね? 私だったら小躍りしたくなるような、ありがたい体験なのですが、そんな好転反応はお嫌ですか? それとも何かが出てきているーーって感じていただけますか?

ちょうど今日はその理容師さんと経皮毒の話をしていました。毒性のものは、口や鼻(呼吸器)から体内へ侵入しますが、皮膚からも吸収されます。その作用を利用して、皮膚から薬効成分を吸収させるのが、今流行りのニコチンパッチやぜんそく薬です。皮膚は呼吸をしていますから、吸うだけでなく、吐く機能もあり、体内の毒素を排出します。

今回の場合も、さといも粉が一晩で腐敗したわけではなく、皮膚から排出された毒素を吸着してくれたものと考えます。もちろんレメディーは治癒力の助けになったと思います。その後、2日ほどで腫れは引き、状態も改善されたそうですが、これで完治したわけではなく、やはり今度は左手の皮が剥けてきているそうです。

ホメオパシーでは、現代医学のような症状を抑えることをしません。自然治癒力が症状を出そうとしている時はそれを助け、症状を押し出すことで治癒へと導きます。ですから短時間で症状を抑える薬と同じような期待をされると、がっかりするかもしれません。本当の意味でよくなるためには、それなりの時間が必要です。この方の場合も2~3年前から繰り返し症状が出ています。つまり体内に何か出さねばいけない状況がずっと続いているのだと感じます。

腐ったものを食べて下痢をするとき、体は一刻も早く体外へ排泄すべきと判断したのであり、間違った反応はしていません。にもかかわらず多くの人は、仕事や学校に差し障るので下痢止めをとります。すぐに下痢は止まり、生活に支障はでないでしょう。止まっただけの状態のことを「下痢は治った」といっていますが、本当に治ったといえるのでしょうか? 出さねばいけないものは、出す!その方が肉体への負担が少ないだけでなく、本当の意味で治ったといえるのではないでしょうか。

※体験談を寄せてくれたTさん、ありがとうございました。

|

« 接種日で線引きしない救済を! | トップページ | 不登校の男子学生の体験談 »