« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月30日 (木)

ワンちゃんのしあわせのために

Photoペット・ブームなどと言われはじめてから久しく時が経ちましたが、時代ごとに犬種のブームも移り変わり、現在下火になっているのはミニチュア・ダックスフンドのようです。教えてくれたのは、ペットの保護活動(里親探しなど)をしている知人です。

知り合いの中にも子どもにせがまれて飼ったものの、今では誰も世話をしていないという話をよく耳にします。ひどいとベランダや玄関先でゲージに入れっぱなしで、散歩もまれらしく、そのストレスから誰彼なく吠えたり、飼い主がしてほしくない場所でおしっこをしたりするそうです。

当初は子どものために(情操教育なのかな?)と飼ったものが、今では家族中のストレスの種となっていると聞くに至っては、ワンちゃんが気の毒でなりません。かたや家族そっちのけでワンちゃんに愛情を注ぐ人もいて、足して2で割れないものかと思います。

ワンちゃんは家族という方も、ペットと考える方もいるでしょう。しかしひとつの尊い命であることは確かです。飼うことを許し、飼う決断をしたのは親のあなたです。世話をする親がその命をどう扱うか、それを子どもは間近で見ています。そこで子どもは他者への愛情や思いやり、その他多くのことを学ぶでしょう。

ぜひ、ブームに惑わされず、性格や老いも受け入れ、最期まで責任を持って飼ってほしいと願います。もちろん動物の素行や老いにもレメディーは有効ですから、ドンドン試してみてくださいね。どうにもならないと感じた時は、ご相談ください。友人の動物ホメオパスをご紹介します。私は人間しかみられませんので・・・

そういえば子どもが感謝を学ぶ瞬間!という話があるので、次回はそれを書こうと思います。

|

2013年5月22日 (水)

アンジェリーナ・ジョリーに必要なのは・・・2

昨日、遺伝子検査の結果を受けて、乳房切除をしたアンジェリーナ・ジョリーに必要なのは、Acon.アコナイトArs.アーセニカムではないか、と書きました。しかしこれは、手術前に必要だったというだけでなく、今現在も必要だと考えられます。なぜなら切除後の発症可能性は87%から5%に軽減しましたが、これは手放しで喜べる数値なのか? 可能性が0%と言われない限り(言われても?)、やはり不安は付きまとうでしょう。

病は気から、病気は「気が病む」と書きます。この5%の可能性を気にやまないで済むならよいのですが、もし今後も気にしてしまうのなら、それはがんという病以前に、改善せねばならないものがあると感じます。

先日、がんの患者学なるものに触れる機会がありました。そこで感じたのは、がんが消えた、もしくはがんはそのままでもQOL(クオリティー・オブ・ライフ=生活の質)が高く、今までと同じ生活が出来ているという方々の体験談を聞くことが患者さんにとって重要であるということ。特に自然療法をされている方は孤独に陥りがちです。同じ病にある方の患者会の意義とは、情報や苦労を分かち合うだけでなく、希望や元気がいただける、そういう点も含まれるのだろうと思いました。

病に関することだけでなく、病に対する不安や恐怖、それを支えるご家族の心情などにも、ホメオパシーがお役に立てれば幸いです。相談をご希望の方は、お気軽にリビングプラス(日本ホメオパシーセンター埼玉東川口)へメールでお問い合わせください。

Male : info@living-plus.main.jp

|

2013年5月21日 (火)

アンジェリーナ・ジョリーに必要なのは・・・

Angelinajolie数日前、米国の人気女優アンジェリーナ・ジョリーが遺伝子検査を受けて、乳がんになる前に両乳房を切除したことを公表しました。彼女の寄稿によると、がん抑制遺伝子の一つに変異が認めれられ、「乳がんになる確率が87%」であること、母もがんを患い、56歳の若さでなくなっていることなどから決断に至ったようです。アンジーにはカンボジアからの養子を含め6人の子どもがおり、子どものためにも乳がんで死ねないという思いもあったのでしょう。

世の中でも「がん家系」などというように、近親者の病歴は気がかりなものです。米国では年間20万件の遺伝子検査が行われ、このうち2割強が乳がん予防のための乳房切除をしているとのこと。心情として理解できなくもありませんが、このまま遺伝子検査が一般化される近未来が少し心配になります。現在、早期発見、早期治療といわれますが、遺伝子検査が一般化した近未来では、「すい臓がんは20%、肺がんは90%、大腸がんは80%の発症確率なので、肺と大腸は早期切除しましょう」なーんて時代になりはしないかと・・・

今回の検査は病変を探す健診ではなく、がんになる可能性の話です。つまりあくまで、なるかどうか分からない検査結果を受けての決断なのです。もしかすると近未来では、乳房を切除せずに治療できる重粒子治療(放射線治療)やより安全な治療法が確立しているかもしれません。がんのできる位置までも推定でき、その部分だけ切除できるようになっているかもしれません。

そんなあるかもしれない未来に期待することなく、なぜアンジーは切除を決断したのか? それを考えた時、ホメオパス的には母をがんで亡くなった事実、どんな経過だったかは不明にせよ、闘病の姿を目の当たりにしたと同時に自分もなるのではないかという恐怖が影響したのではと考えてしまいます。ならば、アンジーに必要なのは、Acon.アコナイトArs.アーセニカムなのではないでしょうか。

※アコナイトなどのレメディーについて知りたい方は、←左のカテゴリー「マテリアメディカ」をお読みください。

|

2013年5月13日 (月)

デトックス中

昨日、「最近、高熱なんか出してないだろう」と由井先生がおっしゃいましたが、実はそのとき38.5度の熱があったのです! まさかそこまでないだろうと帰宅後に計ってみてビックリ!!2、3年振りの高熱です。知っていれば、「今、でしょう」と言えたのに・・・(笑)

症状は寒気が酷く、あれほど気温が高かったのに、ジャケットのボタンを全てとめて、震えながら帰宅しました。頭痛と軽く関節の痛みもあり、Gels.ジェルセミウムをとるとさらに寒気が増しました。いいぞ、久々の高熱。

それ以外にも、左目の目じり側のみ充血が見られました。陰陽で左目は、陰性の食べもの(甘いもの)のとり過ぎ、目じりは肝臓が弱っていることを表わしています。そういえば講座中(ホメオパスになっても、一定の講座受講をしないと免許が更新できないため、昨日も勉強していました)に、池尻大橋で評判のパン屋さん・TOLOのベルギーチョコパイなんて食べちゃったな~、と反省しつつ、肝臓のレメディーもとりました。

おかげで、今は平熱になりましたが、副鼻腔炎?というくらい濃い黄色の鼻水とタンが出ています。だいぶ温かくなったので、春の大デトックス♪と受け止めています。冬の間枯れていたベランダのユキノシタやドクダミもどんどん葉が出てきました。なんでも「出る」って春だな~と変なところで春を感じています・・・ってもう初夏?

|

2013年5月 8日 (水)

すべての事柄はリンクする!?

R0012972昨日、スピリチュアル・ナビゲーターの(ブルームーン)ナナさんにお会いし、お話を伺ったところビックリ!!
蜂の巣ができるお宅には、嫉妬に関する問題があるとのこと。

蜂と聞いてすぐに思い出すのは、家庭用キットのApis.エイピスですよね。そしてこのレメディーの精神もまさに「嫉妬」!! さまざまな事柄はリンクしているとあらためて感心しました。

嫉妬に悩んでいる方、軒先や天井裏に蜂の巣はできていませんか? これをただ駆除するだけでは、また出来てしまうかもしれません。問題は蜂の巣ではなく、「嫉妬」という負の感情解決することです。そんな時に役立つのが、ホメオパシーのレメディーです。家庭用のキットには日常の感情やケガ、不調に役立つ36種類のレメディーが揃っています。まるで富山の置き薬か、玉手箱のようです(笑)。

家庭用キットで状況に変化が感じらなかった場合は、私(ホメオパス)の出番です。どうぞ、お気軽にリビングプラス(日本ホメオパシーセンター埼玉東川口)にご連絡ください。

|

2013年5月 2日 (木)

オリジナル電磁波防護ポーチ完成♪★完売しました!

R0012963R0012966R0012970

布モノ作家さん×リビングプラスのコラボによるオリジナル電磁波防護ポーチ(L・Mサイズ)が出来あがりました。現在は写真の3種類(①パリス②青い鳥③パープルフラワー)ですが、すべて一点もの、世界にひとつだけの商品となります。生地は麻混のナチュラルなプリント柄を3種類使用し、キルト芯を貼ってフワフワに仕上げています。そのためフラワーエッセンスなどのガラス容器の保護にもなります(割れないことを保証するものではありません)。もちろん電磁波防護布を裏地として使用しているので、レメディーの品質保護に役立ちます(これも完全に防護できるわけではありませんが・・)。

R0012961←Lサイズには家庭用36キットが1つ入り、Mサイズにはフラワーエッセンスやレメディー・セットが充分に入るので、携帯に便利です。



どうせ持つなら可愛いほうがいいでしょう、ということでカワイサ+実用性+癒される手触り・・あれこれ重視して製作しちゃいました。おかげで価格は抑えめにしたかったのですが、防護布やキルト芯が思いのほか高価なため、Lサイズ¥3500、Mサイズ¥2800となりました。

リビングプラスで販売いたしますので、ご希望の方はメールにてお問い合わせください。尚、大量生産できない商品ですので、完売の際はご容赦願います。

E-mail : info@living-plus.main.jp

※5/23現在の在庫は、①パリス・L、②青い鳥・Mのみとなりました。新作は6/15川口フレンディアで行われるスマイルカフェにて発表、販売開始したいと思います。電磁波防護ポーチ以外にも、ホメオパシージャパン商品(トゥースペースト・木の花の咲くやカレンリップ・スパジリックビーC・書籍等)やアーユルヴェーダ・ヘナリーフパウダー(インド産天然100%)などの販売も行います。お楽しみに~♪

★すべての電磁波防護ポーチが完売しました。ありがとうございました!!

|

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »