« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月21日 (木)

骨を守る薬であごの骨の壊死

先日、歯科医院へ行きました。小学生のころからお世話になり、成人してからは飲み屋に連れて行ってくれたこともある、長~いおつきあいの先生です。しかしできることなら縁を切りたい(笑)、というか歯科に行かずに済むなら行きたくないというのが本音です。この十年、骨折以外で通った病院は、この歯科医院くらいですが、やはり縁を切ることは難しいですね。

その日は歯茎の違和感で訪れたのですが、シートに座ると即座に、「骨粗鬆症の薬剤はとっている?」と先生に尋ねられました。私が骨折したことや更年期にさしかかっていることから、別の病院で処方されていないかというのです。なぜそんなことを聞くのか?数年前の毎日新聞のコピーを手渡しながら、先生が説明してくれました。

実は骨を守る薬「ビスフォスフォネート(BP)系薬剤(がんや骨粗鬆症治療薬)」の副作用であごの骨が壊死する可能性があるというのです! 発症率は高くないものの、治りにくく、重症化して生活に支障がでるケースもあります。この薬剤は、骨粗鬆症の飲み薬としては一般的なほか、乳がんや前立腺がんなどの骨への転移を防いだり、骨髄腫などの注射薬としても広く使われているそうです。

03年、米国で初めて報告され、3年後には報告が世界で2500人を超えていますが、原因は不明です。発症率は注射で1%前後、飲み薬で0.01~0.04%とする豪州の調査もあります。注射と飲み薬では骨への吸収量が約50倍違うためらしいです。症状は、歯茎などに骨の一部が露出したり、はれて痛むといった程度から、重症になると上あごに大きな穴があき、口から鼻へ水などが入ったり、歯が抜け落ちる場合もあります。

国内初の報告を行ったのは社会保険船橋中央病院で、口の中の皮膚が破れ、上あごの骨が露出した女性患者でした。彼女は乳がんの転移を防ぐためビスフォスフォネートの注射を受けていましたが、薬の副作用は想像外でした。当時、医師も転移がんと思って疑わず、何度も精密検査をしたそうです。その後、2008年日本口腔外科学会の調査では、580例が確認されています。

この薬剤で壊死が起きるのはあごの骨だけです。これは、もともと口の中は常在菌が多いほか、あごの骨を覆う口の中の皮膚は薄く、歯の周囲から感染が骨に及びやすいといった条件が重なるためだと推定されています。薬剤の投与中に抜歯やインプラント、歯槽膿漏の治療を受ける人には注意が必要で、一定期間休薬などの措置がとられるそうです。歯科治療以外でも、リウマチなどでステロイド薬を併用している人や糖尿病患者も要注意とのことです。

というわけで、先生は私がBP系の薬剤をとっているなら、治療を先に延ばして休薬が必要であると話されたのでした。今回は骨折という外から見ても分かりやすい状態でしたが、乳がんの治療をしていることなどわざわざ歯科医師に話さないでしょうから、患者の側もどんな薬をとっているか、正確に申告しないといけません。単なるカルシウム剤だからなどと侮れませんね。

|

2013年3月15日 (金)

4種混合ワクチン、初の死亡例

3月11日付の毎日新聞に下記の記事が掲載されました。

「4種混合ワクチン:初の死亡例 生後6カ月未満の男児」

厚生労働省は11日、4種混合ワクチンの接種者で初の死亡例が、医療機関から寄せられたことを明らかにした。生後6カ月未満の男児で、厚労省は同日の検討会に報告するとともに因果関係を調べている。

 4種混合ワクチンは、従来のジフテリア、百日ぜき、破傷風を防ぐ「3種混合ワクチン」に、小児まひを防ぐ「不活化ポリオワクチン」を混ぜている。昨年11月から定期接種の対象となり、生後3カ月から90カ月までに計4回接種する。

 厚労省によると、報告があったのは今月6日。男児は4種混合に加え、ロタ、小児用肺炎球菌、ヒブの計4種類のワクチンを同時接種していた。詳しい接種日や場所などは調査中としている。

 このほか、検討会には、昨年10月から今月7日までに、ヒブワクチンと小児用肺炎球菌ワクチンで6例の死亡が報告され、うち4例が同時接種だった。両ワクチンの同時接種では、11年春に乳幼児が死亡したとの報告が相次ぎ接種が一時中止になった。しかし、その後の検討会でワクチンの安全性に特段の問題はないとされ、この日の検討会でも「現段階で重大な懸念は認められない」とした。

私も以前はワクチンで病気が避けられると信じ、子どものためを思って接種をしていました。お医者様がよいと考えているのだから、子どもの健康に悪いわけがないと盲信しており、副作用などを深く知ろうとせずに言われるがままに接種していました。重篤な症状は、何万人に一人の確率といわれても、その一人がわが子であれば、被害は100%わが子が被ることに考えが及びませんでした。

3種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風)は予防接種の中でも最も副作用が多いといわれるワクチンです。一般に、1歳未満では中枢神経への副作用がでやすいとも聞きます。医師の中にはお誕生日を過ぎてからの接種をすすめる方もいます。その3種混合に「不活化ポリオワクチン」を更に混ぜた4種混合によってどのような副作用がでるかは想像がつきません。まして小さな体に4種混合だけでなく、ヒブや肺炎球菌などのワクチンをさらに複数接種することは肉体的な負担が大きすぎるように思います。接種をお考えの方は、ぜひご家族で話し合われることをおすすめします。

|

2013年3月 5日 (火)

村田光平講演会「原発と向きあう~諸外国から見た日本」

R0012871「こんなにも放射能をまきちらされながら『問題はない』といわれているのは、命がないがしろにされているということです」と言ったのは、映画「内部被ばくを生き抜く」を撮影された映像作家・鎌仲ひとみさんです。このような社会に住んでいることを受忍するのではなく、もっと自分の命や健康に関心を持ち、意識を高めなければならないとも話されています。そうしないと子どもが守れないとなれば、何でもなりふり構わずやるべきなんですよ、って本当にもっともだと思います。

3/3付け東京新聞社会面「犠牲者の灯り~飯館 女たちの哀歌」で取材された女性は、福島原発が爆発した当時、妊娠8カ月で、7人目の出産を控えていました。飯館村は原発から北西へ40Kmも離れていますが、政府のSPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)は汚染拡大を予想していたにもかかわらず、その事実はすぐには公表されませんでした。急上昇を続ける村内の放射線量計は最高で1時間当たり44.7マイクロシーベルトを表示し、それは普段のなんと900倍!!であり、年換算では、緊急時の被爆限度とされる20ミリシーベルトを優に越えていました。

この事実を知らなかった彼女は数日間、職場へ出勤した後、産休に入りました。いつも通り買い物にでかけ、洗濯物を庭に干し、子どもたちを外で遊ばせ続けました。そして報道される「ただちに人体に影響を及ぼすことはない」というセリフを、政府のえらい人がいうんだから間違いないと思っていました。7人目のわが子は、少し軽いものの元気に生まれましたが、これまでの検査で、三男や五男から微量のセシウムが検出され、甲状腺の小さなのう胞が見つかりました。同じような子は同級生に何人もいるといいます。彼女はもう、鵜呑みにしません。「国も村もうそつきだ。少しでも危険があるならどうして早く教えてくれなかったのか・・・」。

母としての不安はこの先、何十年と続きます。それなのに安部首相は施政方針演説で、原子力規制委員会で安全が確認されたら原発は再稼働する方針であることを国会で明言しました。この母親の不安はなくならず、今も原発事故は収束せず、まして原発に安全などあろうはずもないのに。

この日本の現状を諸外国はどのように見ているのか? 1999年、脱原発の立場を表明したことで、駐スイス特命全権大使を辞することになっても、一貫して脱原発・経済至上主義脱却を訴え、国内のみならず世界に向けて発信し続ける不屈の人、村田光平氏に伺ってみたい・・・と思っているところにちょうどご近所で講演会があると耳にしました。よろしければ皆さんも足を運ばれてはいかがでしょう。

●村田光平講演会・原発と向きあう~諸外国から見た日本●

日時 : 2013年 3月 23日(土)

      14:30会場 15:00開演

会場 : さいたま市文化センター 4階多目的ホール

      JR京浜東北線・武蔵野線/南浦和駅徒歩7分

参加費: 予約700円/当日1000円

予約 : 090-7702-4939(野田)、080-3433-7146(向井)

      048-884-3369(風土舎10~19時)

主催 : みんなで決めよう「原発」国民投票埼玉

後援 : カタログハウス・埼玉県民ネットワーク・埼玉県保険医協会・埼玉新聞社・生活クラブ生活協同組合・東京新聞さいたま支局

★残念!いとこの結婚式とカブってました・・・(涙)

|

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »